ポイント: 29pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 7月29日 木曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
4 時間 16 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
なぜ自殺は減らないのか: 精神病理学からのアプロー... がカートに入りました
無料配送: 明日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き【配送:メール便(ポスト投函にて配達完了となります)】◆中古品のため、経年劣化・色褪せ・折れ・汚れ・シール痕・帯無し等がある場合がございます。可能な限りチェックしておりますが、数ページに書き込みがある場合がございます◆コンディションはAmazonマーケットプレイス「コンディションガイドライン」に準拠します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

なぜ自殺は減らないのか: 精神病理学からのアプローチ 単行本 – 2013/5/1

5つ星のうち3.6 4個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥2,860
¥2,860 ¥322

よく一緒に購入されている商品

  • なぜ自殺は減らないのか: 精神病理学からのアプローチ
  • +
  • もしも「死にたい」と言われたら  自殺リスクの評価と対応
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“中心”不在のクライシス。年間3万人の大台こそ割ったものの、若年層ではむしろ増加している自殺。その背景には何があるのか。ポストモダンの精神病理を手がかりに果敢に切り込む。

著者について

大饗広之
日本福祉大学子ども発達学部教授。医学博士。専門は精神医学、精神病理学。著書に『「豹変する心」の現象学』(勁草書房, 2009)がある。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 勁草書房 (2013/5/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2013/5/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 248ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4326299029
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4326299027
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
4 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年6月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年8月29日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年7月6日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年7月28日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告