この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


なぜ男は暴力を選ぶのか―ドメスティック・バイオレンス理解の初歩 (かもがわブックレット) (日本語) 単行本 – 2002/11/1

5つ星のうち4.2 8個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥200
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

「こわがらせ、あやつる」力=暴力を使って、妻や子どもをコントロールする男たち「バタラー」。一方的に自分の勝手を通そうと暴力をふるう「DV」。むりやり彼女を黙らせようと「暴力を選んでいる」男たち。その実像を解説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

沼崎/一郎
東北大学教員。専攻は文化人類学、東アジア研究、男性学。1997年より、キャンパス・セクシュアル・ハラスメント全国ネットワーク東北ブロック代表として、大学における性暴力被害者支援に取り組む。仙台女性への暴力防止センター(ハーティ仙台)会員。子ども虐待防止ネットワーク・みやぎ(CAPNET・みやぎ)会員。現在、仙台にてDVと児童虐待の関連を考えるネットワーク(通称KO会)づくりに参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
評価の数 8
星5つ
60%
星4つ
28%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
12%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2012年8月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年9月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年5月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年7月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年10月18日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年11月24日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年11月29日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告