通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
なぜ理系に進む女性は少ないのか?: トップ研究者に... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ▲ 外観:多少使用感、スレキズ・薄汚れ・薄ヤケ少々
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ理系に進む女性は少ないのか?: トップ研究者による15の論争 (日本語) 単行本 – 2013/6/8

5つ星のうち2.4 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/6/8
¥2,860
¥2,860 ¥1,352
お届け日: 7月10日 - 11日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

男女で生まれつきの能力差があるのか?米ハーバード大学学長サマーズの発言をきっかけにした論争に対し、欧米のトップクラスの研究者が見解を展開!

著者について

スティーブン・J・セシ…コーネル大学発達心理学教授。業績の集団差、知的発達、性差の解消など多岐にわたる研究を行っている。米国科学協議会認知・感覚・行動科学委員、米国科学協会諮問委員を務める。米国心理学会、心理科学協会、米国発達科学学会の特別会員。

ウェンディ・M・ウィリアムス…コーネル大学人間発達専攻教授。知能および知能関連能力についての発達や評価、訓練、社会的影響について研究している。米国心理学協会や米国心理学会の理事を務める。

大隅典子…東北大学大学院医学系研究科教授。専門は発生発達神経科学。著書に「神経堤細胞―脊椎動物のボディプランを支えるもの」(東京大学出版会)、訳書に「心を生みだす遺伝子」(岩波書店)、「エッセンシャル発生生物学」(羊土社)など。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.4
星5つ中の2.4
評価の数 3
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
72%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
28%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2019年11月24日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年9月16日に日本でレビュー済み
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年12月9日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告