通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論 単行本 – 2015/2/6

5つ星のうち 3.4 27件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/2/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 90

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論
  • +
  • なんとなく会社に行くだけの人生を送りたくないあなたへ。
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

はじめに ー仕組みを知ることで、お金持ちへの道は拓かれる

なんで、こんなに一生懸命働いているのに自分はお金が貯まらないのだろう?
経済的な自由を感じることができないのだろう?
そんな疑問を持ったことはないでしょうか?

その原因は明白です。
私たち日本人は、お金に関してあまりにも無知なまま大人になってしまったからです。

「たしかに、お金についてあまり勉強せずに、ここまで来てしまったなあ」。
そう思うみなさんに、私がこの本を通して伝えられることは、大きく三つです。

一つ目は、お金のプロフェッショナルとして証券会社で働いて得た、お金に関する基本的な知識。
二つ目は、「日本人は、世界一、お金のことを知らない」という事実。
そして三つ目は、2年40カ国を巡る世界一周の旅で学んだ、リアルなお金の仕組みと扱い方です。

お金について学ぶために世界を旅して気づいたこと。
それは、「日本人は、世界一、お金のことを知らない」という事実でした。
その原因は、「お金=汚いモノ」という無意識な誤解のもと、
お金に関する教育をほとんど受けてこないまま大人になってしまった、という現実にありました。

お金を稼ぎたい、貯めたい、増やしたい。
そんな、「お金が欲しい人」がまず最初にやるべきことは一つです。
当たり前のようですが、お金の仕組みを学ぶことです。
お金とは、国語や算数、理科や社会、そして近年、声高に叫ばれている英語教育と同じくらい「学ぶべき」ものなのです。

だからこそ本書では、
お金の「仕組み」を学び、「扱い方」を少し変えるだけで、お金持ちに近づくきっかけを得られること。
さらに、「つながりキャピタリズム(資本主義)」とも呼べる新しいお金の世界について理解することで、
お金を稼ぐ手段である「働く」という行為や、お金でつながる人々との付き合い方さえも、
劇的に楽しく、豊かになるという事実を伝えたいと思います。

お金を学ぶ、と聞くと難しいことのように聞こえがちです。
しかし、この本は、お金に関する世界中の都市を巡った旅行記でもあります。
「旅」というリアルを通して、できるだけ、読みやすく、理解に易しく、
より実感を持ってお金のことを知っていただけるように書いたつもりです。

世界のお金の歴史を知り、「お金とは何か?」という問いかけに答えを見出し、
新しいお金の世界で、あなたが望む働き方と生き方を掴みましょう。

出版社からのコメント

なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか?

誰もが抱くこの疑問に「答え」と「改善策」を提案する
「21世紀のつながり資本論」待望の書籍化!

元証券会社の著者が、リーマンショックを機に
2年40カ国、「お金とは何か?」を
学ぶために世界を旅した物語をまとめた一冊

・資本主義を生んだ国イギリス
・GDPで日本を超えた国、中国
・お金の起源を持つ国エジプト
・世界最貧国の一つバングラデシュ
・世界で最も有償労働時間が短い国デンマーク
・お金を燃やす風習を持つベトナム
・新しいお金の世界を見せる国ドイツ etc…

お金のことを学ぶために世界を旅して見つけた、最も衝撃的な事実は、
「日本人は、世界一、お金のことを知らない」という事実でした。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: いろは出版 (2015/2/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902097796
  • ISBN-13: 978-4902097795
  • 発売日: 2015/2/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.6 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

お金の本質をわかってないと、書けない本だと言えそうです。

僕も20年以上前のバブル期に、同じように世界一周旅行をし、
同じようにお金を燃やすおばさんをみたり、
深夜のバスターミナルでぼったられ、
ピストルではなく、ナイフで脅されて、
同じように牧師さんに助けていただいた経験があります。

で、やはりお金について考えたし、
お金がなくても、人生を楽しむ方法を身につけたと思ってます。

まあ、題にダマサれて、こうすりゃもっと金持ちになれるんだよ
みたいな情報を期待して、1600円を惜しむような
お金の使い方をしていると、それは違う。
それはお金に支配された生き方なんだよって、
本にちゃんと書いてある。
僕は、図書館にリクエストして購入してもらい無料で読みました。
図書館に返せば、もっと多くの人が読んでくれるはずです。

僕は、英訳と中国語訳の練習のために、この本を買い直しました。
世界中の人が、日本のお金のありかたについて、
そして、著者の言うように「新しいお金の世界」について
どう思うのか? 
世界中の日本に興味があるひとたちに聞いてみたくなりました。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本の評価が、いい!と悪い!と半々いらっしゃって、面白いなと感じました。笑

まず、わたしもタイトルと内容が若干違う気はしています。

でも、(妻がFXをし出したので)これを機にまずは、
お金の勉強をしたいと思っていたとき、経済やお金の本が並んでいる箇所で
色々と立ち読みをしていましたが、他の本はパラパラと読んでも全然あたまに入ってこず…。
やっぱり勉強するのは、大変なカテゴリーなんだなと思い、ちょっと諦めていたときに
この本を手に取りました。

お金とは何かということを旅をするということで知って行く、という流れは
とてもスムーズで、読みやすく、分かりやすかったなと思いました。

お金に対してのとっかかりが欲しかったわたしには、とてもよい本だったと思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本を読んでも、たぶん、お金持ちにはなれないと思います。
しかし、お金の仕組みや、お金とは何なのかについて、考えることができます。

お金そのもの(特に紙幣)には、額面に記載されている価値はありません。
お金を受け取る代わりに、物やサービスを提供しようとする人がいて、初めて価値が出てきます。
受け取った人は、他に、受け取ってくれる人を探す。このようにして、お金の流通する仕組みが作られます。

また、同じ物を提供するにしても、相手によって値段を変えることは、海外では、珍しくありません。
極端な場合、家族や友人には事実上、無償で提供したり、一見の旅行者には、いわゆる、値段をふっかけることもあります。
ここでは、お金の価値が、相手との「つながり」や信頼度によって変化するとも言えるでしょう。

日本人は、得てして、銀行口座の残高を、不変の価値として信じてしまいがちですが、一度、考え直してみるきっかけになります。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者の旅行体験記を基に、お金とは何かを考えてもらおうという工夫が面白い本です。文章も、悪文だと思うようなところがなく、スラスラと気持ちよく読み進めることが出来ました。私たちの生活に欠かせないお金。身近すぎて普段は改めて深く考えることがないお金について、成り立ちから現在の姿、そして、これからどのように変化していくのか、著者の考えが丁寧に書かれていてわかりやすかったです。多くの気づきを得られました。そして、読了後には、これからの私たちが向かうべき方向性について、なにか希望をもたせてくれた印象が残りました。また、お金とは関係ないですが、人の意見よりも、人の体験を聞くほうが面白いという気づきも得られました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本当に薄っぺらな内容で、代金を返してほしいです。頁にも余白が多く、圧縮すれば1/4程度にまとまるでしょう。特に得られる情報もなく、騙された気分です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー