¥968
+ ¥750 配送料
残り2点 ご注文はお早めに
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、七魅堂(しちみどう) が販売、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか (講談社+α新書) (日本語) 新書 – 2020/7/22

5つ星のうち3.8 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥968
¥968 ¥1,800
お届け日: 8月7日 - 9日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか (講談社+α新書)
  • +
  • 政治部不信 権力とメディアの関係を問い直す (朝日新書)
  • +
  • 昭和16年夏の敗戦-新版 (中公文庫 (い108-6))
総額: ¥2,980
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

命の選別、国民蔑視。説明責任の放棄。人間を休業するという残酷さ。ヘイト国家の先にある闇。文化は権力と対峙して磨かれる。記者が権力の番犬に。番記者たちとのトラブル。弾き出された人のネットワークを。人は群れるから弱い…権力が隠し、メディアが伝えないこの国の「中枢」の真実!

著者について

望月 衣塑子
もちづき・いそこ――1975年、東京都に生まれる。新聞記者。慶應義塾大学法学部卒業後、東京中日新聞社に入社。千葉支局、横浜支局を経て社会部で東京地検特捜部を担当。その後経済部などを経て社会部遊軍となり、官房長官記者会見での鋭い追及など、政権中枢のあり方への問題意識を強める。著書『新聞記者』(角川新書)は映画化され大ヒット。日本アカデミー賞の主要3部門を受賞するなど大きな話題となった。そのほか『武器輸出と日本企業』 前川喜平、マーティン・ファクラーとの共著に『同調圧力』(以上、角川新書)などがある。



佐高 信
さたか・まこと――1945年、山形県生まれ。慶應義塾大学法学部卒。高校教師、経済誌編集者を経て評論家に。主な著書に『偽りの保守・安倍晋三の正体』(岸井成格氏との共著)、『大メディアの報道では絶対にわからないどアホノミクスの正体』『大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる』(ともに浜矩子氏との共著)、『日本を売る本当に悪いやつら』(朝堂院大覚氏との共著)などがある。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
5 件のお客様によるグローバル評価
星5つ
54%
星4つ
23%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
23%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2020年7月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2020年7月22日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年7月29日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年7月30日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年8月3日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告