ポイント: 28pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 12月12日 日曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 12月1日 水曜日 詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が... がカートに入りました
無料配送: 12月2日 - 4日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに色あせがございます。ご承知の上でお買い求め下さい。中古品のため多少のヤケ、使用感等がございますが、本文及び中身は、概ね良好で、中古本としては、普通の状態です。一通りの検品で、書き込み、線引き等はございませんでした。ご購入後 発見された場合 軽微な書き込みや線引き等の場合はご容赦ください。☆カバーなどの外観は、中古のため使用感や小さな破れ、擦れ、ヨレ、細かな傷がある場合がございます。 ご承知の上でお買い求めください。 記載のない場合は 原則 付属品等は付かないものとお考えください。☆状態説明に錯誤、瑕疵等ある場合は返品返金等 誠意をもって 柔軟に対応させて頂きますので安心してお買い求め下さい。(メールを入れて頂ければ 大至急対応させていただきますので、評価の前にご一報よろしくお願い致します)☆御注文確定後 ゆーメールかクリックポストにて迅速に発送させていただきます。簡易ビニール封筒での発送となります。ゆーメールは土、日曜、祝日の配達はございません。お届け予定日がずれる場合もございます。ご了承くださいませ。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる 単行本 – 2017/8/9

5つ星のうち4.1 90個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,750
¥2,750 ¥1,547

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる
  • +
  • なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
  • +
  • 恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

なぜ弱さを見せ会える組織が強いのか画像

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ほとんどのビジネスパーソンが「自分の弱さを隠す仕事」に多大な労力を費やしている―。ハーバードの発達心理学と教育学の権威が見出した、激しい変化に適応し、成長し続ける組織の原則とは。

著者について

[著者]
ロバート・キーガン Robert Kegan
リサ・ラスコウ・レイヒー Lisa Laskow Lahey

リーダーシップ学習の専門サービス会社「マインズ・アット・ワーク」の共同創設者。ロバート・キーガンとリサ・レイヒーは、30年にわたって一緒に研究と実践に取り組んできた。二人の共著に、『なぜ人と組織は変われないのか』(英治出版)、『あの人はなぜウンと言わないのか』(朝日選書)がある。キーガンは、ハーバード大学教育学大学院教授(成人学習・職業発達論)。レイヒーは、同大学院教員。

[監訳者]
中土井 僚 Ryo Nakadoi
オーセンティックワークス株式会社代表取締役。広島県呉市出身。同志社大学法学部政治学科卒。リーダーシップ・プロデューサー。「自分らしさとリーダーシップの統合と、共創造(コ・クリエイション)の実現」をテーマに、マインドセット変革に主眼を置いたリーダーシップ開発及び組織開発支援を行う。コーチング、グループファシリテーション、ワークショップリードなどの個人・チーム・組織の変容の手法を組み合わせ、経営者の意思決定支援、経営チームの一枚岩化、理念浸透、部門間対立の解消、新規事業の立ち上げなど人と組織にまつわる多種多様なテーマを手掛ける。過去携わったプロジェクトは食品メーカーの理念再構築、業績低迷と風土悪化の悪循環が続いていた化粧品メーカーのV字回復や、製造と販売が対立していた衣類メーカーの納期短縮など100社以上に及ぶ。アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)とその他2社を経て独立。2005年よりマサチューセッツ工科大学上級講師であるオットー・シャーマー博士の提唱するU理論の日本における啓蒙と実践にも携わり、現在に至る。著書に『U理論入門』(PHP研究所)、『マンガでやさしくわかるU理論』(日本能率協会マネジメントセンター)、共訳書に『U理論』『出現する未来から導く』(英治出版)がある。

[訳者]
池村千秋 Chiaki Ikemura
翻訳者。主な訳書に、キーガンとレイヒーの前著『なぜ人と組織は変われないのか』(英治出版)、『LIFE SHIFT』(東洋経済新報社)、『マネジャーの実像』(日経BP社)などがある。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 英治出版 (2017/8/9)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/8/9
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 400ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4862762204
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4862762207
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 90個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
90 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年2月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2018年3月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年8月17日に日本でレビュー済み
73人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年5月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年10月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年5月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入