通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばない... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの? 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/30

5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 743

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの?
  • +
  • なんでお店が儲からないのかを僕が解決する
  • +
  • むだ死にしない技術
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

最前線で戦い続けた「一流の経営者」堀江貴文×「一流のサッカー人」5人による、一流になるために必要な25のルール!

Jリーグのアドバイザーにも就任し、サッカービジネスにも独自の考え方をもつ堀江貴文氏と、サッカー界で活躍する、それぞれに違うキャリアを歩んできた5名の『サッカー人』との対談。
成功や挫折を経験してきた両者の対談から、ビジネスで成功する秘訣を学んでいく。

【対談者とテーマ】
● 宇佐美貴史から学ぶ『「一流」になるために若い時代にすべきこと』
~一流になるためのメンタルの養い方
~『100万分の1×3』の人材になるには?

● 川島永嗣から学ぶ「世界と戦うための準備」
~才能を伸ばす評価基準
~未知の世界に飛び込む重要性

● 遠藤保仁から学ぶ「様々なリーダーのもとで、必要不可欠なブレーンとなるための処世術」
~変化を受け入れ、結果を求めるためには?
~現状に常に危機感を持つ意味

● 宮本恒靖から学ぶ「『世界』に追いつくために日本サッカー界に求められること」
~『成功』に近づける戦略をたてる
~利用者の需要を取り組むために必要なこと

● 森保一から学ぶ「結果を出せる、強い組織をつくるために必要なこと」
~人材を組織としてどう育てていくのか?
~部下の才能を見出し、引き出す力とは?

内容(「BOOK」データベースより)

5人のサッカー人から学ぶ、新時代を突破する25のビジネスルール。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 334ページ
  • 出版社: ワニブックス (2016/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847095200
  • ISBN-13: 978-4847095207
  • 発売日: 2016/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
結局、堀江氏こそ学ぼうとしていないように思う。結局どの対談でも度々登場する「ガンバのスタジアムに期待」「築地にスタジアムを作ろう」「IT、スター選手、スタジアムが大事」「カズのフランスW杯落選のときに一緒に仕事をしたのが始まり」などという持論に持ち込もうとしている。
選手への投げ掛けも「◯◯じゃないですか?」「◯◯ですよね?」などとNOが返ってきづらいクローズドクエスチョンばかり。文章全体の堀江氏分量からも分かる。半々とは言い難い。題名通りの本ならば半々でも多いくらいだ。結局自分がしゃべりたいのだ。

堀江氏の考えに日頃から賛同し、サッカービジネスの氏の話が聞きたいのであれば良書かもしれない。しかし、それであれば題名を変えるべきだ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
堀江さんの意見はよく分かる。
彼の意見は「ITを使用したボールパーク化」「集客力がある場所での試合開催」により、お客さんをリピーター化させてJリーグをビジネスとして発展させること。この趣旨には概ね賛同する。

ただ、本の流れとして彼の意見をサッカー選手に確認していることが重きに見える。
タイトルからサッカー選手に堀江さんがインタビューする、という図だと思っていたが逆。
読んでいくうちに少しずつ違和感が増した。
堀江貴文の意見を知るのであればOK。有名サッカー選手の話をメインにしたいなら期待を外すかも。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック