¥ 1,296
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ企業は誠実でなければならないのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ企業は誠実でなければならないのか 単行本 – 2006/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 40
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ企業は誠実でなければならないのか
  • +
  • 「誠実さ(インテグリティ)」を貫く経営
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 69pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

不正は必ず露見し、“まじめさ”や“努力”が正しく評価される社会が到来する。これからの時代に求められる“誠実さ”をCSR(企業の社会的責任)研究の第一人者が分かりやすく説く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高/巖
昭和31(1956)年、大分県生まれ。麗澤大学外国語学部卒業、早稲田大学商学研究科博士課程修了(商学博士)、米国ペンシルベニア大学ウォートンスクール客員研究員。企業倫理世界会議(ISBEE)理事、ISO高等戦略諮問会議委員、内閣府国民生活審議会委員、経済産業省日本工業標準調査会専門委員、経済産業省産業構造審議会委員、CSR標準委員会作業部会主査、国土交通省地域づくり戦略研究会主査、経済産業省総合資源エネルギー調査会委員、国土交通省公共交通ヒューマンエラー対策委員会アドバイザーなどを歴任。麗澤大学国際経済学部教授、同大学企業倫理研究センター長、早稲田大学大学院ファイナンス研究科兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 127ページ
  • 出版社: モラロジー研究所 (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896391217
  • ISBN-13: 978-4896391213
  • 発売日: 2006/06
  • 梱包サイズ: 18.4 x 12.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,396,698位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。giro