中古品
¥ 264
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ中国人は日本人を憎むのか―憎恨日本 単行本 – 2002/1

5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「すべての日本民族を絶滅せよ」「日本人は神様がつくった不良品である」……90年代後半から中国のインターネット上に突如現れた「論壇抗日戦士」たちはなぜ日本人を攻撃するのか。『ノーと言える中国』『野心と密謀』『日本の秘密』などの著作で日本への敵愾心と憎しみを駆り立てる中国の学者たちの真意はどこにあるのか。偏見と先入観に満ちた日本報道を平然と行なう著名ニュースキャスター、軍国主義批判を繰り返す新聞の意図は何なのか。北京大学で哲学を学び、神戸大学に留学した著者の疑問は、「日本へ行った中国人は必ず虐められる」と多くの中国人が信じていることだった。実体なき憎しみ、根拠なき誤解が増幅されるほど日中関係にとって不幸なことはないと感じた著者が、中国人の「日本憎悪」の深層心理に迫ったのが本書である。日本脅威論のつくられ方、軍国主義復活論の植えつけ方から増幅法まで、中国の言論メカニズムの本質を抉り出した労作。 

内容(「BOOK」データベースより)

インターネット上に現れた「論壇抗日戦士」たちの暴言。日本への敵愾心と憎しみを煽り立てる中国の専門家たち。日中国交回復30周年という節目に、北京大学卒の若き俊英が「日本憎悪」の深層心理に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2002/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569620043
  • ISBN-13: 978-4569620046
  • 発売日: 2002/01
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 744,230位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2011年8月8日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年4月3日
形式: 単行本
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年4月3日
形式: 単行本
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告