中古品
¥ 138
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ティケ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品となります。ゆうメールにて発送いたします。発送は2営業日以内に行います。また土日祝はお休みを頂いております。※状態の良いものを出品しておりますが、帯や付属品の欠品、色あせ、ケース割れ、、破れ、日焼け、汚れ、レンタル品等ある場合がございます。問題がある場合、ご連絡の上、発送させて頂きます。神経質な方は事前に状態確認お願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか-夏目漱石、宮沢賢治が愛した「命の水」の125年 単行本 – 2009/3/24

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 138
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ロマンと苦闘に満ちた「三ツ矢サイダー」 文豪・夏目漱石や宮沢賢治が愛した飲み物はサイダーだった。誕生は大航海時代に遡るサイダーが、なぜ、日本上陸から125年たった今も生き残れているのか

内容(「BOOK」データベースより)

「浪漫・感動・動乱・苦闘・奇跡」文豪も戦艦大和の兵士も「心と喉を潤した」。知られざる「風雲録」発掘!三ツ矢サイダーが愛されてきた秘密。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 242ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062153564
  • ISBN-13: 978-4062153560
  • 発売日: 2009/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 616,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
誰もが知る二人の文豪(夏目漱石、宮沢賢治)と『三ツ矢サイダー』の知られざるエピソードの数々を導入部におくことで、万人に親しめる物語になっている。また、「三ツ矢サイダーの125年史」は、類い希な日本の清涼飲料水史に他ならない。明治期以降現在まで販売され続けているロングセラー商品「三ツ矢サイダー」を切り口に、随所にトリビアを絡め、日本のソフトドリンクの歴史を俯瞰出来るようになっている。これは、調査報道の世界にいた元毎日新聞記者(後に、アサヒ飲料顧問)の面目躍如といったところである。これはまた、飲料技術者の健闘記でもある。重層的物語的おもしろさと、貴重な史料的価値を併せ持つ持つ希有な一冊といえる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
主人の父親は、昔、清涼飲料水販売卸の小さな商店を営んでいました。小さなトラックで、各商店や縁日などに配達。たくさんのラムネなどをケースに入れ、炎天下の中、よちよち歩きの孫を助手席に乗せて配送に行くことが、唯一の楽しみだったようです。家の倉庫には、三ツ矢サイダーオリジナルグラスもたくさん置かれていたこと、記憶しています。「いつでも、どこでも、三ツ矢サイダーとラムネは人気者だったね。」と、よく語っていました。先月、旅行帰りに、すっかり社会人へと成長した息子と主人と3人で、やぶ屋さんに立ち寄る機会に恵まれました。店内には、天ぷらそばと三ツ矢サイダーを前に「さあ、食うぞ」と意気込むばかりの宮沢賢治さんのイラストが描かれたポスターが、掲示されていたようです。お店の方に「天ぷらそばと・・・三ツ矢サイダーを」と注文すると、サイダーの名前を口にしただけで、女性店員さんは、顔いっぱいに、笑みを浮かべました。生まれてはじめて、食した、天ぷらそばと、三ツ矢サイダーの組み合わせ。もう今では、岩手から帰宅後も、夕飯のそばの日は「さぁ、今夜は賢治セットの日だ」などと、買い物カゴの中には、しっかり三ツ矢サイダーが、鎮座しています。夏目漱石にとっては、命の水。宮澤賢治にとっては、愛好の飲み物。我が家にとっては、三ツ矢サイダーは、おじいちゃん、孫へと繋がる大切な家族の絆となっています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック