通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか (中... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか (中公文庫) 文庫 – 2012/7/21

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2012/7/21
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 62

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか (中公文庫)
  • +
  • もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (角川文庫)
  • +
  • ノンフィクション作家だってお化けは怖い (幽BOOKS)
総額: ¥2,815
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“霊感”に疎いはずだけれど、どうも私はお化けに好かれているらしい!?部屋の片隅に感じる人の気配、背後をスーッと横切っていく亡くなったはずのあの人。ノンフィクション作家の身の回りで起こる不思議で、ひんやり、じんわり怖い、24話。最恐エピソードと、作家・岩井志麻子氏との巻末対談を新たに追加収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

工藤/美代子
1950年(昭和25年)生まれ。チェコスロヴァキア・カレル大学を経て73年からカナダに移住し、バンクーバーのコロンビア・カレッジ卒業。91年『工藤写真館の昭和』で講談社ノンフィクション賞を受賞。93年帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2012/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122056675
  • ISBN-13: 978-4122056671
  • 発売日: 2012/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,232位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/8/3
Amazonで購入
「私も年齢を重ねて、お化けとの付き合い方も少しづつ変化しているようだ。しかし、相変わらず、彼らが私の周辺に出没しているのは事実だ。それが生霊であれ、死霊であれ、あの人たちとの不思議な関係はこれからも続くことだろう」。

あきらかに幽霊や怪奇現象にたくさん遭遇しているにもかかわらず、「自分は霊感がない」と言い張っているノンフィクション作家が書いたエッセイ集です。ここのレビューを読んで面白そうだと思って買いました。

まず、純粋に怖いです。
何度、背筋に悪寒が走ったことか。
冷房の温度設定を2度くらい上げて読んでも大丈夫かもしれません(笑)。

そして、怪奇エッセイとしての面白さがあります。
カナダをはじめ外国をいろいろ飛び回ったり、出会いと別れを経験したり、作家としての活動や今まで出会った様々な人達のエピソードが不思議な現象と共に語られています。エッセイだからこそ、妙にリアルで恐い、というのもあるように思います。

ところで、この本には個人的な後日談があります。
夕食のときに家族を怖がらせようと思って本書の内容をいくつか紹介したのです。すると、「え?あたしも、それ、よくある」と妻。さらに息子まで「オレも、この前、XXXのトイレで。。。」と、逆にいろいろ告白されてしまいました。

とりあえず、魔よけの意味もこめて五つ星とします。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
怪談エッセイの名作「日々是怪談」が改題されて再発売。
昨年の「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら」(幽ブックス)にあやかったのだろうか。

巻末に岩井志麻子との対談が新しく掲載されています。
これが長くって、充実しています。
死霊と生霊についてお二人が語っていて、
当然セックスに関しても触れられており、
岩井志麻子は、工藤美代子の持ち味を引き出すベストな人選だと感じます。
この対談を読むために、本書を新たに購入して損はありません。
お勧めです。

さてエッセイ自体ですが、
工藤美代子が体験したり、見聞きした不思議な出来事が綴れています。
全部実話という迫力があります。
なおかつ著者がその不思議な出来事を受け流していく様子が、
本書に「怖いけど暗くならない」、「エッセイとしても一級品」という印象をもたらしています。

今回改めて読んでも面白さは変わりません。
エピソードの中では、
「里帰り」「行ってはいけない土地」に加え「三島の首」が印象深かったです。

本書は日本怪談史(そんなものがあれば)に残る名作だと思います。
怪談好きの方、絶対に必読です。

ただタイトルは「日々是怪談」が圧倒的にすばらしいと思うのだ。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「日々是怪談」は持っていたので、新作とばかり思って購入し、がっかりして読まずに置いてあります。新作ではありません。ただし、他の方のレビューを読むと「オマケ」が付いているらしいので、「それじゃ読むか」と思っています。絶版になっていたのであれば、再版は良いことでしょう。面白い、怖い、良い本ですから。でも『改題』モノって、知らずに買うといっつも、がっかりしちゃうんだなあ…。表紙に小さくでも書いてあれば良いのに。そのつもりで買う分にはこういうガッカリ感はないのに。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
コレは…あの日々是怪談の改題版なんですね。
いつか買おうと思っていたので、文庫版にて再版化は素直に嬉しいです。

ズバリ言っちゃうと流石ノンフィクション作家。
最近読んだあの女(オンナ) (文庫ダ・ヴィンチ)とか鬼談百景 (幽BOOKS)なんかと比べると
完成度というか
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック