中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか(晋遊舎新書007) 新書 – 2010/5/27

5つ星のうち 3.8 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

140字のつぶやきをやりとりするマイクロブログサービス「ツイッター」

「ツイッター」を使って140字のつぶやきで直につながる人が増えています。
それは、政治家とみなさん、ジャーナリストとみなさんの間も同様です。
本書はそうした動きが政治とメディアにどういう影響を及ぼすか、及ぼせるかを大きく2つのテーマで考察します。

(1)「政治に及ぼすツイッターの影響」
公職選挙法改正でインターネット選挙活動が解禁される気配もあり、選挙戦においてツイッターが及ぼす影響が非常に大きくなる可能性があります。
その際にどういう効果があり、リスクがあるかを原口総務大臣ほか4人の政治家が語ります。

(2)「マスコミに及ぼすツイッターの影響」
テレビ放送前に記者会見の模様がツイッターで流れています。
また、事件事故の際にもニュース速報より速く現場にいる人からツイッターに情報が流れています。
そうした動きが記者クラブ制度やマスコミのあり方自体に及ぼす影響をジャーナリストのみなさんが語ります。

自身もツイッターを活用しているフリージャーナリスト・上杉隆氏と、
同じくツイッターを活用している政治家・フリージャーナリスト8人が、
日本を変えるつぶやきの力について語り尽くします!

《ユーストリームにて上杉さん&畠山さん対談模様を配信中!!》
http://www.ustream.tv/channel/microjournalism

内容(「BOOK」データベースより)

ツイッターの底力!?たった140文字が巨大マスコミを震わす!選挙を動かす!政治と記者クラブにツイッターが与えた衝撃を8人の論客と上杉隆が語り尽くす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: 晋遊舎 (2010/5/27)
  • ISBN-10: 4863911025
  • ISBN-13: 978-4863911024
  • 発売日: 2010/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 795,370位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
出版当時はそれなりにあった期待や希望は主に福島第一原発事故以降の著者の言動によって見事に自壊した
結局、こんな本を出していた張本人がツイッターという新しいメディアの使い方・本性を全く理解できてないということだろう
墓標のような本
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書を読む上での大前提がある。それは、ともかく自分でツイッター(Twitter)のアカウントを取って、多少なりとも自分なりにいじりまわした経験があるということだろう。

 ツイッター未経験の人への「啓蒙書」という観点からしたら、そこまでインパクトがあると感じられないかもしれない(もちろん、本書をきっかけとして始めて見る層も少なからずいるだろうが)。

 私の知人に、ツイッターのベヴィーユーザーに近い人たちが数名いる。それぞれの方の使い方は全く違うスタンスなのだが、そういう方たちからの影響で、少なくとも「渋谷駅ナウ」なとと軽く言葉を交わすツールであるという認識は根底から覆されてきていた。

 そうした中で、はじめて本書を手にとってみる気になった。上杉隆さんのネット上での記事には以前からある信頼感を抱いていたし、この本の上杉氏との各章ごとの対談に登場するのは、水道橋博士、原口一博氏(前総務大臣)、山本一太氏、世耕弘成氏、逢坂誠二氏、岩上安身氏、亀松太郎氏、畠山仁人氏という、Twitterの使いこなしではすでに著名な方たちらしいことを本書を読んで初めて知った。

 そうやって対談相手が変わろうと、本書で一貫して主張されているのは、「マイクロジャーナリズム」としてのツイッターの果てしない可能性である。仮想敵にさ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「ツイッター」の急速な盛り上がりは、昨年の年末からだろうか。個人的には、それまでの勝間さん、広瀬さんが顔になるTwitter の取り上げ方にちょっと一歩引いてしまっていた。アカウントはあるが放置プレイになっていた。秋にもう一度はまり始めたころの時期に同じく別のフィールドではまり始めた人々を中心にした対談集だ。ぼくは、IT革命 (生産性が激増して、今後は景気循環が起こらなくなる)は信じていないが、Internetによって、コミュニケーションの革命は起こっているとおもっている。それを実際に感じて、実践している人々の話は、興味深い。政治家、ジャーナリストの対談が中心なのである程度それらの領域に興味がないと難しいかと思うが、その周辺に興味がある人には読んでほしい。TVや新聞では見えないものが見えてくる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
Twitter が日本の政治をどう変えるのか,とくにこれまで閉鎖性がずっとかえられなかった記者クラブが Twitter によってどう変わってきたのかを,著者が 8 人の政治家やジャーナリストなどとの対話のなかで,あきらかにしていく.

類似のテーマで 8 人と対話しているため,何回か重複している話もあるが,比較的うまく,いろいろな話をひきだしている. それは,おなじメディアをつかっていても,ひとりひとりちがう世界をみているという Twitter というメディアならではのことなのだろう.
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ツイッターが何かが知りたい方のために

ジャーナリストの上杉さんが書いた本です。
ツイッター中毒になぜなってしまうのか、ツイッターが本当に役に立つのか。
140文字で何が伝わるのか。疑問だらけのツイッターの有用性を理解できる一冊です。
企業でツイッターを規制している会社もあります。自分が理解できない物は批判するようなものです。
なぜツイッターが悪くて公式HPならいいのか、時代に置いて行かれないために企業の関係者に是非読んで頂きたいものです。
2チャンネルと同じにに考えている方にお勧めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告