Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 800

¥ 64の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[武田徹]のなぜアマゾンは1円で本が売れるのか―ネット時代のメディア戦争―(新潮新書)
Kindle App Ad

なぜアマゾンは1円で本が売れるのか―ネット時代のメディア戦争―(新潮新書) Kindle版

5つ星のうち 2.3 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 800
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 222

商品の説明

内容紹介

生き残りを懸けたメディアの攻防戦がすでに始まっている! アマゾンやSNS、スマホの台頭で、小分けされ薄利多売での競争を強いられるコンテンツ。ネット全盛時代に敗色濃厚の新聞・出版・テレビに逆襲の機会は訪れるのか。出版を支える大日本印刷、新しいジャーナリズムを目指すニュースサイト、仮想とリアルをつなぐドワンゴ等への取材をもとにその可能性を検証。これからの時代を掴むための最先端メディア論。

内容(「BOOK」データベースより)

生き残りを懸けたメディアの攻防戦がすでに始まっている!アマゾンやSNS、スマホの台頭で、小分けされ薄利多売での競争を強いられるコンテンツ。ネット全盛時代に敗色濃厚の新聞・出版・テレビに逆襲の機会は訪れるのか。出版を支える大日本印刷、新しいジャーナリズムを目指すニュースサイト、仮想とリアルをつなぐドワンゴ等への取材をもとにその可能性を検証。これからの時代を掴むための最先端メディア論。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1109 KB
  • 紙の本の長さ: 141 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/1/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MS7YV6I
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 115,281位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 武蔵野雪中梅 VINE メンバー 投稿日 2017/2/3
形式: 新書 Amazonで購入
Amazonに触れているのは1ページのみ。タイトルで買った人間としては詐欺だと思わざるを得ない。新潮社はこういう本を出して恥ずかしくないのか?おそらく編集者が名前をつけたと思われるが恥を知って欲しい。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルを見て購入しましたが、アマゾンが1円で本を売ることについては、ほんの1〜2ページにしか書かれていません。
あとはほとんど出版社、新聞社とインターネットとの関わり合いについての内容。まあ、副題にある「ネット時代のメディア戦争」が、この本の真のタイトルなんでしょうね。
もっとアマゾンのシステムや流通に関する内容だと思って購入しましたが、全く違う内容で残念です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
Amazonの日本におけるネット販売戦略の記事に期待して購入したものの、それらに関する内容は一切なし。タイトルに騙されました。「ネット時代のメディア戦争」のみをタイトルにしていれば、内容の評価はともかく、それなりに納得していましたが。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キムタク 投稿日 2017/2/1
形式: 新書
本の半分を過ぎた頃から、やっとネットの話題が出る。最後は、時代遅れのニコニコ動画の話。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
題名に惹かれて買つたが 内容と違うのでは? アマゾンの1円のことどこに書いてあるの?
金返せ。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルを見て買った人は、特に失望するでしょう。アマゾンに関する記述は、全くと言ってよいほどありません。
これを読んでも、「なぜアマゾンは1円で本が売れるのか」という答えは全くわからない。
大学の前期試験で、「なぜアマゾンは1円で本が売れるのか。本書の記述を基に論ぜよ。資料持ち込み可」
という問題が出されても、答えに窮することでしょう。私が学生なら、間違いなく「不可」で留年するでしょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ICHIRO トップ500レビュアー 投稿日 2017/5/8
形式: 新書
私はよほどのことがないと★1はつけないのだが……。
この本、ネット通販のアマゾンの戦略は、どこにも書かれていない。
そもそも1円で売るのはマーケットプレイスであり、「出品者」の戦略(?)とも言える。
百歩譲って、「1円販売」から読者を引き込もうというのでも、MPについてしっかり触れるべきだろう。
それも書いてない。残念な一冊。なぜこんなタイトルをつけたのか、出版社、編集者のセンスを疑います。
もちろん著者も。
2 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 アマゾンについて書かれた本ではない。題名との関係で、これは衝撃の事実だと思う。
 この著者、以前、雑誌でお見かけしたことがある。たしかに、もっともらしいことを述べられ、考えてるなと感じさせられるのだが、ベクトルの向きはどうも読者の知りたい答えではなく、著者自身へのリスペクトのように感じたのを覚えている。果たして、本著でも、それは見事に再現された。読者の求めるアマゾンの経営についての分析はどこにもなく、印刷会社やニコニコ動画など、求めもしない対象への『徹底取材』が行われている。そして、驚くほどの分厚さ。雑誌「波」において著者は、Amazonの古本は本の内容、コンテンツへの評価が全く介在せずに1円になっていることを嘆いているが、「全く介在せず」ということはないし、同様の現象はBOOK OFFの躍進から見られたことでありネット通販の専売特許ではない。残念ながら、ミスリーディングな本である。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover