中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜアヒル口に惹かれるのか (メディアファクトリー新書) 新書 – 2010/6/29

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

世の中に溢れるアヒル口の魅力を、認知科学で読み解く テレビや雑誌、街なかに、アヒル口の女性が急増しているのはなぜか? 男はなぜ、アヒル口にぐっと来てしまうのか!? 認知科学や脳科学、社会心理学まで幅広い知識を駆使して、様々な角度からアヒル口の魅力に迫る。アヒル口が相手に与える感情や、萌えと遺伝子の関係など、刺激に満ちた話題満載の知的エンタテインメント本!

内容(「BOOK」データベースより)

いま、アヒル口の女性が急増し、男たちがそれに惹かれているのはなぜだろうか?認知科学や脳科学、社会心理学などの知識を駆使して、意外に奥深いアヒル口の魅力を考える。「好みの子の顔はなぜ忘れない?」「美人は人類共通か?」など顔や表情にまつわる幾多の疑問も氷解する、刺激と感動に満ちた知的エンタテインメント本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 176ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2010/6/29)
  • ISBN-10: 4840134405
  • ISBN-13: 978-4840134408
  • 発売日: 2010/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 183,209位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
いい意味で予想を裏切られた。

タイトルはブームを感じさせるものだが、実質は普遍的な内容が多く、
誰しも興味をかきたてられるような顔や表情の普遍的疑問に答えてくれている。
顔雑学を、最新の脳科学・認知科学・心理学の側面から学術的に掘り下げていて面白かった。

内容がよかっただけに、タイトル・表紙がいまいちでもったいない。

まえがき 深くて魅力的な「顔」の世界
序章 アヒル口とは何か
第1章人はいかに顔から表情を読み取るのか
第2章 かわいい子の顔は、なぜ忘れないのか
第3章 顔は人の心をどう動かすのか
第4章 「魅力的な顔」は人類共通なのか
あとがき だから人はアヒル口に惹かれる
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uirou VINE メンバー 投稿日 2010/7/8
形式: 新書
カバーイラストを描いた人はアヒル口についてまったく理解していないと思います。
アヒル口から伝わる(というよりは見た人が勝手に受け取ってしまう)メッセージを
まったく表現できていません。
そういうカバーを許してしまう編集側の姿勢から、この本の内容も軽く見られてしまうような気がします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
アヒル口が好き…というわけではないのですが、
パラ読みでサブカルや萌えにも言及されていて
おもしろそうだったので購入しました。

アヒル口の研究本というよりは、
顔にまつわるさまざまな研究成果や知見が紹介されており、
気軽に読み進められる「顔雑学」が満載、といった感じです。

おもしろかったのは、
アヒル口は女性が生み出した「美の下克上」の手段だ、というところと、
日本人はもともと「萌え」やすい人種なのだ、というところ。

一見、ただのブームに見える「アヒル口」を現象としてとらえ、
いろんな学問分野から多角的に考察しようという姿勢に、好奇心をかき立てられました。

脳科学から心理学、遺伝学、サブカル、オタク、草食男子まで、
いろんなトピックがリンクしていることがわかるおもしろい試みだと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
まぁ内容的にはおもしろく読めました。なるほどなぁーと思う節もたくさんありました。ただ、中古でしたが、ところどころ線が引いてありました。気にする人はだめでしょうね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック