通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜあの時あきらめなかったのか (PHP新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜあの時あきらめなかったのか (PHP新書) 単行本(ソフトカバー) – 2012/7/14

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜあの時あきらめなかったのか (PHP新書)
  • +
  • 対話力 私はなぜそう問いかけたのか (ちくま文庫)
総額: ¥1,577
ポイントの合計: 33pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

常に勝つことを渇望するアスリートたち。トップに立つためには、記録や技以上のものが必要になる。
敗北、ケガ、挫折、燃え尽きた心、引退の危機――。それらを乗り越えた先にこそ、本当の「勝利」がある。
本書は、「最強になっても、なお進化し続ける」(吉田沙保里・レスリング)、「境遇を言い訳にせずに」(松田丈志・水泳)、「巨星に勝った重圧を抱えて」(福見友子・柔道)、「横綱に昇りつめた先にあるもの」(白鵬 翔・相撲)、「あきらめない心が道を切り開く」(丸山桂里奈・サッカー)、「一打席一打席が勝負」(青木宣親・野球)、「勝負の厳しさも含めて、卓球が好き」(石川佳純・卓球)など、27人の競技者がいかに壁を突破したのか、その足跡を追った渾身のルポルタージュだ。
競争に弱いと感じる人、目標に揺れる人、運に見放されたと思う人が求める転機の一瞬。
スポーツも人生の逆境も、あきらめなければ必ず勝負の流れは変わるのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

常に勝つことを渇望するアスリートたち。トップに立つためには記録や技以上のものが必要になる。敗北、ケガ、挫折、燃え尽きた心、引退の危機。それらを乗り越えた先にこそ、本当の「勝利」がある。本書は、「最強になっても、なお進化し続ける」「境遇を言い訳にせずに」など、二七人の競技者がいかに壁を突破したか、その足跡を追った渾身のルポルタージュだ。競争に弱いと感じる人、目標に揺れる人、運に見放されたと思う人が求める転機の一瞬。スポーツも人生の逆境も、あきらめなければ必ず勝負の流れは変わるのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/7/14)
  • ISBN-10: 4569804942
  • ISBN-13: 978-4569804941
  • 発売日: 2012/7/14
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 349,622位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/8/15
形式: 単行本(ソフトカバー)
雑誌の連載が元になっているという。一流のアスリート27人のインタビューを集めたもので、それを6章に分けて構成している。鈴木桂治(柔道)、青木宣親(野球)、遠藤保仁(サッカー)、荒川静香(フィギャスケート)、福見友子(柔道)、石川佳純(卓球)、大田雄貴(フェンシング)、白鵬翔(相撲)、葛西紀明(スキージャンプ)、木村沙織(バレーボール)、入江陵介選手(水泳)、長谷川穂積(ボクシング)、長島圭一郎(スピードスケート)、丸山柱里奈(女子サッカー)、別府史之(自転車ロードレース)、大畑大介(ラグビー)他。それぞれの選手たちの簡単な略歴と白黒写真も載っている。

F1、車いすテニス、カーリングなど、種目は多彩。この本はオリンピック前に出版されているが、ロンドン五輪に出場した選手も多い。元メダリストの父親を持つ女子のウェイトリフティングの三宅宏美選手や、ビニールハウスのプールで有名になった水泳の松田丈志選手、3連覇を果たした吉田沙保里選手のようにメダルを獲得した選手が何人も含まれているし、精一杯やったにもかかわらず目標に手が届かなかった人もいる。それもスポーツである。ただ、どのような結果になるにせよ、彼らがいままで苦難を乗り越え、あきらめずに懸命に努力を積み重ねてきた足跡の一端はこの本に残されている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
取り上げる人数が多いので、危惧していたが。
その通り。

このタイトルなら、大いなる挫折を味わった後にそれを乗り越える「動機付け」の流れをもっと書き込んでいただきたかった。

あきらめそうになりました、でもあきらめませんでした。では、十分だとはいえない。

電車の中でパラパラ流し読みしても伝わってくる趣旨は、あまり変わらなかった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ロンドン・オリンピック前に書かれた本ですから、
少しタイムラグを感じる部分はありますが、
ドキュメンタリーとして、スポーツを極めた人たちが
どういう生き方・考え方をしたのかが客観の目から
よく描かれていると思います。

連載ものをまとめた物だからと行って、浅いわけではなく
深くなりすぎないギリギリのところで抑えているのが
読んでいてよく分かります。

こういう本をスポーツする高校生たちに読ませたいですね。
一流は一日にしてならずが分かることと、
特別な才能に恵まれて天才時だった人たちだけが
メジャーになっているのではないことを教えてくれますから。

取り上げる人物への視点が、とてもユニークで好きでした。
各人の最初に6、7行太字ですすれた文章の密度の濃いことよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今活躍しているアスリートたちのインタビューを集めたものである。
タイトルのとおり、苦労やスランプをどのよにして乗り超えたのかというのがテーマとなっている。
現在トップアスリートとなっている選手たちの苦悩というのが伝わってきた。
今回のロンドンオリンピックに出場している選手のインタビューも多いのでこれを読むとオリンピックの違う楽しみができると思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告