通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ、習近平は激怒したのか 人気漫画家が亡命した理... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

なぜ、習近平は激怒したのか 人気漫画家が亡命した理由(祥伝社新書) 新書 – 2015/9/2

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 22
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ、習近平は激怒したのか 人気漫画家が亡命した理由(祥伝社新書)
  • +
  • なぜ中国は覇権の妄想をやめられないのか (PHP新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中国では、2009年に「微博(中国版ツイッター)」が登場、時事問題を共有するネット論壇が誕生した。本書の水先案内人・辣椒(ラージャオ)も、微博をきっかけに政治意識にめざめ、風刺漫画が一世を風靡、ネット論壇を盛り上げた一人である。しかし、習近平政権発足後、当初の期待とは裏腹にネットのオピニオンリーダーは次々と摘発され、検閲も強化された。ネット論壇は政府に簒奪(さんだつ)されていく。そうした中、辣椒は日本滞在中の2014年夏、ある作品が危険視され、「亡命」を余儀なくされた。中国・習近平体制の現在と言論弾圧を、亡命漫画家・辣椒の作品を手がかりに鋭く切り取った一冊!

内容(「BOOK」データベースより)

中国では、2009年に「微博(ウェイボー)(中国版ツイッター)」が登場、時事問題を共有するネット論壇が誕生した。本書の水先案内人・辣椒(ラージャオ)も、微博をきっかけに政治意識にめざめ、風刺漫画が一世を風靡、ネット論壇を盛り上げた一人である。しかし、習近平政権発足後、当初の期待とは裏腹にネットのオピニオンリーダーは次々と摘発され、検閲も強化された。ネット論壇は政府に簒奪されていく。そうした中、辣椒は日本滞在中の2014年夏、ある作品が危険視され、「亡命」を余儀なくされた。中国・習近平体制の現在と言論弾圧を、亡命漫画家・辣椒の作品を手がかりに鋭く切り取った一冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2015/9/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396114354
  • ISBN-13: 978-4396114350
  • 発売日: 2015/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,305位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
アジア情報ニュースサイト『KINBRICKS NOW』の管理人としても知られる著者の第1作。ネットを通じて中国の情報に触れている者にとっては、サイトやツイッターなどでは数年前からお馴染みの人だっただけに、むしろ「これまで本出してなかったの?」という感じですらある。

内容はさすがに手堅く、満足。どこかで「B級ニュースから天津大爆発まで一冊で説明し切る本」という感想が出ていたが、まさにその通りだと思う。亡命漫画家・変態辣椒のマンガを紹介しながら話が進む。イラストがあることでテンポ良く読み進められる。

何より圧巻は最後の章。なぜ中国のネット世論はここまで残念なことになってしまったのか。専制的支配者と「愚民」の相互補完からなる、中国社会の歴史を貫く安定構造とは何か。いわゆる隣国憎悪本とは一線を画した、冷静な説明(そして、これが結構納得できるのだ)が光る。

ところで、本書にあえてケチをつけるなら、読者のレベルをどこに想定しているのか見えづらい点。
近年の中国ウォッチャーの間ではほぼ常識化していても、一般日本人の間では理解が皆無な「中国のネット終わった論」や、現在の日本の世情ではともすれば恣意的に利用されるリスクをはらむ(=バカな読者には曲解され得る)中国愚民論に言及するならば、もっと高い読書レベルを想定したハードな書
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
月刊誌『新潮45』に「中国亡命漫画家」というマンガが連載されている。
著者は辣椒(ラージャオ)。辣椒とは唐辛子という意味らしい。
辛口の風刺漫画家として、中国版ツイッター「微博(ウエイボー)」で人気を博した。
2014年夏に妻と共に来日したが、もはや中国に帰るのは逮捕・投獄の危険があって無理と判断。
「中国共産党が中国の支配者である限り祖国には帰らない」と決意して亡命漫画家となった。
親しみやすい絵柄で、中国共産党の独裁政治の理不尽さ、滑稽さが描かれる。自身が警察に拘留されたときに、「微博」で警察署の電話番号をつぶやいたら、ものすごい数の電話が警察署に殺到した。結果、「この電話をやめさせてくれれば今日は帰っていい」という妥協をひきだした、といったことが面白おかしく描かれる。
しかし、笑いのウラには、いつ収監・抹殺されても不思議はないという、強い恐怖が貼りついている。
本書は、亡命漫画家王立銘、ペンネーム辣椒がなぜ亡命せざるを得なかったかを中心に、辣椒が活躍した微博が習近平政権にとりこまれていく過程をつぶさに追っている。
日本でもNHKクローズアップ現代が「“ネット反乱″の衝撃~中国鉄道事故の舞台裏~」を報道した。番組は「中間層の声が、共産党の指導方針も変えうるという、新しい政治の構図」が中国に芽生えたと
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
中国から亡命中の漫画家激辛トウガラシさんと中国のネット社会を対比させて説明する。

簡単なようで難しいことに挑戦しており、最初は著者の意図を怪しみながら読み始めた。

しかし、内容的には激辛さんは実はメインストーリーを回すためのナレーター的な位置づけで、結構ハードな中国社会、ネット社会論にみえる。

実際問題、ここまで中国の社会に関心を持つ日本人は多くないと思うが、知らない間に中国が、期待されたネット社会の自由さがここまで侵食されているということを具体例を挙げて説明されると怖くなる。

インターネットへの幻想が破れた今、中国はいったいどこへ行くのか。そして日本のネット社会は、現実は…。

色々と考えさせられる本だった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本の中国社会論はどうしても日本の右派の立場から、「自由主義国家と比べてダメ」
となりがちですが、この本は中国社会自身に中国の問題点を語らせる「内在的」批判
として成功している点で、稀有な中国社会論になっています。

いちばん重要なのは第四章で、中国政府と国民が「皇帝」と「愚民」という共犯関係で
既得権益者となった中間層を守る社会を作り上げていることが説明されています。

中国社会が問題を抱えているのは、「西側のような自由主義国家ではないから」ではなく
中国社会自身の(数千年前からの)構造なわけです。

でも実は同じことが日本社会にも言えます。日本でも「お上任せ」の国民と「おせっかい」な
政府という、中国と似た共犯関係で、既得権益を温存する社会が維持されていますよね。

このように、その社会自身に問題を語らせる「内在的」批判は、どの国の社会にも
応用できるところが優れています。これが、本書の中国論の画期的なところです。

なので、人気漫画家・辣椒さんは、強烈な愛国者であるからこそ、日本での
半・亡命状態に追い込まれてまで、自国政府を批判し続けてるという、日本の
右派から見るとおかしなことになります。
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック