¥ 842
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書) 新書 – 2017/2/2

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1,072

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)
  • +
  • ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東大生の3人に1人は公文式に通っていたという調査結果がある。著者がかつて行ったインタビューでは、偏差値最高峰の東大医学部生の3人に2人が公文式の出身だった。これは何を意味するのか?
斬新な視点から数々の学校や塾を論じてきた教育ジャーナリストが、本書では「どうして公文式で学力が伸びるのか?」「どんどん進む子とやめてしまう子の違いは何か?」に切り込んだ。
水色の「KUMON」の看板は、日本全国どこの街でも見ることができる。評判は海を渡り、今や49の国や地域にまで 教室が広がっている。世界で最も有名な学習メソッドの強さの秘密と意外な弱点が、今、明らかになる。

【目次】

第1章・東大生の3人に1人は公文式出身
第2章・なぜ月6000円で学力が伸びるのか?
第3章・1枚のルーズリーフから始まった
第4章・速く進む子と続かない子の差は何か?
第5章・つるかめ算は本当に不要なのか?

内容(「BOOK」データベースより)

東大生の3人に1人は公文式に通っていたという調査結果がある。著者がかつて行なったインタビューでは、偏差値最高峰の東大医学部生の3人に2人が公文式の出身だった。これは何を意味するのか?これまで斬新な視点から数々の学校や塾を論じてきた教育ジャーナリストが、本書では公文式に焦点を当て、「なぜ学力が伸びるのか?」「どんどん進む子とやめてしまう子の違いは何か?」に切り込んだ。「KUMON」の水色の看板は、日本全国どこの街でも見ることができる。評判は海を渡り、今や49の国や地域にまで教室が広がっている。世界で最も有名な学習メソッドの強さの秘密と意外な弱点が、今、明らかになる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 209ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2017/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396114958
  • ISBN-13: 978-4396114954
  • 発売日: 2017/2/2
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,291位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 スカラベ トップ100レビュアー 投稿日 2017/2/9
形式: 新書
 この本によれば東大生には公文式の経験者が多いそうだ。だからといって公文式を
やっていれば皆東大に入れるとは限らない。現に私のファミリーでは5人も小学生の
時に公文をやったが誰も東大に入れなかった。(まあ私の血をひいているから当然と
言えば当然である。)公文の教室に通ったのもなにか目的があったからではない。
すぐ近くに公文教室があったから。月謝は安いし友達も行っているし親として積極的に
すすめたわけでもない。この本で公文の教室が全国の小学校の数とおなじくらいある
ことを知った。だらだら遊ぶより公文にでも行ったらという感じだったと思う。
親はほとんどなにも干渉しなかった。そしていつしか小学生高学年あたりで、公文の
繰り返し計算に飽いて、宿題が貯まって苦痛を感じるようになって皆止めていった。
効果はあったんだろうか。少ない母集団ではあるが、粘った子は(つまり長期間通った
子は)相対的にいい大学に入っている。そういう意味では効果があったんじゃないか
と思う。

 当書を読んで私は公文の本質をなにも理解していなかったことに気づかされた。
保護者として考慮すべきことを何もやっていなかった。ホゾを噛んでもあとの祭り。
まず、公文の教室では「なにも
...続きを読む ›
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「東大生の3分の1はKUMONをやっていた」…。なるほど、引きの強いコピーですね。
「教えないというやり方をとる教室」「常にちょっとしんどいくらいの負荷を与える=ちょうどの学習」「ビッグデータ解析で教材を改定」…。
「現役東大生座談会」に「自分で答にたどり着く教材プリントの仕組みの具体例」「教室で行われることの詳細」など
非常に具体的な記述が続きます。決して褒めてばかりではない語りには一定の説得力があると思います。
ただ、創業者とその長男の話とかの企業紹介っぽいくだりは必要なかったのでは。話があちこちに跳ぶのでちょっと読みにくさはあります。
公文式は「競合はない」というスタンスを貫いている(他に合わせて自分を変えることはせず独自のメソッドと目標を追求する)という一行には納得。
この1冊で子どもに公文式に通わせるかどうか決めるのは微妙かもしれませんが参考にはなると思います。
でも結局合うか合わないかはやってみないとわからないという事ですね。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
まだこの本を読んでいません。
小学生前から中学くらいまで公文の国語・数学を主にやっていました。途中から多忙で止めたものの、大体4学年先の速さでやっていました。こと代数については異常なほど早くて正確な力がつき、その余裕で幾何の問題を考える時間があって、エスカレーター式の私立校でも東大数学塾のトップクラスに入れたし、センターも満点狙いで185点で、頭の回転力と確信的自信がついたと思います。国語もほとんど勉強せずとも偏差値60以上はありました。家庭の事情で東大受験は当時挫折しました。しかし、今20年以上経ち、時を得て東大再受験するに決意しました。しかし、どこから始めようか目処がつかず、過去問を眺めても、懐かしさは巡るものの全く手が付きようもなく、固まってしまいました。そこで、一か八か体験学習に申し込み、テストを受けると、あまりの自分の硬直ぶりに唖然としたばかりです。事故車を車よけに止めておいて錆びついて動かなくなってしまったかの様でした。市販の教材にすべきか迷いつつ、とにかく数学を学習開始。H教材からの屈辱的悔しいスタートですが、3回ぐらいで200枚終わらしたら、手も動く様になり、脳味噌の冬眠させてた回路が温まってきた気がします。
恐らく、学力の基礎という点では、公文は最強だと思います。いつでもどこでも出来ますし、あの達成感の連続は何物にも代え難い。間違い直しが大嫌い
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
僕は現在小学校1年生の娘を持つ。娘は2016年3月に本格的に公文式(算数・国語)の学習を開始したが、僅か1年後の2017年2月、①公文算数F教材(=小6)の終了テストに合格、また、②漢字検定7級(=小4)にも合格した。娘の進度は決して早くない。なにしろ、娘よりも進んでいる小1は、全国に少なくとも1,000人はいるのだから。

僕は、2016年3月以後、娘の日々の学習をマネジメントすると共に、記録・分析し、PDCAサイクルを回してきた。公文式の強みと弱みを把握しつつある今、本書が2017年2月に出版され、手にとった次第である。

結論として、本書は良書である。

公文式の歴史、思想、強みと弱み、そして「アンチ公文式」を標榜する他学習塾についても、おおたとしまさ氏の取材に基づく一次情報に対して、独自の考察が加えられている。公文式については宗教論(=是か非か)に近い書籍が多い中、本書は客観的な視点から執筆されている。これから公文式教室に通うことを検討している方、現在通っているが結果が出ていない方、今後の学習スケジュールを立案したい方(僕もその一人である)は、目を通しておく価値がある。

尚、本書において一点残念なのが、取材により公文式の有効活用には「親の支援が不可欠であること」(p.165)という事実を認識し
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告