この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


なぜ、就業規則を変えると会社は儲かるのか?―ヒト・モノ・カネを最大に活かす6つのヒント 単行本 – 2005/8

5つ星のうち3.4 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥11,761 ¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ヘタな財務戦略やマーケティング手法より手軽で効果抜群!ムダな出費を抑えて売上げを伸ばす方法、教えます。

抜粋

ある会社は何の戦略もなしに「同業他社が導入しているから」という理由だけで導入した「フレックスタイム制」が業績停滞の原因となっていた。これを廃止したら、なかなか超えられなかった年商10億円の壁を突破できた。
あるいは、「有給休暇」の整備で従業員の不満を取り除いたことによって、結果的に今期最高益をもくろむ小売業の例などもある。
さらに細かいところでいけば、就業規則の整備で「残業代」の時間単価が合法的に下がったり、この本では紹介しないが、「離職率」が下がったことで採用コストが圧縮できた例など、数えきれないほどの実例がある。
何もこれは特別な会社の事例ではない。
これらの会社は、「就業規則を活用して、もっと儲けて従業員も会社もハッピーになろう!」という想いのもと、先ほど説明した6つの視点をクリアすることを目的として就業規則をつくりあげたにすぎない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 250ページ
  • 出版社: 大和出版 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4804716769
  • ISBN-13: 978-4804716763
  • 発売日: 2005/08
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,122位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
評価の数 4
星5つ
32%
星4つ
39%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
29%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件のカスタマーレビュー

2014年2月19日
形式: 単行本Amazonで購入
2005年8月17日
形式: 単行本Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年12月10日
形式: 単行本Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年8月31日
形式: 単行本
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告