通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 e.style東京
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

なぜ、子どもはピーマンが嫌いなのか?―まくうち流70点の食育講座 (西日本新聞ブックレット―シリーズ・食卓の向こう側) 単行本 – 2010/3/8

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ、子どもはピーマンが嫌いなのか?―まくうち流70点の食育講座 (西日本新聞ブックレット―シリーズ・食卓の向こう側)
  • +
  • じょうぶな子どもをつくる基本食 (講談社+α文庫)
総額: ¥1,564
ポイントの合計: 8pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

著者は、実践的な食養生の第一人者である管理栄養士、幕内秀夫さん。「『子どもが野菜を食べてくれない』という母親の相談が多い。そんな悩みの解決の糸口になれば」と企画、出版しました。  本書では、「親は、不必要な情報に振り回されず、『偏食』や『栄養バランス』の間違った解釈にも気付いてほしい。嫌いな野菜を無理に食べさせる必要はない」と指摘。「子どもが嫌いな野菜の代表格であるピーマン」を題材に、子どもと大人の食性の違いを解説しながら、母親らが肩の力を抜いて、楽しく食事作りに向き合える「まくうち流 基本の5か条」などを提案します。巻末には、牛乳や野菜ジュース、お菓子についての疑問に答えるQ&Aも収録。

内容(「BOOK」データベースより)

頑張って、食べさせなくてもいいんです。「お金」も「気合い」も「時間」もかけずに家族の心と体が元気になる「まくうち流70点の食育講座」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 122ページ
  • 出版社: 西日本新聞社 (2010/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4816708065
  • ISBN-13: 978-4816708060
  • 発売日: 2010/3/8
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 242,273位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
幕内さんの本は何冊かもっていますが、ママ友に一番人気がある本です。

イラストがかわいいことや、内容もQ&A方式になっていて、初めて「幕内節」を読む方にはわかりやすくまとめてあると思います。

ピーマンは無理に食べさせなくてよかったんだ!という目から鱗な話は、離乳食を始めたママたちや、まさにピーマンと格闘しているママたちに読んで楽になってもらいたい内容です。

食育をテーマにした通信教育のパンフレットを見たことがありますが、ピーマンを一度ゆでて、刻んで炒めて・・・とものすごい手のかけように驚きました。ここまでして食べてもらわなきゃいけないものなの?と。

私自身、子供たちのその時の体調、月齢によって、その食材を食べたり食べなかったりという変化を目にしているので、心を広くもって「きっと、理由があって食べないんでしょ。」とおおらかに対処しています。

そんな私の食育を、この本は肯定して応援してもらっている感じがします。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んで私は気が重くなった。
だってよほど気をつけて子育てをしないと著者が否定する3つのトリオ(うまみ、油、砂糖)まみれになる時代だから。乳幼児くらいまでは自分の家の努力だけで、これら3つのトリオを避けられることはできるけれど、保育園に行き出したり(よほどこだわった保育園でないと)友達と遊び出したりすると、それらを避けるのはかなりのイバラの道になるから、、、。

ピーマンなど野菜を食べなくても別にいい、お米を中心にシンプルなメニューでいい、などもちろん心が軽くなるアドバイスも多いのだけど、なかなか実践するのにハードだな、というのが正直な感想。でも、知っておいた方がいいことがしっかり書かれている良書であることは間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
地域である食育講座などでは必ずといっていいほど、子どもに野菜を食べさせる大切さが言われます。
私も、なんとか子どもに苦手野菜でも食べさせないと・・・と頑張ってきました。
もちろん、子どもの健康を考えて、そうしなければならないと思ってのことでした。

ところが!!! この本を読んで、すごく頑張り所を間違えていたんだなあっと気づけました。
うちの子も、ご飯は大好きでよく食べます。それが、子どもにとって一番大切なことなのに、「ご飯はもういいから、このお野菜食べなさい」って言ってきたことを反省・・・。
子どもの健康的な本能を邪魔しないように、これからは向き合っていこうと思います。

本を読んで、お弁当作りも気楽になりました。半分以上、ご飯を詰めていいんだなって。
「大人と子どもは違う生き物」という話も、すごく納得できました。

何より、子育て中はじっくり本を読む時間もないのですが、この本のいいところは、すごくかわいいイラストがたくさんあること。本を読むのが早くない私ですが、すいすい読めて、内容もよく理解できました。

友人にも勧めようと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 腐乱 投稿日 2015/7/21
形式: 単行本 Amazonで購入
面白い内容です。文章も平易で子供でも十分理解できるように書いてあります。平均的な学力をお持ちの、小学校高学年のお子さんなら、問題なく、読めると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告