Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400

¥ 112の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[南雲吉則]のなぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか? カリスマ外科医が教える脳と心の使い方
Kindle App Ad

なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか? カリスマ外科医が教える脳と心の使い方 Kindle版

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 879

商品の説明

内容紹介

手術という「間違いの許されない仕事」を日々続けるカリスマ外科医が教える集中力を高める極意。甘いものや、昼ご飯、質の悪い油、コーヒーは、集中力の敵! 集中力が高まれば記憶力もアップ。ひらめきが生まれる!

内容(「BOOK」データベースより)

医学的に正しいルーティンで「集中力」を高める。60歳なのに30代に見える医師の超効率的仕事術。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3237 KB
  • 紙の本の長さ: 130 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2016/3/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01C56STBI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 43,321位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
乳腺外科医である著者は、3時に起きて夜9時に寝る生活を続けているという。一日一食を実践し、経営や厳しい手術を行いながら、早朝に執筆活動を行っている。集中を阻害する食習慣や、食に関する常識をひとつひとつ覆していく文章には、自らの行動に裏付けされた説得力がある。飲食品を扱う会社が読んだら卒倒ものかもしれないが、毒になることが多い食品について丁寧に解説をしている。生活をシンプルにしたり、整理整頓を習慣づける、ネットに依存しないなど、普通のことを普通に説いているようにも見えるが、60歳を超えた著者から語られると重みがある。再読を重ねて集中力を身に着けたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
集中力を持続させる方法を知りたくて、購入しました。目次を見ているだけでも、ワクワクします。
夕飯食べてすぐ寝てもいい!?なんて、驚きでしたが、ストレスから解放されました。早朝を調査研究の時間にしたいと思っていたのですが、晩飯後2,3時間寝れないのなら、早寝ができません。ところが、南雲先生の理論に納得して、超早寝、超早起きして、夜明け前からのゴールデンタイムを徐々に活用できるようになりました。忙しくて(実際普通忙しい人より忙しいと自他共に認める生活)、なかなか時間が取れない!なんて、言い訳だーと、今ははっきり思います!! 一日の活動開始前に、すべての準備が終わっていて、気分爽快!気力充実! 
と言っても、私の生活は不規則なので、就寝時間は8時から12時の間、起きるのも、2時から6の間と、とっても柔軟です。時間にも気持ちにも、余裕が出ました。1日24時間の活用の仕方って、無限にあるんだなあとさえ感じています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
一般常識とはかけ離れているが、パフォーマンスを出すための著者なりのわざとその理由を紹介している。
食べたら寝ると太るから良くないと言われるが、著者は太るというのは消化吸収が良くなるということだから、むしろそれが人間としては正しいという。
著者は1日1食しか取らず、その1食を撮った後にすぐ寝るとのこと。

かつては朝早くから働いていたので昼ごはんが必要であったが、現代の日本では出社時間が9時過ぎと遅く、労働内容もデスクワークであるにも関わらず、12時に昼食を摂るのは明らかに栄養過多だと著者は言う。
3時間しか働いていないのに、昼休みの時間だからという理由で集中力を途切れさせるのは明らかに効率が悪いと。
確かにそうかもしれないなと。昼休みの後は眠くなるし、効率が落ちるからあまり食べないという人も聞いたことがある。

集中力を途切れさせない食事に興味がある方におすすめ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
一流の人は自分のことを一流とは言いません。そして嘘つくしかない奴を一流などとは言いたくありません。以上。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover