通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
なぜ、マーガリンは体に悪いのか? (廣済堂健康人新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■丁寧にクリーニングしています。若干の使用感 経年劣化 軽度の 色褪 変色 傷 汚れ 破れやページに書き込みなどがある場合がございます。また 帯はついておりませんが おおむねきれいな状態です■アマゾン倉庫より発送の場合は送料込み、弊社より発送の場合は紙袋とビニールの簡易包装、手数料257円となります■万が一不備があったときは速やかに返品、返金対応いたしますので安心してお買い求めください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なぜ、マーガリンは体に悪いのか? (廣済堂健康人新書) 新書 – 2015/3/26

5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 21
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なぜ、マーガリンは体に悪いのか? (廣済堂健康人新書)
  • +
  • 細胞から元気になる食事 (新潮文庫)
  • +
  • 「食」を変えれば人生が変わる (河出文庫 や 22-1)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2013年11月、米国で、トランス脂肪酸に安全が認められないという決定が下された。トランス脂肪酸はマーガリンなどに大量に含まれ、心身のあらゆる健康問題を招く。日本では、積極的な対策を進める世界各国に大きく後れをとっており、市販されている食品の多くがトランス脂肪酸まみれになっている。そこで、著者がトランス脂肪酸の恐ろしさや、他にも身近にある有害物質について、警鐘を鳴らす。健康になるための賢い食べ方も掲載。

出版社からのコメント

2015年6月、ついに米国のFDAがトランス脂肪酸の全廃を発表!<br/> この本には、トランス脂肪酸の害や、そこから身を守る方法などが詳しく書かれています!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 廣済堂出版 (2015/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4331519260
  • ISBN-13: 978-4331519264
  • 発売日: 2015/3/26
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
山田先生の書籍は何冊も読んでいますが、お勧めTOP3には入る良書だと思いました。

山田先生の油についての知識の豊富さについて脱帽!他のどの先生も遠くおよびません。
油について勉強したいと思われる方には必読です。

私自身、山田先生の書籍に出会うまで、油の摂り方についてはまったくの無知であったのですが、
高オメガ3、低オメガ6、トランス脂肪酸拒否の生活をするようになって、体質が改善しました。
10年来の便秘が治りましたし、重度の花粉症も緩和されました。極度の冷え性であったのですが、
ここ数年はその症状を感じません。また、目覚めもよくなった気がします。

他の方がマーガリンがなぜ体に悪いのかが、分からずじまいで終わってしまったと書いていましたが、
油については多少の予備知識がないと、初めて出会うような専門用語が多いので、すっと入ってはこないと思いますし、
1回読んだだけじゃ理解できなくても仕方がないです。

ただ、どれだけ難しくても、油を知ることは自分の健康のためには必要です!
こちらの本は大変理解しやすく、かみ砕いて書いてくれていると思います。何度も読み込み、理解してほしいなと思います。
油については無頓着な日本が少しでもよくなれば本当にうれしいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
全体的な印象としては、今まで以上の油の話はもちろん、
メッセージ性もとても強く、さまざまな事例や例え話が豊富で
読んでいて心を打たれ、強く感動しました。

山田先生の本は何冊か読みましたが、
今までの最高傑作であると感じました。

前作の食べ方事典はどちらかというと「事典」ゆえの丁寧さや
整理された印象がありましたが、今回の本は近況やメッセージ性が
とても強く、ブラッシュアップがふんだんに盛り込まれていたように感じます。

特に油の部分は新しい知識も多く、たとえば、
「水素添加にニッケル触媒」「様々な訴訟問題(ケンタッキーなど)」
「メディア対策(時間帯により放映しない等」「ソーダ税」等。
特に圧巻は牛乳がらみですが、99~100ページ。キーワードは
川崎市の精子、不育症、和食、門川京都市長、文科省へのインタビュー、
三条市の取り組み、栄養士会の猛反対、しかし市民はいやがっている、
GFCF、隠れ牛乳アレルギー、その給食を作る側も「有害物質」である、等。

あと糖質制限、1.5食、4つの休息、あたりがとても印象的で、
書ききれないほどに多岐に渡り濃厚な情報が詰まっていると感じました。<
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
トランス脂肪酸を過剰摂取すると動脈硬化を促進させ、それに伴う心臓疾患や脳血管障害を起こすそうです。最新の研究では、記憶力が低下する傾向にあることが報告されています。
だからこそ、受験勉強をしている子供たちには、マックではなく魚を食べることをオススメしたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「亜麻仁油」「サプリメント」を積極的に摂取して、ポジティブな心を持てば
無敵です!という結論に最後は導かれて行ってしまう。怖がらせて買わせる
商法ではないかという疑いすら浮かぶ。

トランス脂肪酸の安全性を疑う第1章、その他の有害物質について書かれた
第2章には、同意できる部分が多いのに、残念だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
トーストパンマーガリンぬりたぐってこんがりはものすごくプラスティックがこげたにおい毒だよねトランス脂肪酸はマーガリンなどに大量に含まれ、心身のあらゆる健康問題を招く。日本では、積極的な対策を進める世界各国に大きく後れをとっており、市販されている食品の多くがトランス脂肪酸まみれになっている。そこで、著者がトランス脂肪酸の恐ろしさや、他にも身近にある有害物質について、警鐘を鳴らす
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
喘息っ子で産まれ、夜になると、背中掻いて…と、痒い痒いと言っていた子供時代…治るとか、治したいとか、そんな発想はなく、これが私…と、受け入れていた。

成人になっても箸が使えなかった。
なぜか?要らなかったからです。
好き嫌いが多く、パンにマーガリン、フランスパン、ポテトチップス、カールetcパンとお菓子以外食べたくない。時々オムライス、カレー、シチューなら食べる…スプーンと手で食べる食生活。

現代っ子は、これが普通になっているけど、私の子供の頃は、異常な食生活。

20年前に整合医学に出会い、食べた物が私たちの体を作る…

なんと!こんな当然の事が当時は衝撃的だった。

これが治るの?

23才の女にとって、掻きむしって汚い皮膚がきれいになったり、浮腫でパンパンの手足が細くなる!
健康なんて興味ない!ただ、キレイになりたかっただけ。

結果、一ヶ月間の死にそうな好転反応に苦しんだ後、20年間、喘息は出ていない…

悪さが続くと、時々痒くはなるけど、すぐに治まる。
これは、体から、食べちゃダメ~の合図だと思っているので、ブレーキかけてくれる体に感謝。

世の中には
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー