Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,380

¥ 110の割引 (7%)

ポイント : 126pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[中島聡]のなぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である
Kindle App Ad

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である Kindle版

5つ星のうち 4.0 143件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,380

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【世界を一変させたWindows95の設計思想を生み出した伝説の日本人が教える 人生を制するスピード仕事術】

本書の著者、中島聡氏は、
「ドラッグ&ドロップ」や「ダブルクリック」などの概念を生み出した
元マイクロソフトの伝説のプログラマーです。

多忙を極め、納期遅れが蔓延するプログラマーの世界で、
中島氏は「一度も納期に遅れたことがない男」として活躍。

なぜ締め切りを守りつつ、世界を変える発明ができたのか?

この思考を知れば、きっと「楽しい仕事」でいっぱいの未来が訪れます。

出版社からのコメント

今日も残業だ
仕事が終わらない
また先送りしてしまった
やりたいことが全然できない
もっと効率的な方法があるんじゃないか

そんなことで、日々悩んでいるみなさんに朗報です。
この本は、
「好きなことに思いっきり向き合う」
ための時間術の本です。

・遅い天才より、速い凡人がトップに立つ
・3500個の不具合があっても、世界は変えられる
・2:8の法則が、あなたの仕事を変えていく
・石膏像を掘るとき、「眉毛」から始める人はいない
・最強の昼寝は、18分
・あなたの仕事は、規則を守ることではない
・待ち合わせ30分前に、スタバでコーヒーを飲め

著者が40年かけて実践してきた時間術を、一冊に凝縮。

もし今、時間に縛られて、
人生を楽しめていない、と感じている方は
ぜひ、この本を最後まで読んでみてください。

明日の朝起きたら、今までのあなたとはまったく違う
新しい人生が始まります。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4253 KB
  • 紙の本の長さ: 157 ページ
  • 出版社: 文響社 (2016/6/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GPCKJWK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 143件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,482位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
『◯月◯日までにこれをやっといて』
上司からそう言われて簡単に終わると思ったら思いの外時間がかかり、
締切ギリギリには残業し、徹夜したのに期日を過ぎてしまう。

何度もそんなことを繰り返すうちに、
『どうして俺はスケジュールを守れないんだろう。。』
『がんばっているのに仕事が終わらないのはなんでだろう。。』
と仕事への自信の無さにつながり、自分への自信も失い、上司からの信頼も落ちていく。。

この本のターゲットは、まさにそんな方々です。
そのため、上司を『クライアント』と置き換えれば、フリーランスのデザイナーやコンサルタントなどの仕事の方が読まれても、
多くの気づきを得られるでしょう。

本書を要約すると以下のとおりです。

原因:仕事のスケジュールが守れないのは、日程の見積もりが甘いから
ではどうすべきか↓
対策:まずは難易度の高い仕事に取り組かかってみてから日程の見積もりを行う

原因:ダラダラと仕事に取り組んでしまうから
ではどうすべきか↓
対策1:1日を3つに区分してメリハリを持って仕事に取り組む
対策2:上司から最初に言われた期間の2割の期間を使って30倍
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「これは普通のサラリーマンには向かないな」という部分と「こういう考え方はありだな」と思えるところ、それぞれありました。
例えば、著者はマルチタスクを否定しており、仕事が重なる場合は仕事を横に切り分けて対応する、といったことが書かれれています。ただ、これは結局は普通のマルチタスクでしかなく、これといった処方箋とは言えないと感じました(本当の意味での同時進行などは人間の脳では無理でしょうし)。
また、前半で一気に片付け、後半は均(なら)しで進めることが進められており、実際にそうしたいなと共感できる一方、日本企業は常に働いていることを求めるため、「だったらもっと仕事できるだろ」というオチになってしまう可能性・危険性が高いと感じます。
ただ、いかにして問題をシンプルにするか、早めにプロトタイプを作ってしまう、というところはその通りだと思うし、あとはそれをどのようにして仕事の中に活かすか、という、個々人の状況に応じた対応になってくると思います。
そのまま鵜呑みにするのではなく一つの考え方として参考にする分には、よくわからない漠然とした時間術の本よりはよほど参考になると感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
安易な仕事術だの効率アップだの主張する書籍が多いですが、著者の中島さんは、経験に基づいて構築された仕事術を通して人生論を語ってくれます。主張から思想がにじみ出る方は人間・人生に厚みがあると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本物はこうでなくちゃと思わず納得した。
チマチマ仕事をして、残業が多いとか、休みがないとか不満ばかり言っているような人は本書を読んで、自分の仕事の仕方を振り返ってみるといいだろう。
働き方改革で、生産性を上げないといけないと本気で考える人にもおすすめ。
とても参考になった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
大変為になりました。今年の春から違う仕事に就く予定なのですが、今の自分に必要な具体的な方法論から人生観まで触れられていて、出会えてよかったと思いました。時間の使い方か下手だとわかっていても自分ではどうしたら良いのかわからないまま何十年と生きてきたので、この本を道しるべとして実践して行きたいと思います。
私は水辺に連れて行かれた馬なんですね。水辺飲まなきゃ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
あまりにもひどい内容でびっくりした
過去の栄光 自己陶酔した自慢話をひたすら紹介しその後元部下の駄目だしと吊し上げが始まります
そしてやっと実践に入っていくわけですが、ラストがヒドいにもほどがある。

第一章ではアメリカで働いてていて、アメリカ人の働き方は早朝から働き、夕方には帰宅することで家族サービスを大事にするのに対して、日本人はダラダラ働いてることに対する批判。 アメリカ式のほうが効率がいい。ここは共感できます。
しかし、最後になると夜から準備して次の日の仕事のことを考えろとか休み返上でとにかく仕事に夢中になれば良いと書かれている。

これでは最初に賞賛していたアメリカ人の働き方とは全く違う、ただの仕事しか考えていない社畜魂を鍛えるだけの内容になってしまっている。

この本の通りにすれば自分の時間を全て犠牲にして仕事一筋になれるかもしれない

しかし家庭や友人、そしてプライベートという貴重な時間を失い、人生は仕事だけしかしなかったという老後になるだろう

部下の駄目だしについてもヒドい。やれもしないスケジュールを組んだ部下に絶対その納期じゃできないことをわかっていながら、ひたすらやらせて、3ヶ月間放置の上、叱った挙句  効率悪くて使えない人間だった
...続きを読む ›
1 コメント 365人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す