この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

なごり雪 デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:14¥ 4,370より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 三浦友和, 須藤温子, 細山田隆人, 反田孝幸, 長澤まさみ
  • 監督: 大林宣彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2003/09/10
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000ABAVF
  • EAN: 4988102915513
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 78,994位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

フォークソングの名曲「なごり雪」をモチーフに、大林宣彦監督が中年男の青春の思い出を描いたラブストーリー。三浦友和、須藤温子ほか出演。

レビュー

監督・脚本: 大林宣彦 脚本: 南柱根 音楽: 學草太郎/山下康介/伊勢正三 出演: 三浦友和/須藤温子/宝生舞/ベンガル/細山田隆人/反田孝幸/長澤まさみ/津島恵子/左時枝
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 マサ熊 投稿日 2009/12/1
この作品はセリフの棒読みが多いが私はそれこそが作品の魅力に思えてならない。棒読みセリフの一つ一つが心に沁みる。
演技が下手との批判があるが、本当に見る目がない。そんな人は流行りの映画だけ見てればいい。
それに、不自然なシーンが多いとの声もあるがそうだろうか?私は不自然でいいと思うし、必然的に不自然になることも十分ある。
単なる純愛ではない、深い闇を抱えた恋愛を見事に映し出した作品。最近みた映画の中では一番心に残った素晴らしい映画だった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/1/18
50歳に近づいてくると、誰もが生まれた故郷の景色を思い出すのでしょうね。田舎暮らしを捨てて都会の刺激に染まってしまった我が身を振り返り「これでよかったんだろうか?」そんな思いが、過去を振り返らせるのでしょうか。若い時分の、都会暮らしの誇らしい気持ちがやがて故郷を旅先のように感じられてゆき、自分が故郷から見捨てられゆくような思い。同郷の人にあった時、思い出の中の故郷が突然現実になったり。この映画は、言葉に置き換えることの出来ないような、故郷への愛情、初恋の思い出、犯してしまった悔い、生命に対する感謝といった気持ちを想起させてくれます。静かで、綺麗な映画です。それに、日本映画独特のセリフ回し、小津安二郎作品のようです。大林監督の気持ちが十分に伝わってきました。素晴らしいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rio 投稿日 2006/1/26
上のみなさんの感想を見ると棒読み、方言じゃない、演技に魅力がない

など不自然でがっかりした人もいるみたいですね。

大林宣彦さんは本当すごい人だ。映画だけ見ると不自然の集合映画だと思います。

多くの人がリアリティを求め、不自然をおかしいとする概念に捉われ過ぎてる。

大林さんの著書に目を通して、この人の感性、考え、世界がどれだけ

すさまじいか触れてから映画を見ればまったく変わるでしょう、

その上で好き嫌いが真っ二つになる監督だと思います。

棒読みも、言語も、演技も全体の不自然さ・違和感も全てわざとです。

大林ワールドと言えば不思議でなつかしい雰囲気。その裏の、人も家族もとても脆く儚い

絶望にも似た闇があって初めて相対的に青春のノスタルジックな世界が成立するという

大林映画の本質がよく見える作品。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この大林映画を本当の意味で理解するには、監督自らが言っているように50歳という年齢が必要だろう。若い層の人間には理解できない、その年齢になって初めて理解しえるものが潜んでいる。そういう意味でこの映画の評価は二分されるだろう。私まこの年齢に達して初めてこの大林映画の本質を知ることができた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
駅、それは出会いと別れの舞台であり、人生と心の交差点でもある。そこで最後に残るのは、どうしようもない寂しさだ。
臼杵という美しく叙情的な街と小さな駅を舞台にはかなく、やるせない恋と心の謎を28年の時間を超えて描くノスタルジックなラブストーリー。全編に美しい映像と音楽が満ち溢れている。
ヒロイン雪子が、恋する人に想いをこめて語る名付け親である祖母と「雪子」の由来の話が、皮肉な形で輪廻するところが悲しすぎる。雪子の娘である夏帆には、この悲しい輪廻から抜け出してほしいと願わざるを得ない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/10
観るたびに、雪子の想いがとても切なく感じます。雪子役の須藤さんは本当にいいですね。はまり役でした。何度か観てると雪子の微妙な表情の変化にもとても気を使っています。ストーリーの中で雪子はとてもつらい恋をしてますが、そのぶんエンドロールで雪子が微笑む姿(4人が歩いてくるところ)がとても印象的で美しく感じました。
監督のおっしゃる通り不自然な部分の多い映画ですが、だからこそ雪子の一途な想いがひしひしと伝わってくるのではないでしょうか…。もちろん他の俳優さんの演技もお見事でした。胸がいっぱいになる映画です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大林宣彦の体験的仕事論 (PHP新書) を読み、大林監督と臼杵市長の対話の中身を知りその関連で映画自体にも興味が出たので観ました。

せりふがわざと棒読みになるよう演出されていることを知らなかったのでとまどいながら観ていました。一方で臼杵の街は古い日本を思いおこさせてくれると同時に自分にとっての原風景と重なる部分があるものだと感じいりながら見終わりました。

28年前の自分と今の自分。都会と農村。初恋の思いで。親友との思いのすれちがいと交わり。ある時点での正しいと思った判断が永遠に正しいとは限らないこと。理想と現実。現実にあらがえない自分という存在。等々いろいろなことを考えさせてくれた作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック