通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ないたあかおに (ワンダーおはなし絵本) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙カバーA、裁断面A、本文使用感A、全体的にとてもキレイです。《A キレイ、B 問題ナシ、C 気になる、D 問題アリ(原則販売致しません)。》特段記載のない場合は帯や特典(初回特典含む)、その他付属品等は無いものとお考えください。丁寧に検品をしてから出荷しておりますが、まれにチェック漏れによる書き込みやキズ等がある場合がございます。表記したコンディション評価と大幅に異なる点がある場合や、ご想像の状態と大幅に異なる場合がございましたら、ご連絡ください。弊社返品規定に則り、、誠意をもって速やかに返金対応、保証対応とさせて頂きます。【その他ご案内】まれに併売商品の為、在庫切れになってしまう場合がございます。その際は、大変申し訳ございませんがキャンセルとさせていただきます。【商品管理ご案内】出荷ミス防止の為、商品にキレイに剥がせる3cm程の管理シールが張ってございます。【発送ご案内】ご注文確定次第、丁寧に梱包し原則24時間以内に出荷致します。【商品管理番号】170414bthe094090
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ないたあかおに (ワンダーおはなし絵本) 大型本 – 2003/1/1

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 230
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ないたあかおに (ワンダーおはなし絵本)
  • +
  • ないた あかおに (絵本・日本むかし話)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

浜田広介氏がちいさな子どもたちのために書いた、文章量の少ない「ないたあかおに」の原稿にもとづいて作成。

内容(「MARC」データベースより)

赤鬼は、人間たちのなかまになって、なかよく暮らしたいと思いました。家の前に「どなたでもおいでください」という立て札を立てますが誰も来ません。なかまの青鬼のおかげで、人間たちと友だちになれたのですが…。再刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 28ページ
  • 出版社: 世界文化社 (2003/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4418038035
  • ISBN-13: 978-4418038039
  • 発売日: 2003/1/1
  • 梱包サイズ: 23.4 x 21.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 606,353位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
絵本
子供の頃に読んだ「泣いた赤鬼」、5月の連休の母との最後の故郷への旅の夜、NHKのなんて言う番組だったのかなぁ?歌手のさだまさしさんと鶴瓶さんが山形県高畠町を訪ねていく番組があって・・・・・。
その時、「ないたあかおに」の童話作家、濱田廣介の記念館の紹介があって・・・・、「あぁ懐かしいなぁ!子供の頃にちょっと感動した作品だったなぁ!」と、思ったりしたのでした。
何となく読み返してみたくなって探してみたのですが、なかなか無くて最近ようやく発行が決まったみたいなので早速買って読みました。
 岩本康之介というかたの絵もきれいで素敵です。この絵本は古書には出さずに大事に時々読み返したいですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
3月いっぱいでお引越しとなることを伝えた矢先のことです。

・・・幼稚園で購入1冊の本を絵本バックに入れて降園してきました。
それがこの「ないたあかおに」です。2つ年上の娘が「うわー、この本かわいい絵だね。」と言うのでさっそく読んであげました。
すると最後の場面でヒックヒックと聞こえてきて「どうしたの?」と聞くと息子が「りゅうのすけくんが赤鬼で、ぼくが遠くにいっちゃう青鬼みたいで・・。
お引越ししたら遠くなっちゃうし、もう会えなくなっちゃうのかな?って思って・・。ぼくやっぱりお引越しなんかしたくないよー。ずっと今の
幼稚園に行きたいよー。泣く泣く泣く・・号泣」でした。
上の娘が、「ひろくん、りゅうのすけくんのこと大好きなんだね。りゅうのすけくんとは大人になっても ずっと友達だよ。りゅうのすけくんもきっとひろくんのこと大事だと思ってくれてるよお〜。(泣く)」・・・私までもらい泣きしました。
心温まる一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
昔読んだことはありましたが、内容ははっきりとは覚えていませんでした。
仕事の関係で絵本を探していたところ、この本をみつけ、泣けるとのコメントを読んで、購入しました。
思いやりの心を書いたお話ですが、ハッピーエンドではないので、感動ではなく、悲しい気持ちになりました。
悲しいけれど、相手を想うからこその行動。
失って初めて気づく、大切なこと。
いろいろ考えさせられるお話です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す