通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ど根性ガエルの娘 1 (ヤングアニマルコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ど根性ガエルの娘 1 (ヤングアニマルコミックス) コミック – 2017/2/17

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック, 2017/2/17
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 553
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ど根性ガエルの娘 1 (ヤングアニマルコミックス)
  • +
  • ど根性ガエルの娘 2 (ヤングアニマルコミックス)
  • +
  • ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)
総額: ¥1,966
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

お父さんは大ヒット漫画家で、家族をめちゃくちゃにした人。「ど根性ガエル」の作者・吉沢やすみは大スランプに陥り、ギャンブル、DV、娘の財布からお金を盗む、失踪、そしてビルの屋上から…。衝撃の家族エピソードを実娘が描く、家族崩壊の第1巻。
2017年2月刊。


登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 白泉社 (2017/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592147960
  • ISBN-13: 978-4592147961
  • 発売日: 2017/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
吾妻ひでお氏の『失踪日記』の大ヒットの後、雨後の竹の子のように一気に増えた、没落した漫画家の末路を題材にした作品群の一つです。
その為、所詮は二番煎じ、三番煎じのお涙頂戴凡作だろうと思って手に取ってみましたが、凡作どころか一話を読んだ後は、一気に同時発売の二巻にまで手を伸ばす事になりました(あくまで私の場合です)。

競走の激しい漫画家の世界ですから、「描けなくなる」「売れなくなる」で消えて行く事に対しては、一切同情する気はありません。
そんな事で泣き言をグダグダと言うならば、最初から漫画家の道を志すなとさえ思っています。
そんな考えを持つ私なので、お涙頂戴要素や、人の不幸は蜜の味的要素から本作を評価している訳ではありません。

親の没落を漫画家である著者(娘)が自ら実体験した。
家族(父親・母親・弟)に対して密な取材をした(家族もそれに応えた)。
そして、その取材に対して、プライドを張る事無くドドーンと「漫画に描いて良いよ!」と言ってくれる父親との連携があって昇華されている作品だと思います。・・・多少漫画にするにあたって表現を変えている点などはあります。

私が感じた本作の魅力は、没落に巻き込まれた家族の闇の部分と、その後の再生(又は再生のきっかけの部分)した家族の明の部
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fwhi8155 投稿日 2017/2/19
父親は生活破綻者。母親はそんな父親に共依存し、娘をスケープゴートに「家庭の体裁」を守ろうとする。
主人公は家庭の問題点を一身に引き受けさせられ、摂食障害、引きこもりになる。
弟はそんな家族から一線を引いて自分を守り、別の「自分の家族」を築いていく。
1,2通読したあと、ネットで公開されている15,16話も読んでみて欲しいです。
これは家族再生の物語ではありません。
主人公が毒親に犠牲にされた自分、家族の姿を凝視し、作品に構成することで、
自分を再生させる物語です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック