Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400
ポイント : 39pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宮脇 淳子]のどの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史
Kindle App Ad

どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 Kindle版

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1,456

商品の説明

内容紹介

教科書の教える世界史は、戦前の西洋史と東洋史をつなげた代物だった――。ならば「モンゴル帝国」から始まり「大日本帝国」へと至る「一つの世界史」とは何か? これが他国ではなく日本のために書かれた世界史だ。

内容(「BOOK」データベースより)

教科書で教えられる「世界史」は、戦前の西洋史と東洋史を無理やりにつなげた代物だった―。ならば、「モンゴル帝国」から始まり「大日本帝国」にまで至る、日本人の価値観を一変させる「一つの世界史」とは、何か。これが他国のためではなく、日本のために書かれた世界史だ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7131 KB
  • 出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2017/2/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06X95Q3X6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,876位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私たちが学校で、歴史として学ばされたものは、先の大戦の戦勝国とそちらにおもねり活路を見出した敗戦利得者が作った歴史であった。世界中どの国の教科書にも、その国独自の見解と主張が反映されているのが普通だが、日本はそうではなかった。今もなお…。本書は、広くユーラシア文明史観から、消えた「モンゴル帝国」と「大日本帝国」を焙り出している。
敗戦国日本の教科書は、戦勝国としてGHQが押し付けた見解がそのまま記載されている。それに乗じた日教組が喜んで日本中に広めている。その歴史には欧米ソ連、そして中朝韓に不都合な事実や見解は抜け落ちている。原爆投下も東京大空襲も一応記載されてはいるが、それが一般国民を襲った米国側の「国際法違反」であることは、日本の教科書にも指摘されていない。約80年前、日本人約250人が中国で無残に惨殺された、理不尽な「通州事件」も教科書に全く記載なし。朝鮮戦争の時、GHQ占領下で起きた、P・257韓国による強引な竹島実効支配や、勝手な李承晩ライン押し付けによって殺傷拉致された何千人もの日本人漁民の苦難も教科書記載なし。
その視点に置いては、こうして戦後70年以上が経過したというのに、いまだ日本の教科書は日本のものになっていない。
また、多くの日本人はそのことに気づきもしないままおり、日本人は近現代史に大きな穴が開いたままの歴史を教えられている。<
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2017/3/8
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は、師である東洋史の権威岡田英弘の妻である。王岐山(中央政治局常務委員)は英弘の著作の愛読者であることを隠さない。
岡田は、世界史の始まりをモンゴル帝国によるヨーロッパ文明及び中国文明の接触に求める。
ユーラシア文明史観である。
この本を読んでいると、どの民族も例外なく自国民中心の歴史を臆面もなく編纂している事が解かる。
これは当然の事であり読む人は、当然計算すべき事でもある。
だが、歴史には万人に通用する一本の線があるはずである。

日本のマスコミは避けているが過って、満洲国という国家が存在していた。
その遺産が、今日の中国の近代化を齎したのは事実である。
今日では、大日本帝国も満洲国も消されてしまっているが存在していたのである。モンゴル帝国にしても同様である。
満洲国は、百数十万人で漢人一億人を支配した。
漢人農民のモンゴル・チベット・新疆への移住を禁止、商人は一年を超えて滞在禁止、結婚不可だった。
清朝は、確固とした統治思想を持っていたのである。
モンゴル帝国の偉大さは、読んでもらうしかないが、今日のロシア人の西欧風の顔貌と異なるしかし、その魅力的な風貌は彼らが逆説的に言う韃靼の軛を表象している。そして、モンゴル帝国はもう一歩で全欧州を征服する
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
世界史を学びなおしたいなら、この本をおすすめします。

本来、世界史は、「今なぜ世界はこうなっているのか」、
を説明するストーリ(仮説)がなくてはなりません。
ですが、日本の世界史は、単に出来事を目的も無くプロットするだけで、
全く、意味が説明させてません。

かといって、既存の西洋史と東洋史を単にドッキングさせただけでも、
世界史にはなりません。
(筆者は、それぞれの目的が異なるのでそもそも結合できないといってる)

本書では、これに対応するために、アクターとしてモンゴル、大日本帝国を選び、
かつ、ヘモゲニーをモンゴル、シアターをシナ、ユーラシア大陸とすることで世界史の流れをつかみ、
そこから今を説明することに成功しています。

非常に斬新であり、社会人にとっても分かりやすく、なるほどと納得すること請け合いです。

社会人は、この本を何度も繰り返し読み、頭に入れましょう。

世界史理解の背骨になりますし、きっと役に立つと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover