どですかでん[東宝DVD名作セレクション] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,865
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 五福書店 大阪本店
カートに入れる
¥ 1,865
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ハンマープライズ(関連商品はこちらをクリック)
カートに入れる
¥ 3,000
通常配送無料 詳細
発売元: カヨウドー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

どですかでん[東宝DVD名作セレクション]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 1,865 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 835 (31%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,865より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • どですかでん[東宝DVD名作セレクション]
  • +
  • まあだだよ デジタル・リマスター版 [DVD]
  • +
  • あの頃映画 「八月の狂詩曲」 [DVD]
総額: ¥5,793
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田中邦衛, 頭師佳孝, 菅井きん, 芥川比呂志, 松村達雄
  • 監督: 黒澤明
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/02/18
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00R4LP5GM
  • JAN: 4988104095909
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 92,337位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

☆東宝DVD名作セレクション 第1弾☆

<涙>がある<笑>がある
美しい<愛>の詩がある―

【特典映像】
予告編

【キャスト】
田中邦衛/頭師佳孝/菅井きん/加藤和夫/伴淳三郎/芥川比呂志/松村達雄

【スタッフ】
監督:黒澤明 原作:山本周五郎 脚本:黒澤明/小国英雄/橋本忍

【仕様】
カラー/140分/スタンダード/音声1モノラル/字幕:日本語/1970年

※デザイン・仕様は変更になる可能性がございます。

内容(「Oricon」データベースより)

山本周五郎原作による小説「季節のない街」を黒澤明監督が映画化した作品。毎日電車のまねごとをして街中を練り歩く主人公・六ちゃんと、人々の触れ合いを描いたメルヘン・ムービー。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「どん底」同様群像劇といえば群像劇なんですが、バラックの貧民街に住む主要登場人物が基本的に病んでるというかイっちゃってる方々で、加えて一部登場人物のメイクとか(殆どホラー)黒澤監督の主張の強い色使いもあって(おどろおどろしい背景に絵を使ってる場面もあり)、語弊があるかと思いますが、はっきり言いまして人によっては「気持ち悪い」映画と思うかも(オムニバス形式の異色作と言った方がいいか)。

当方の感想としましては、自分の弱さを隠す術も知らない(一方で外に発散できない)人達の生身の人間模様と言えばそれまでなんですが、理由が自己であれ外部的要因であれ、一歩踏み外すと誰でも登場人物の誰かのような境遇、心境になる可能性も捨てきれないのでは?と何だか妙に心に残った映画でした(乞食の子供となるとその出生の時点でそれこそどうにもなりませんが、それでもこのように振る舞えるか?逆にそのような環境だからそのように振る舞えるのか?というのもありました。ネタバレしないためこれ以上は伏せときますが)。
一方で田中邦衛&井川比佐志氏演じる土方コンビの夫婦模様とかもはやギャグ、「笑い」もしっかりあったり(と言ってもやっぱりイッちゃってると言うかハチャメチャと言いますか(^^;)、そんな住人たちを優しく見守る老人がいたりと、流石黒澤映画というかその演出含め妙な迫力がある映画でした。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
入り組んでます。
オムニバスより群像劇の方が面白い!
黒澤映画は時代劇のイメージ。
現代劇になると舞台演劇を観ているみたい。
構成は流石の出来。
★マイナス1はオープニングの何妙法蓮華経の連呼!
気持ち悪かった!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す