中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

どすこい(安) 新書 – 2002/7

5つ星のうち 3.8 38件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 1
新書, 2002/7
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

力作巨編『どすこい(仮)』がノベルス判になって再登場。その名も『どすこい(安)』。文字通り、安い。軽い。楽しさ倍増。作中のしりあがり寿氏のマンガは新作です。縦横無尽に笑いが炸裂!

内容(「BOOK」データベースより)

地響きがする―と思って戴きたい。ベストセラーの数々を「でぶ」一色に塗りつぶす奇怪なお笑いの書、『どすこい(仮)』のノベスル版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 510ページ
  • 出版社: 集英社 (2002/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408774597X
  • ISBN-13: 978-4087745979
  • 発売日: 2002/07
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 416,928位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
どすこい(仮)(安)の文庫本。
「これは京極氏の小説?!」と疑ってしまうくらい、崩れて(良い
意味で)います。
大爆笑といかなくても、苦笑い連発の内容。
中身は、「四十七人の刺客」「パラサイトイブ」「すべてがFに
なる」「リング らせん」「屍鬼」「理由」のパロディ(というか
全く別物になっているような気もします)もの。
全て、おデブさんのお話なので暑苦しいです。夏には読みたくな
いものです…。
賛否両論の本ですが、真面目な京極氏の作品以外は許せない!!と
いう考えの方は、止めた方がいいかもしれません。
いつもと違う京極氏の作品を楽しみたい方は是非。作品の中で、
そのパロディ小説を批評・評論している部分もあったりして、京
極氏も楽しんでこれを書いたんだろうなぁと思います。
付録として、どすこい(仮)と(安)に収録されていた、しりあがり
痔さんの四コマ漫画が両方付いています。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
繰り返しネタが好きな人は好きだと思う。
ただ、ストーリー展開重視の人が楽しむのはキツイっしょ、とも。
コレでもかというほどに話は馬鹿だし(注:最早褒め言葉です)、先を読んでくれと言わんばかりの展開で、本当に忠実に沿ってきてさえくれる。(馬鹿すぎて、ある意味先を読みようがないともいえる)
力いっぱい馬鹿な小説。
私のような馬鹿ネタスキーには、強く訴えかけてくる物がある。
この著者がこんな作品を書いた事を、意外と見るか、やっぱりと見るかは、著者が実は馬鹿ネタ好きだろうということを想像出来ていたか否かに拠るのだと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
京極堂シリーズを読破して、すっかり京極夏彦好きになったのでこの作品を手にしました。

中はパロディオンリー。今までの京極夏彦のイメージを全く覆されました。パロディの元ネタ作品が既読だったこともあり、楽しく読めました。ただ、未読でも十分楽しめるでしょう、元ネタの原型を留めていない作品が多いですから(笑)。

決して筆者の他の作品のノリで臨まないで下さい、パロディです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ベストセラー小説のタイトルをもじってある、パロディ小説。
「そんな馬鹿な…」と思うような内容(ほとんどが力士が出てくる話です)が多いですが、その非現実的なところが面白いです。
個人的に、ほとんどの話に出てくる編集者がいきいきして好きです。
京極さんの担当の方たちも、面白い方なのかなぁと思いました。
その原作もほとんど読んでいたのですが、「あっ、これを利用したのかな」と思えるポイントを見つけられるのが、楽しめました。
もちろん、読んでいなくても大丈夫です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
京極夏彦の普段の作品を正統派料理に例えるなら
この作品は”駄菓子”。
脂肪の多さに時折胸焼けを覚えるが、それも駄菓子の醍醐味。
基本的に短編集なので、最初の一編を立ち読みしてから
購入を考えるのもいいかもしれない。話は、あんな調子で続くから。
最初は読み方がわからず戸惑ったが、くだらなくて好き。
作者自身も楽しんで書いたような、そんな語調がイイ。
とりあえず、駄菓子は好きだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 akira-g4 投稿日 2004/8/12
形式: 新書
面白すぎます。 笑いをこらえられないので外では読めません。
流れるように読み進められるし,読み応えもあるので,
京極さんの入門書として最適だと思います。
「どすこい(安)」→「豆腐小僧双六道中ふりだし」
→「今昔続百鬼-雲」→「姑獲鳥の夏」→「魍魎の匣」
と読んでいけば,いつの間にか,どっぷりとファンになっている筈。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全ての作品が、デブに関係する話。
すごくくだらなくて、でもそのくだらなさが個人的に気に入りました。
ここまでくると、もうそのバカさ加減が素晴らしいと思えるほど。
もじったタイトルの元の作品、知っているのは「こうなるのか…」と余計に楽しめ、知らないのは読んでみたいと思います。
京極堂シリーズしか読んだことがなかったので、京極さん、こういう作品も書くんだなぁとびっくりです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー