どこかで聴いたクラシック オペラ・ベスト101 がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,739
通常配送無料 詳細
発売元: SuperMarket24
カートに入れる
¥ 4,739
通常配送無料 詳細
発売元: peach seven
カートに入れる
¥ 4,739
通常配送無料 詳細
発売元: 三郷堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

どこかで聴いたクラシック オペラ・ベスト101

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,739 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ライズ・ジャパンが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • どこかで聴いたクラシック オペラ・ベスト101
  • +
  • ハバネラ~オペラ・アリア名曲集
  • +
  • 愛のアリア −ベスト・オペラ・ソングス40−
総額: ¥8,059
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団, ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
  • CD (2006/2/22)
  • ディスク枚数: 6
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 432 分
  • ASIN: B000CBNYP0
  • EAN: 4988005416063
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 156,042位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. プッチーニ: 歌劇≪蝶々夫人≫~ある晴れた日に
  2. プッチーニ: 歌劇≪トゥーランドット≫~誰も寝てはならぬ
  3. モーツァルト: 歌劇≪フィガロの結婚≫序曲
  4. モーツァルト: 歌劇≪フィガロの結婚≫~やさしいそよ風が(手紙の二重唱)(抜粋)
  5. ロッシーニ: 歌劇≪セビリャの理髪師≫~今の歌声は
  6. レオンカヴァッロ: 歌劇≪道化師≫~衣裳をつけろ
  7. モーツァルト: 歌劇≪ドン・ジョヴァンニ≫~騎士長の場
  8. カタラーニ: 歌劇≪ワリー≫~さようなら、ふるさとの家よ
  9. ヴェルディ: 歌劇≪リゴレット≫~慕わしい人の名は(抜粋)
  10. ヴェルディ: 歌劇≪椿姫≫~第1幕への前奏曲
  11. プッチーニ: 歌劇≪ラ・ボエーム≫~冷たい手を
  12. ビゼー: 歌劇≪カルメン≫~ハバネラ(恋は野の鳥)
  13. モーツァルト: 歌劇≪魔笛≫~夜の女王のアリア(復讐の心は地獄のように)
  14. ドニゼッティ: 歌劇≪愛の妙薬≫~人知れぬ涙
  15. ベッリーニ: 歌劇≪ノルマ≫~清らかな女神よ
  16. ロッシーニ: 歌劇≪セビリャの理髪師≫~私は町の何でも屋
  17. モーツァルト: 歌劇≪魔笛≫~ああ、私にはわかる

ディスク:2

  1. モーツァルト: 歌劇≪フィガロの結婚≫~恋とはどんなものかしら
  2. ヴェルディ: 歌劇≪運命の力≫序曲
  3. ヘンデル: 歌劇≪セルセ≫~オンブラ・マイ・フ
  4. グルック: 歌劇≪オルフェオとエウリディーチェ≫~精霊の踊り
  5. パーセル: 歌劇≪ディドーとエネアス≫~ベリンダよ、あなたの手を…私が土の中に横たわる時
  6. レハール: 歌劇≪メリー・ウィドウ≫~ヴィリアの歌
  7. ヴェルディ: 歌劇≪アイーダ≫~清きアイーダ
  8. マスカーニ: 歌劇≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫間奏曲
  9. ヴェルディ: 歌劇≪ナブッコ≫~行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って
  10. ヴェルディ: 歌劇≪椿姫≫~乾杯の歌
  11. ヴェルディ: 歌劇≪リゴレット≫~女心の歌
  12. ワーグナー: 楽劇≪ニュルンベルクのマイスタージンガー≫~第1幕への前奏曲(抜粋)
  13. オルフ: ≪カルミナ・ブラーナ≫~おお、運命の女神よ
  14. ワーグナー: 楽劇≪ワルキューレ≫~ワルキューレの騎行
  15. ガーシュウィン: ≪ポーギーとべス≫~サマータイム
  16. プッチーニ: 歌劇≪ラ・ボエーム≫~私がひとりで街を行くと(ムゼッタのワルツ)
  17. プッチーニ: 歌劇≪トスカ≫~星は光りぬ

ディスク:3

  1. プッチーニ: 歌劇≪ジャンニ・スキッキ≫~私のお父さん
  2. ワーグナー: 歌劇≪ローエングリン≫~婚礼の合唱
  3. ワーグナー: 楽劇≪タンホイザー≫序曲(抜粋)
  4. ヴェルディ: 歌劇≪運命の力≫~神よ平和を与えたまえ
  5. ヴェルディ: 歌劇≪アイーダ≫~凱旋の合唱
  6. グルック: 歌劇≪オルフェオとエウリディーチェ≫~エウリディーチェなしに
  7. ヘンデル: 歌劇≪リナルド≫~私を泣かせてください
  8. ポンキエルリ: 歌劇≪ジョコンダ≫~時の踊り(抜粋)
  9. スッペ: 喜歌劇≪軽騎兵≫序曲(抜粋)
  10. プッチーニ: 歌劇≪つばめ≫~ドレッタの夢
  11. ビゼー: ≪カルメン≫第1組曲~間奏曲(第3幕への前奏曲)
  12. マスネ: 歌劇≪タイス≫~タイスの瞑想曲
  13. オッフェンバック: 歌劇≪ホフマン物語≫~ホフマンの舟歌
  14. ジョルダーノ: 歌劇≪フェドーラ≫~愛さずにはいられぬこの思い
  15. ボロディン: 歌劇≪イーゴリ公≫~だったん人の踊り(抜粋)
  16. ビゼー: 歌劇≪カルメン≫~諸君の乾杯を喜んで受けよう(闘牛士の歌)

ディスク:4

  1. ヴェルディ: 歌劇≪椿姫≫~ああ、そはかの人か…花から花へ
  2. ヴェルディ: 歌劇≪椿姫≫~プロヴァンスの海と陸
  3. グノー: 歌劇≪ファウスト≫~何と美しいこの姿(宝石の歌)
  4. マスカーニ: 歌劇≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫~ママも知るとおり
  5. レハール: 歌劇≪メリー・ウィドウ≫~唇は黙し、ヴァイオリンは囁く
  6. グノー: 歌劇≪ロメオとジュリエット≫~私は夢に生きたい
  7. モーツァルト: 歌劇≪ドン・ジョヴァンニ≫~奥さん、これが恋人のカタログ(カタログの歌)
  8. モーツァルト: 歌劇≪ドン・ジョヴァンニ≫~互いに手をとりあって
  9. モーツァルト: 歌劇≪ドン・ジョヴァンニ≫~ぶってよマゼット
  10. プッチーニ: 歌劇≪マノン・レスコー≫~華やかに着飾っても(柔らかなレースの中で)
  11. マスネ: 歌劇≪ウェルテル≫~春風よ、なぜ私をめざめさせるのか
  12. レハール: 歌劇≪微笑みの国≫~君はわが心のすべて
  13. モーツァルト: 歌劇≪魔笛≫~何と美しい絵姿
  14. マイヤベーア: 歌劇≪アフリカの女≫~おお、パラダイス
  15. トーマ: 歌劇≪ミニョン≫~君よ知るや南の国
  16. ヴェルディ: 歌劇≪トロヴァトーレ≫~ああ、あなたこそわが恋人
  17. ヴェルディ: 歌劇≪仮面舞踏会≫~永久に君を失えば

ディスク:5

  1. プッチーニ: 歌劇≪トスカ≫~歌に生き、恋に生き
  2. サン=サーンス: 歌劇≪サムソンとデリラ≫~あなたの声に心は開く
  3. モーツァルト: 歌劇≪イドメネオ≫~父上、兄上、さようなら!
  4. モーツァルト: 歌劇≪イドメネオ≫~心が乱れる!怒りがこみ上げる!
  5. プッチーニ: 歌劇≪トゥーランドット≫~お聞きください、王子様
  6. プッチーニ: 歌劇≪トゥーランドット≫~氷のような姫君の心も
  7. フロトウ: 歌劇≪マルタ≫~夢のように
  8. チャイコフスキー: 歌劇≪エウゲニ・オネーギン≫~手紙の歌(抜粋)
  9. ヴェルディ: 歌劇≪トロヴァトーレ≫~朝の光がさしてきた(鍛冶屋の合唱)
  10. ポンキエルリ: 歌劇≪ジョコンダ≫~自殺!
  11. ヴェルディ: 歌劇≪エルナーニ≫~エルナーニ、私を連れて逃げて
  12. オッフェンバック: 歌劇≪ホフマン物語≫~ああ、二人だけで生きる
  13. グノー: 歌劇≪ファウスト≫~金の小牛は常に生きて(金の小牛の歌)
  14. ヴェルディ: 歌劇≪仮面舞踏会≫~私の最後の願い
  15. ヴェルディ: 歌劇≪ルイザ・ミラー≫~神にそむいた私を罰して下さい
  16. プッチーニ: 歌劇≪ラ・ボエーム≫~私の名はミミ
  17. ベッリーニ: 歌劇≪ノルマ≫~神聖な森に人影はなくなった

ディスク:6

  1. ドヴォルザーク: 歌劇≪ルサルカ≫~月に寄せる歌(白銀の月)
  2. ヘンデル: オラトリオ《セメレ》~そなたの赴くところ、何処にも
  3. モーツァルト: 歌劇≪羊飼いの王様≫~私が愛するならいつまでも変わるまい
  4. モーツァルト: 歌劇≪後宮からの逃走≫~私は恋をし、幸せでした
  5. プッチーニ: 歌劇≪トスカ≫~妙なる調和
  6. ボーイト: 歌劇≪メフィストーフェレ≫~遠く遥かに
  7. シャルパンティエ: 歌劇≪ルイーズ≫~その日から
  8. ロッシーニ: 歌劇≪シンデレラ≫~悲しみと涙のうちに生まれて
  9. R.シュトラウス: 歌劇≪ナクソス島のアリアドネ≫~すべてが清らかな国がある
  10. グノー: 歌劇≪ファウスト≫~眠ったふりをせずに聞きたまえ(メフィストフェレスのセレナード)
  11. モーツァルト: 歌劇≪皇帝ティートの慈悲≫~たとえあなたが彼のために
  12. ベッリーニ: 歌劇≪ノルマ≫~ああ、私をお守り下さいませ
  13. オッフェンバック: 歌劇≪ホフマン物語≫~夢見るこの胸
  14. ジョルダーノ: 歌劇≪アンドレア・シェニエ≫~亡くなった母を
  15. ベッリーニ: 歌劇≪清教徒≫~花で飾られた女
  16. ヴェルディ: 歌劇≪マクベス≫~何という暗い闇が
  17. モーツァルト: 歌劇≪ツァイーデ≫~安らかにお休みください

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

「どこかで聴いたクラシック」シリーズの第5弾。今回はアリア、序曲、間奏曲など、オペラの粋を101曲詰め込んだ。歌手をはじめ演奏家は、ユニバーサル3大レーベルが擁する古今の一流演奏家ばかり。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ10レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/1/13
形式: CD
ベストオペラ101を楽しく聴いております。素晴らしい演奏の音源の蓄積があるデッカの中から、101曲に絞る作業も大変だったと思いますが、選曲はとてもバランスのとれているものですし、嬉しくなるような演奏の数々を聴き、堪能しています。

カラヤン、ショルティ、ロリン・マゼール、ズービン・メータ、シャルル・デュトワ、アシュケナージ、シノーポリ、ホグウッドなど、20世紀を代表する指揮者による演奏が含まれていますし、オーケストラも多彩で広範囲の管弦楽団を聴くことができました。

声楽曲が好きで、30年以上前からオペラ・アリアをよく聴いてきました。声楽家の特徴は、歌い手によって、声質も表現の仕方も高音の伸びも違うということです。いろいろな名歌手の歌声は、例え録音が古くなっても貴重だと言えましょう。

特筆すべきことは、世紀のオペラ歌手が残した全盛期の声を確認できることでしょうか。名プリマ・ドンナも加齢とともに衰えが見えるわけで、絶頂期の演奏は録音でしか確認できないので、古い音源も新しい音源も含めてこのような企画は貴重です。

マリオ・デル・モナコ、ジュゼッペ・ディ・ステファノ、ジュリエッタ・シミオナート、カルロ・ベルゴンツィ、レナータ・デバルディ、テレサ・ベルガンサ、ジョーン・サザーランド、ニコライ・ギャウロフ、ルチ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
まずこんなに安くていいんでしょうか?

と思いながら買ってみましたが、

安いのにはワケがありました。

演奏家は一流、ただし音源は30年以上前のものが多数です。

だから、音質面では期待しないほうがいいでしょう。

具体的には、録音時のダイナミックレンジを振り切るパバロッティの歌声。

それを楽しめるかどうかが、ポイントです。

私はそれでもOKといえる演奏が多いと思っています。よって星3つ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
比較的耳に馴染みのある選曲で、価格もリーズナブル、というのは勿論魅力的なのですが、収録曲数の多さも大きなポイントです。
これだけ収録されていればクラシックをあまり聴かれない方でもいくつかはお気に入りの曲が出てくると思います。

しかし何よりの評価ポイントは『夜の女王のアリア』の歌い手がクリスティーナ・ドイテコムであること。
彼女のコロラトゥーラは装飾的な建築様式の天井が広がっていくような非常に優美なもので、初めて聴く『夜の女王のアリア』がドイテコムというのは幸せなことだと思うので文句無しにこの評価です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック