通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
どうせ私は狐の子 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


どうせ私は狐の子 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2013/2/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥100
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

京都鴨川のほとりに住む、小学五年生の大鳥樟葉はある日突然、自分が人間じゃないかもしれないという発作に襲われるようになってしまう。それから間もなく、母親が「私は狐だから」と言い残して失踪してしまう。母親は戻らないまま、樟葉の奇妙な症状は進む。そんな樟葉のもとに自称化け狐の少女、荊が現れる。「樟葉ちゃん、早くお母さんを探しに出ないと大変なことになりますよ」自分は人なの?狐なの?誰も教えてくれない答えを見つけるために樟葉は母親探しに森へ踏みこんでいく。青春伝記小説の俊英が描く、切ない怪異譚。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森田/季節
1984年生まれ。2008年『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』にて第4回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません