通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付です。キズ・ヨレ・汚れ・水濡れ・書込みなし。使用感が少なく全体的に良好なコンディションです。中が透けないように梱包いたします。日本郵政を利用しての発送です。簡易防水包装。あくまでも中古品です。完璧な状態をお求めの方は、ご遠慮ください。付録、CD、DVD等明記ない場合は無。商品の状態違い、記載ミス等ございましたら遠慮なくご連絡ください。誠心誠意、最優先で対応させて頂きます。 在庫がない場合、ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書) 新書 – 2012/10/9

5つ星のうち 4.2 86件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 792
¥ 792 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書)
  • +
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
  • +
  • 思い通りの死に方 (幻冬舎新書)
総額: ¥2,412
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『大往生したけりゃ医療とかかわるな』の中村仁一氏と『がん放置療法のすすめ』の近藤誠氏が「がん」と「死」を語り尽くした。両氏は20年以上前から、さまざまな学術データと臨床経験を基に「がんは手出しをしなければ、痛まず穏やかに死んでいける。治療せず放っておいた方が平均生存期間も長くなる。医者の常識に騙されるな」と説いてきた。そして今、「がんで死にたい」と口を揃える。人生80年時代の「医療とかかわらず大往生する英知」、そして「よりよく生きるための志」とは?

内容(「BOOK」データベースより)

がん、そして医療の常識を覆す異色の医師対談。がんは放っておくと増殖・転移し、痛みにのたうち回って死に至る…という悲惨なイメージは、医療界のでっちあげだった。20年来、「『がん死』のお迎えは最高。ただし、治療しなければ」(中村)、「がんの9割に抗がん剤は効かない。患者よ、がんと闘うな」(近藤)と言い続け、実際に多くの「がん放置患者」の穏やかな臨終を見届けてきた2人が、がんという病、医療の実態、そして人間の死について語り尽くす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 宝島社 (2012/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800202868
  • ISBN-13: 978-4800202864
  • 発売日: 2012/10/9
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
母を胃癌で亡くしました。この本を読んで抗がん剤治療を受けませんでしたが、苦しみながら亡くなりました。こんなことなら抗がん剤や他の治療を受けさせてあげればよかったです。本人にも読ませたのですが、「癌で死ぬのなんてちっともよくない。嘘っぱちだ。」と言っていました。本当に後悔しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
1つの見識です。
色々な考えがありますが、日本人は少し反省する必要がありそうです。
その考えの縁になります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2016/9/7
形式: 新書
数年前に、母を白血病で亡くした。
その時に経験した、”あれ、おかしいな。なんかへんだな”という、もやもやとした思い。

医者は、80歳の母を「5年経過後の生存率は50%です」とだけ説明して、それ以上を話そうとしなかった。
この言葉は、何なのか。「このデータには10代、20代などの若い人たちもすべて含まれています」ということは言った。
しかし、曖昧な言い方に終始する。今思うと、はっきりした言い方をすると
「あなたのお母さんは、よくて2年、たぶん1年ほど出なくなるでしょう。
血液のガンは、若い方々は抗がん剤で治るケースが多いが、それは年齢とともに難しくなり、
60歳を超えたら、まず治らない。抗がん剤もほとんど効かない」
というのが、僕ら患者の家族の側に立った、一般的な説明になる。
しかし医者は治療をして、利益を出さなくてはならないから、けっして、こういう言い方をしない。

「5年経過後の生存率は50%」という話を聞くと、家族は勝手に「そうか、うまくいけば、4、5年は生きていられるのだな。
そういう可能性が50%ほどある」というふうに解釈する。もちろんこれは希望的憶測でしかない。
しかし日本の現代的医療は、患者側のこうした勝手な思い込みを、巧みに利用
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
タイトルに惹かれました。
発想の転換ですね。
どうせ一回は死ぬのだから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
多くの方から目の敵にされている近藤先生ですが、確かに誤解されやすい人です。

そして、今回もがんで苦しんでいる人からすれば喧嘩を売っているとしか思えない
ような題名の本を共著で出されています。

「じゃあお前がガンになってみろ」と患者の方からコメントも受けていますが、その
ような転移する進行がんの場合、闘病期間が短くて良いと言っているだけだと思うの
ですが…。

いずれにせよ、病院で「ガンです」と言われて動揺して医者の言う事を聞いてしまう人が
あまりにも多い昨今、やはり近藤先生のような方は大事だと思います。

私自身もガンと診断されましたが、転移もなく自覚もない症状だったので、先生の本を
参考に、冷静な判断が出来たのではないかと思っています。

全てを鵜呑みには出来ませんが、全否定も出来ないと思います。
1 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/8
形式: 新書 Amazonで購入
「大往生したけりゃ医者とかかわるな」の著者中村氏と、「患者よ、がんと闘うな」のの著者近藤氏の対談集です。
タイトルが衝撃的ですが、このタイトルの由来は、三大成人病の脳卒中や心筋梗塞は、一瞬のうちに最期を迎えることが少なく、長いリハビリ・介護生活を送り家族に迷惑をかける場合が多い。それと比べて、「がん」は対処法を間違えなければ、最期を迎える日まで心の準備ができる〜という意味合いからつけられているようでした。

「大往生〜」を読んだ時に、大きな疑問を抱いていたのは、「がん」は痛みがない〜という点です。
「高齢者限定ではないのか」という私が抱いた疑問を、本書において中村氏は「自分は老人しか見てこなかった・・若い人の場合は?」と、慶応大医学部放射線科講師である近藤氏に問いかけており、近藤氏の回答は納得がいくものでした。
また、抗がん剤の有効判定⇒がんのしこりが一定程度小さくなるだけで延命効果は実証されていないこと、逆に抗がん剤で大きなダメージを受けるのは正常細胞、不必要な手術と抗がん剤の副作用が苦しみ悲惨な最期を迎える要因、日本人に多い固形がんは抗がん剤は効果なしなど、多くの点で興味深いことが書かれていると思います。
人間ドックによる早期発見の大きなリスク、胸部CTの危険性、検査と治療、終末期医療、家族のエゴによって生かされるケー
...続きを読む ›
4 コメント 218人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー