中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu8942_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

とんかつの誕生―明治洋食事始め (講談社選書メチエ) 単行本 – 2000/3

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,700 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治維新。それは1200年の禁を破る「食べ物革命」だった。天皇の肉食、政府・知識人の西洋料理キャンペーン、そして反西洋食騒動。とまどう庶民はやがて、自分の口に合う牛鍋・あんパン・ライスカレー・コロッケを生み出していく。「洋食の王者」とんかつが誕生するまで、食卓上60年の疾風怒濤を生き生きと描く。

内容(「MARC」データベースより)

明治維新とは1200年の禁を破る「食べ物革命」だった。庶民が自分の口に合う牛鍋・あんパン・ライスカレー・コロッケを生み出し、「洋食の王者」とんかつが誕生するまでの、食卓上60年の疾風怒涛を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062581795
  • ISBN-13: 978-4062581790
  • 発売日: 2000/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 481,864位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルを見るととんかつオンリーのように
思えてしまいますが、
実はそうではありません。
とんかつを含めた肉文化の歴史、ととったほうが
正しいかもしれません。

肉文化のところでは
いろいろな歴史を知ることも出来ますし、
洋食を取り入れることによって起こった
さまざまな苦労話もまた
面白いものがありました。

最後に出てくるとんかつですが…
パン粉って日本のは独自のものだということに
非常に驚きました。

この1冊でいろいろなことを
知ることが出来るでしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユニークなタイトルにひかれて手にしたが中身は立派な学術書。
日本人の肉食文化受容をわかりやすく説明してくれる。
学問の楽しさを教えてくれる一冊。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 題名はとんかつだが 要は 明治時代に 日本がどのように洋食に取り組んだかという内容である。

 明治維新は 当時の日本にとっては 驚天動地の出来事であったろうと思う。欧米の文明と文化を いささか強引に吸収していった中に 西洋料理も含まれていた点にはおどろいた。

 肉食にしても 明治天皇自身が 肉食をしてまで 日本人に薦めたという事は本書で初めて知った次第である。別に 肉食が文明開化でもないとは思うが 当時の日本人は真面目にそれを考え 「上からの西洋食化」を指導した点は良く分かった。

 一方 本当にしたたかだったのは庶民である。上から与えられた肉食やパン食を 「とんかつ」や「あんぱん」といった 自分達の食文化に引き付け、MODIFYして 全く独自の「洋食」を作り上げた精神は実に闊達であると思った。

 実際 日本の食事は 世界に例を見ないほどの「雑食」である。加えて 自分達で勝手に インスタントラーメンや カツカレーを作ってしまう程だ。

 そんな自由な精神は 例えば自動車産業などにも見られるのだと思う。「物真似が上手だ」と よく言われるらしいが それもそれで 溢れる才気の一つなのだと思う。 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告