Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 205

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[とくもり けいこ]のとくもりけいこのメッセージトランスレーション
Kindle App Ad

とくもりけいこのメッセージトランスレーション Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/1/29
"もう一度試してください。"
¥ 205

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「貴方の守護霊のメッセージを通訳をします 高級霊は愛しか興味を持ちません、なので人生に起こる様々な理由を愛で表現します」

メッセージトランスレーターとして活躍する「とくもりけいこ」による、初の著書。

小学校から高校時代までいじめられ、母は資産運用に失敗し、多額の借金。父も借金をし、両親が不仲に。
そんな環境に育ったため、小1の頃から自殺願望があった著者。
彼女を救ったのは、どこからか聞こえてきた「生きろ」という声だったのです。


■目次
・守護霊とは
・守護霊は護る人をVIP扱いする
・守護霊を降ろすまで
・親を捨てるには理由がある
・人がピンチの時、守護霊は何を思うか?
・けいこ「10年間のいじめ」


■著者プロフィール/とくもりけいこ
「メッセージトランスレーション」とは守護霊の通訳を表し、霊の訳者をメッセージトランスレーターと表します。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1570 KB
  • 紙の本の長さ: 34 ページ
  • 出版社: マイナビ出版 (2014/1/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00I3A217E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 124,040位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
数年前から守護霊の言葉を通して色々なことを語ってくださっている とくもりさん のブログを毎日楽しみに読ませてもらっていますが、今回そのブログの内容をまとめた本が出版されるということで早速購入しました。何故うまれてきたのか?などいろんな疑問をもって日々生活していますが、この本を読むと少しわかってくるように思います。とくもりさんを知っている人も知らない人にもお勧めです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
守護者の訳者として活躍されているとくもりさんの本です。
内容はブログに書かれていることをまとめた感じ。
とても読みやすくてとくもり節(笑)がきいていてとても良いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私は霊の存在を否定も肯定もしませんが、著者が守護霊と認識しているものは恐らく統合失調症の一症状でしょう。子供時代の家庭崩壊と壮絶ないじめ体験が淡々と綴られていますが、文章はポエム調でたどたどしく、守護霊について深く知りたいと思って読む人には期待外れに終わると思います。それでもその壮絶な体験に胸を打たれ、励まされる人もいるのではないでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover