通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
とうさんまいご (五味太郎・しかけ絵本 (2)) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

とうさんまいご (五味太郎・しかけ絵本 (2)) 単行本 – 1983/8

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 284

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • とうさんまいご (五味太郎・しかけ絵本 (2))
  • +
  • きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1))
  • +
  • まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

五味太郎さんのしかけ絵本です。おとうさんと一緒にデパートに行っておもちゃに夢中になってるうちにおとうさんを見失ってしまった『ぼく』が物陰におとうさんの背広や帽子でみつけたと思ったら、、、、というユーモアあふれる絵本です。


登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 偕成社 (1983/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4033380205
  • ISBN-13: 978-4033380209
  • 発売日: 1983/08
  • 商品パッケージの寸法: 22.2 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,571位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
デパートを舞台にした、まいごのお父さんを探す切り抜きしかけ絵本です。こどもから見るとまいごはお父さんなんですね。スーツ、ネクタイ、革靴のお父さんは現実でも間違えそうです。いろんな売り場をめぐってどこでみつかるのやら。五味太郎さんのしかけ絵本シリーズは、ほかに「きいろいのはちょうちょ」「まどから☆おくりもの」もあります。「まどから…」はクリスマス絵本で、プレゼントに最適です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 そら VINE メンバー 投稿日 2007/3/20
形式: 単行本
デパートでおもちゃをみていたぼく。突然いなくなってしまった父さんをぼくが探しに行く、

仕掛け絵本です。

背広にネクタイ、帽子に革靴を履いたお父さんですが、、、似たような格好をした人がいっぱい!さぁ、お父さんはどこにいるのでしょう?

 はしらの影に隠れた人を見て、お父さんと同じスーツ!、見つけた! とそちらへ行ってみると…違う人。

 仕切りの向こうにお父さんの帽子を見つけ、そちらへ行ってみると…?!

↑の”はしら”や、”仕切り”が仕掛けになっていて、前のページの柱から、次のページのスーツを着たおじさんがちよっと見えます。

お父さんと同じ!…と思って行ってみると、次のページでは間違いだと言う事が分る仕組み。 デパート中を探し回るから面白いです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
デパートに買い物に行った男の子とお父さん。ぼくが、おもちゃを研究しているうちに、お父さんがまいごに。とうさん、どこぉ?男の子が、とうさんをさがしまわります。柱のむこうの、あの背広・・・めくってみると、あれ、りっぱすぎ・・・あの帽子、あの靴、あのネクタイ・・・めくってみると・・・ページのあちこちが切り抜かれているしかけ絵本。さがす楽しさが、絵本を読む楽しさを倍増してくれます。ユニークな作品を数多くだしている五味太郎さんの作品。25年も愛されているロングセラーです。1983年7月発行
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とあるデパートにおもちゃを買いに来た父子。
が、子供が見本のおもちゃで遊んでいる間に(子供曰く「おもちゃの研究」らしい(爆))、お父さんが迷子になってしまいます!…いや、大人の目から見たら、お父さんの方がおもちゃで遊んでいる僕につき合いきれずに勝手に自分の趣味に暴走しているだけなんですが…(汗)。しかし、お父さんがいなくなった子供にとっては大事件なのは大人の目から見ても間違いありません。子供は、お父さんを捜しにデパート中を駆け回りますが、何か微妙な人ばかり…お父さんを捜し出すことはできるのでしょうか?…と言うのがだいたいのあらすじ。

前のページではお父さんに見えてみた物が、次のページになると別の物に化けているのですが、イラストの切り分け方?が巧妙だなあと思いました。後の方になると男性でもなくなるし、人間でない物も登場。最後のページは文章が仕掛けになってます。

それにしても子供を置いて趣味に暴走するとは困ったお父さんだなあ、というのは親の目から見た感想。ありがちですけど。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
3歳の息子用に購入しました。
すぐに、お気に入りの一冊に。
とうさんをさがすワクワク感、違っていたときのおもしろさ。
最後の最後に大人にしかわからない(字が読めないとわからない)しかけがあり、
大人たちは「おお〜ナルホド!」
さすが五味太郎さん!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 絵本が好き☆ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/7/27
形式: 単行本
ぼくがおもちゃ売り場でおもちゃの研究をしているうちに、すぐに迷子になっちゃうんだから〜。

仕方がないので店内を探して回ります。あっ、あの帽子はお父さんだ、あの靴はお父さんだ、と少し見えるモノを手掛かりに探すけれども、しかけのページをめくるとハズレ。楽器売り場では『かくれんぼ』なんていう楽譜が立ててあって、作者の遊び心を感じますね。

とうとうエスカレータですれ違って、やっとお互いを見つけます。

お父さんは「もう会えないかと思ったぞ」なんて言うけど、「ぼくがみつけるから大丈夫さ」とぼくは全然平気。

子供って、迷子になっちゃう子と、大人が迷子になって困る!っていう子といますよね。ウチの最初の子は全然平気だった子。未だにはぐれても「お母さんすぐどっか行っちゃうから困る」と言います。どこまでもマイペース。2番目は「ちょっとトイレ行くからここで待っててね」と言っても待ちきれず大泣き。何度店内呼び出しをされたことか…。3番目もマイペースで、どこかに行った!?とこっちは血相変えて探しているのに、いつの間にか後ろをついて歩いていたりして。

子供とのお買い物ってハプニングがつきものですね。

この絵本では最後のページ、文章の最初2文字づつも重ねながら違う言葉に変えています。ここにも作者の遊び心が…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す