通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
とある魔術の禁書目録(インデックス)〈19〉 (電... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ★Amazon.co.jp専用在庫です。比較的状態の良い商品です。帯付き。迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈19〉 (電撃文庫) 文庫 – 2009/11/10

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • とある魔術の禁書目録(インデックス)〈19〉 (電撃文庫)
  • +
  • とある魔術の禁書目録(インデックス) (20) (電撃文庫)
  • +
  • とある魔術の禁書目録(インデックス)〈18〉 (電撃文庫)
総額: ¥1,976
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

学園都市の暗部で起きる事件を処理する『グループ』。最強の超能力者(レベル5)・一方通行(アクセラレータ)、魔術師でもあり能力者でもある土御門元春らで構成されたそのチームは、謎のキーワード『ドラゴン』について探っていた。それが、いまの“クソったれ”な現状を打破する唯一の手がかりであると信じて。一方、上層部に無断で行っていたその活動を煩わしく思う者がいた。その人物は、学園都市で最高の権力を持つ統括理事会メンバーの一人。彼の強大な勢力が、『グループ』に牙をむく。同じ時。元『アイテム』構成員の浜面と絹旗は、滝壺の見舞いにやってきていた。そこで突然巻き起こる、浜面の「バニーガール超好き疑惑」。どん引きする絹旗と滝壺を他所に、浜面は決死の釈明をするが。15巻、SSシリーズに続き描かれる、『学園都市の暗部』編登場。


登録情報

  • 文庫: 361ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2009/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048681370
  • ISBN-13: 978-4048681377
  • 発売日: 2009/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,366位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この巻は15巻の学園都市の暗部編の続きです。

この巻の「アツさ」はシリーズトップレベルでした。
学園都市の暗部の話のためほとんど上条当麻はでてきませんが、
一方通行、そして浜面仕上は大活躍します。

一方通行は毎度のこと、高い状況理解力、戦闘センスを見せてくれます。
一方通行は超能力者としての「能力」の強さでなく、
「人間」としての強さを感じさせてくれるのがいいですね。
そして特に浜面は凄かった。いわば「幻想殺しのない上条当麻」のようで、
少し弱腰な所はあるものの、滝壺理后のために必死で動き回ります。
おそらくほとんどの人が驚き、冷や汗かいたであろうある逆襲者にも
立ち向かって行きます。滝壺理后とも本当の意味で心が通じ合えたようです。
海原光貴や絹旗最愛らの戦いも、それぞれ目を見張るものがある上、
『ドラゴン』も登場し、かなり読み応えのある巻でした。

誰に教えられずとも、自身の内から湧く感情に従い真っ直ぐ進む者。
過去の大きな過ちの罪に苦悩しながらも、正しい道を歩もうとする者。
誰にも選ばれず、資質らしいものを何一つ持たずとも、たった一人の大切な者
のためにヒーローになれる者。
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちょこむーす VINE メンバー 投稿日 2009/11/22
形式: 文庫 Amazonで購入
番外編含め全てこのシリーズを読んでいます。

相変わらず登場人物が熱く、全体的に勢いがあること、
また「こうくるか!?」と感じさせるどんでん返しといい
1巻から進化を遂げつつも飽きさせないすばらしい作品です。

また、今回は直接ストーリーに関係ない(と思っていた)
ショートストーリーをまとめた本(SS、SS2)の登場人物が深く関わっています。
さらにすばらしいところは、SS本で回収していた様々な伏線を
再びストーリーに絡めて大きく膨らませているというところです。
SS本といい、1巻からじっくり読んでいる読者からしてみると、なるほど!と思う場面多数です。

ですが、少しだけ残念に感じられるのが
ここ数巻「理解不能な現象やら能力」が増えてきているような・・・。
まぁ超能力等、元から理解不能な能力が当たり前に存在する世界を描いているので
問題ないといえば無いのですが・・・。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一方通行と浜面のダブル主人公の巻です。
前後編にしてもおかしくないボリュームがあり読み応えがあります。

暗部編と言えばバトル中心な展開に期待ですが、そのあたりはツボを押さえています。
ダブル主人公に加えて、エツァリ(海原)もサブ主人公並に活躍します。
サービスシーンは元アイテムの絹旗が一手に引き受けてます。バトルでも活躍。
禁書では魔術サイドに比べて格闘系能力者があまりいないので絹旗のバトルシーンは新鮮です。

最後はちょっといい話だなーで終わったと思ってたんだけど・・・あれ・・・フレンダは?

上条さんはほんのちょこっと出ます(期待しない程度)。
科学サイドのお話ですが美琴、御坂妹、黒子は出ません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
科学サイドでも初期キャラ切り捨てて、使い易いしがらみのないキャラを出して動かしてる感じで、正直どうかと思います。
浜面などはその最たるものでしょうか。
長く続けるには仕方がないのでしょうけれど、逃げずにもう少し何とかして欲しいところですね。

あと、「理解不能な現象」みたいな未知のパワーも乱発しすぎで食傷気味かも。
なんでもありな世界観だからこそ、またか、と感じ出すと厳しいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容は15巻を引き継いでの『学園都市の暗部』編へ。
作品の冒頭にも記載されていますが、原作13巻、15巻、SS1巻、SS2巻に登場した人物や用語が随所に見られます。
今巻では、原作15巻のようなグループ間の争いというよりは、一方通行と浜面仕上を主軸に添えたストーリー展開になっており、土御門、海原(エツァリ)、結標といった「グループ」のメンバー、打ち止めや滝壺、絹旗といったヒロインがより一層二人の活躍を際立たせています。
それでいてそれぞれの見せ場がしっかりと用意されているので、始終飽きずに読み進めることができます。
ファンには嬉しい、「あのレベル5」やSS2に登場したスナイパーの再登場も見どころの一つです。
ストーリは緩やかに、そして終盤には劇的に変化していきます。
これからの展開を大きく左右する「主人公」たちの活躍を是非ご覧になってください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー