とある魔術の禁書目録Ⅱ 第3巻 〈初回限定版〉 [... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 1,350
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ステップ-REIKODO_FBAサービス
カートに入れる
¥ 4,455
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第3巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,100
価格: ¥ 1,300 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,800 (84%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、mmBOOKS (代金引換、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy決済対応)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 950より 中古品の出品:7¥ 45より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル アニメ】 - NBCユニバーサルの新作アニメ情報や、初ブルーレイ化アニメ、セール情報などはこちらからチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • とある魔術の禁書目録Ⅱ 第3巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
  • +
  • とある魔術の禁書目録Ⅱ 第2巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
  • +
  • とある魔術の禁書目録II 第4巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
総額: ¥5,796
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 阿部敦, 井口裕香, 佐藤利奈, 伊藤静, 谷山紀章
  • 監督: 錦織博
  • 形式: Color, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2011/04/06
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00479W652
  • JAN: 4988102699529
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,615位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

鎌池和馬の人気ノベルをアニメ化したTVシリーズ第2期第3巻。「座標移動(ムーブポイント)」の力を持つ結標と対峙する美琴を見た黒子は、美琴の世界を守るため結標との戦いを決意する。第7話から第9話を収録。特典満載の2枚組。

内容(「Oricon」データベースより)

鎌池和馬原作の学園アクションノベルのTVアニメ第2シリーズ!超能力が当たり前とされる科学が発達した巨大学園都市を舞台に、異能の力ならなんでも打ち消す“幻想殺し(イマジンブレイカー)”と呼ばれる力を右手に宿す高校生・上条当麻と、彼の前に現れた禁書目録(インデックス)と名乗る魔術の世界から逃げてきた少女の物語を描く。第7話から第9話までを収録。豪華特典付きの限定版。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

1巻2巻で感じていた話のチグハグ感が消えて見ていてわかりやすくなってきましたね
これから先が見どころなのでしょう。
初春や黒子も大活躍なので超電磁ファンも満足です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
このレビューは
この巻の感想と、第一期から第二期完結までのすべてを含んだ全体に対する感想の二つです。
この巻限りのアニメーション映像作品としての一般的な品質や、この商品の特典などの簡潔な情報は、他の方が提供して下さると思います。

この第3巻では、「残骸(レムナント)」編が終わり、「大覇星祭」が始まります。

この巻の「残骸(レムナント)」完結編では、「白井黒子」、「御坂美琴」、「打ち止め(ラストオーダー)」、「妹達(シスターズ)」(特に10032号)、そして「一方通行(アクセラレータ)」のそれぞれの思惑が関係し、スピーディーに状況が推移していきます。
印象深いシーンは「白井黒子」と「結標淡希」の対決の合間に挟まれる”会話”です。実際にご覧になれば、ベタな演出と肩透かしを感じるかもしれません。しかし、時と場所と人物を選ぶことで、ベタな演出は今でも人の心を打つ、という優れた例であると思います。

この巻の「大覇星祭」では、「上条当麻」が、「土御門元春」、「ステイル」と協力し、事件解決に動くパートと、「大覇星祭」の選手の一員として「吹寄制理」や「御坂美琴」と、運動会の種目をこなしていくパートを、いったりきたりします。上条は、いつもより割り増しで振り回されています。この流れは次巻も続きます。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
超電磁砲SSに惹かれて購入しました。
本編は見てないですw
初回限定盤とかには惹かれるもんです。仕方ないw
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この第3巻では、第7話で「残骸(レムナント)」編が終わり、第8話からは「大覇星祭」編が始まる内容になっています。

第7話では、白井黒子が結標淡希と奮闘するシーンだけでなく、病院での御坂美琴と白井黒子の会話シーンも、二人の絆がより深まる様子を巧く描いているので見所ですね。
第8話以降の「大覇星祭」編では、吹寄制理や御坂美鈴、オリアナ=トムソンなどの数多くの新キャラが登場します。
8話や9話では大覇星祭編の序章しか描がれていませんが、上条当麻を中心とした各キャラとの接触やストーリーに関する心境が巧く描かれているので必見です。
次巻以降の上条当麻や土御門元春などの魔術側や御坂美琴などの科学側の活躍に期待したいですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
科学中心のお話である残骸(レムナント)編ラストと、舞台が学園都市でありながら魔術中心のお話である大覇星祭編の序盤を収録した3巻。

残骸(レムナント)編(7話)
やはり科学側である残骸編は非常に出来がいいですね。演出も悪くないです。テレポーター同士の対決など見どころ満載。
まぁ細かい設定などは確かにわかりづらいですが、アニメという媒体を考えたら十分及第点でしょう。(〇〇が暴走した理由や、
後々重要になるとあるキャラが頭撃たれたのに能力使える理由など、サラッと流してるのが気にはなりましたが。)
それでも、今回もブックレットが非常に良く、キャラクターの小さな設定まで拾い上げてくれています。(それが後に重要な伏線だったりします)原作未読でも混乱しないで済むと思います。

大覇星祭編(8話〜9話)
こちらは魔術が中心となるお話です。
少し心配していたのですが、今のところ法の書編よりは悪くない出だしです。ただ、既にこの時点でgdgd感があるのが少し気にかかりました。
もう少し演出かなにかでカバーして欲しかった。とあるキャラが倒れてまで魔術を使おうとするシーンなど、もっと悲壮感を出す演出にするなどして欲しかったとは思います(原作では非常に印象に残っていたシーンでしたので)。魔術説明も相
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す