通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫) 文庫 – 2008/2/20

5つ星のうち 4.5 126件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)
  • +
  • 紫色のクオリア (電撃文庫)
  • +
  • こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)
総額: ¥1,975
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。
次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?
...圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!
蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?―圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。


登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094510524
  • ISBN-13: 978-4094510522
  • 発売日: 2008/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 126件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,154位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本作の他に、本を読んで号泣し、泣き腫らした記憶がない。
いわゆる感動ものといえば映画やドラマの印象が強く、私自身、本で涙を流した経験がなかったが、本書は私の常識を軽々と打ち破った。
序盤から終盤にかけて、巧みな文章も相まって時折ふっと笑みをこぼしながら楽しんで読んでいたものだが、終盤での秀逸な心情描写には思わず感極まり、嗚咽をもらさずにはいられなかった。本音としては、この本にこれほどの大感動は期待していなかった。楽しく読了できればいいと思っていた。終盤までも変わらずそう思っていたのだが、見当違いにリアルで優秀な文章はそうはさせてくれなかった。ストーリーそのものは他のレビューにもある通り、取り立てて非凡なものではなく、驚愕の展開が待っているというわけでもない。しかし、とりわけ筆者の文章表現が並外れている。それは違うだろう、というような不自然な描写が一つとして存在せず、また、陳腐な表現にならないようにと人物の心象をリアルに描こうとする作者の思いが如実に文字に現れ、それゆえ人の感情、思惑、行動の全てに確かな説得力があり、共感して物語にのめり込むことができる。ことさら少年少女の恋葛藤は読む者の胸を強く打ち、想定外の痛切さを持って物語を編み上げ、完成させている。
よって本作はライトノベルという枠を超えて、一小説として非常に高いレベルに達しているとの評価は妥当といえるのではないか。
少なくとも私の記憶に深く刻まれる作品となったのは間違いない。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ネタバレは避けたいので詳しく書きませんが、単行本は中が少し違います。
加筆されています。この加筆部分のために、私は単行本の方を強くおすすめします。

また単行本には本文中に1枚もイラストがありません。表紙も美しい物になっています。
この点も私には非常にポイントが高かったです。

ライトノベルと呼ばれる分野の表紙、また本文中に出てくるイラストに
気恥ずかしさを感じて手に取らないでいる人には是非これを手にとって下さい。
SFが好きな人、飛行機物が好きな人には少し?な部分も出てくるかもしれませんが
物語の美しさは秀逸だと思います。「夏への扉」とは異なる素晴らしい読後感がありました。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EXPO'70 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2011/7/27
形式: 文庫
正直、アニメ映画化―2011年10月1日公開。マッドハウス作品―の告知を知らなければ、オレがこの本を読むことはなかっただろうけれど、いや、この小説は傑作だ。
ロマンティック、エキサイティング、センチメンタル、そして、とてつもなくピュア。
傑作すぎて、どこまでこれを映像化しきれるものか、不安すら覚えるぐらいだ。
振り返ると、「いくら長くても平気」な方なら大丈夫だろうけれど、ちょっと長いかなー、という印象は残っている。だからオレは休み休み読んだけれど、逆にそれでその分、シャルルとファナのふたりへの感情移入がより深まった感じだった。
残りのページが少なくなって行くのを知るごとに、(この本の上での)ふたりとの別れが迫っていることを感じ、やけにせつなくなってしまったり。
そしてあの、他の人がいるところではちょっと読めない、哀しくも美しい、あざやかなクライマックス。
オレはもう、ハクション大魔王のようにほろほろと泣いていたのだった。
もしも、アニメ映画版がどのような出来であったとしても、この小説が読む人のこころにキラキラとした“なにか”を残す、珠玉の傑作であることは間違いない。
夏休み、秋の夜長などなど、じっくりとお読みいただいて、あなたにもその“なにか”を感じていただければ幸いである。

最後
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
最後まで読みました。さらっと読めて気軽なラノベです。何日もかけて読むようなボリュームではなく、マンガのような感覚でさっと読むのに適しています。
逆にいうと深く考えず、ざっと読まないとつらいです。あくまでラノベなので情景描写や文章構成はお世辞にも高いレベルとは言えず、読書好きな大人が読むと文章の違和感を感じると思います。
読書好きの方が読むときは、そこらへんを「新しい文学」と割り切って受け入れる広い気持ちが必要かもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SATOU 投稿日 2010/1/18
形式: 文庫 Amazonで購入
なにか面白い本はないかということで本屋さんに行ったときに発見した本です。
大々的にお勧めされていたので思わず購入!その後なかなか機会がなく読めないでいましたがここ最近読破いたしました。

飛空士シャルルと皇妃ファナ・・・この二人の心温まるもどこかせつない、そして気持の強さなどなど・・・読み進めている中様々な感情が自分の中で交錯し展開されているのを感じました。

ラスト20ページ・・・素晴らしいです!涙なしにはこの物語は語れないんではないでしょうか?
自分は読み終わった後すごく温かくもせつない気持ちに襲われました。そして読み終わった後も何度か思い出しては涙する。そんなことが多々ありました。

多少地理関係を把握するのに戸惑いますが、本当に本当にすばらしい作品です!

良作・名作・泣ける作品・心に残る作品をさがしている方は一度手にとって読んでみてはいかがでしょうか?

いろいろと自分の価値観等々考え直させられる作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー