通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫) 文庫 – 2008/2/20

5つ星のうち 4.5 126件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)
  • +
  • 紫色のクオリア (電撃文庫)
  • +
  • 雨の日のアイリス (電撃文庫)
総額: ¥1,975
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。
次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?
...圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!
蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?―圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。


登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094510524
  • ISBN-13: 978-4094510522
  • 発売日: 2008/2/20
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 126件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 122,909位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 sonata 投稿日 2015/12/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は王道ではありましたがそこが素直に感動しました。 身分の違いから叶わぬ恋とはこれ程切ないものなのかと思い知らせれます。 二人が結ばれハッピーエンドという自分的には後味悪い展開ではなくスパッとお互い気持ちを伝えそれぞれの道を行くというところが潔くて良かったです。 無料期間中だったのでタダで読めたのがなお良かったです(笑)これを機にとある飛空士シリーズ作品を読んで行きたいなぁと思いました。
でもやっぱり切ない恋は辛い(T . T)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SATOU 投稿日 2010/1/18
形式: 文庫 Amazonで購入
なにか面白い本はないかということで本屋さんに行ったときに発見した本です。
大々的にお勧めされていたので思わず購入!その後なかなか機会がなく読めないでいましたがここ最近読破いたしました。

飛空士シャルルと皇妃ファナ・・・この二人の心温まるもどこかせつない、そして気持の強さなどなど・・・読み進めている中様々な感情が自分の中で交錯し展開されているのを感じました。

ラスト20ページ・・・素晴らしいです!涙なしにはこの物語は語れないんではないでしょうか?
自分は読み終わった後すごく温かくもせつない気持ちに襲われました。そして読み終わった後も何度か思い出しては涙する。そんなことが多々ありました。

多少地理関係を把握するのに戸惑いますが、本当に本当にすばらしい作品です!

良作・名作・泣ける作品・心に残る作品をさがしている方は一度手にとって読んでみてはいかがでしょうか?

いろいろと自分の価値観等々考え直させられる作品です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ中央海を単機敵中翔破せよ」

物語は、一人の飛空士が「自国の次期お姫様を陥落寸前の領地から海を隔てた本国へ送り届けよ」という極秘任務を受けることから動き始める。

任務遂行中に互いに芽生えるとある感情。
階級差と自らに架せられた数々の責任ゆえにそれを表現することを許されない流民上がりの飛空士。
それまで自らの感情を押し殺し他者との精神的接触を避けてきたがゆえに、自らに芽生えたそれが何なのかわからず、そしてそれを表現する術を知らない次期皇妃。

王道と言えば王道ではあるが、2人の掛け合いと葛藤、そしてその間に繰り広げられる壮絶な空戦の描写に時間を忘れて没頭してしまった。

終章の締めには思わず感嘆の息が漏れた。そして読んだ後、誰もが思うことは「2人の登場人物のその後の顛末を見てみたい」だと思う。
しかしそれが決してこの作品のネックになっているのではなく、読後に後引く清清しさへと繋がっている点で作者の実力を思い知るかたちとなった。

あと2つの国とその国民性が現実世界の国をモデルにしてる点も面白くわかりやすかった。ちなみにレヴァーム=スペイン、天ッ上=日本だろう。

読後しばらく現実に戻ることが億劫になってしまう、そんな良作。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 紅茶 投稿日 2016/12/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
最初から最後までずっと引き込まれました。
気になっている人にはぜひ読んでほしいです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
Web上であまりに評判が良かったので読んでみましたが、評判に相違なく傑作でした。久しぶりに名作に出会えたという感動で胸がいっぱいです。「ブラボー!」と素直に賞賛できる作品でした。本書は今年1番のお勧め作品になりそうです。

真っ青な空と海の間を一機の飛行機が飛んでいく。
流民上がりの傭兵が未来の皇太子妃を乗せ、多数の敵が待ち受ける中を単独で突破を試みる。

映像化されたら良いな。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作の他に、本を読んで号泣し、泣き腫らした記憶がない。
いわゆる感動ものといえば映画やドラマの印象が強く、私自身、本で涙を流した経験がなかったが、本書は私の常識を軽々と打ち破った。
序盤から終盤にかけて、巧みな文章も相まって時折ふっと笑みをこぼしながら楽しんで読んでいたものだが、終盤での秀逸な心情描写には思わず感極まり、嗚咽をもらさずにはいられなかった。本音としては、この本にこれほどの大感動は期待していなかった。楽しく読了できればいいと思っていた。終盤までも変わらずそう思っていたのだが、見当違いにリアルで優秀な文章はそうはさせてくれなかった。ストーリーそのものは他のレビューにもある通り、取り立てて非凡なものではなく、驚愕の展開が待っているというわけでもない。しかし、とりわけ筆者の文章表現が並外れている。それは違うだろう、というような不自然な描写が一つとして存在せず、また、陳腐な表現にならないようにと人物の心象をリアルに描こうとする作者の思いが如実に文字に現れ、それゆえ人の感情、思惑、行動の全てに確かな説得力があり、共感して物語にのめり込むことができる。ことさら少年少女の恋葛藤は読む者の胸を強く打ち、想定外の痛切さを持って物語を編み上げ、完成させている。
よって本作はライトノベルという枠を超えて、一小説として非常に高いレベルに達しているとの評価は妥当といえるのではないか。
少なくとも私の記憶に深く刻まれる作品となったのは間違いない。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー