中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

でろでろ(1) (KCデラックス ヤングマガジン) コミック – 2004/3/5

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

オモシロコワいにも程がある。
ホラーギャグの天才・押切蓮介 単行本デビュー!!
清水崇監督 激賞!
「彼の漫画は、“恐ろしく…そしてまた、それ故に笑える”のだ。僕も実は中学生の頃まで「怖い映画」など苦手で観れなかった。もし、子供の頃、彼の漫画に出逢っていたら又違っただろう。」??清水崇(作品解説より)
<単行本特典>
新作描き下ろしストーリー2本に、幻の未発表別バージョン第1話を収録!

著者について

押切 蓮介
漫画家。『でろでろ』(講談社)などのホラーギャグに加え、『ミスミソウ』(ぶんか社)など内面的なホラー作品も手がける。1997年、週刊ヤングマガジンにて『マサシ!!うしろだ!!』でデビュー。去年はいいことがあったらしいが今年は不明。月刊少年シリウスにてアクションホラー『ゆうやみ特攻隊』を超絶進行&大人気連載中!

[HP/ブログ]
「カイキドロップ」→ http://www.kinet.or.jp/osikiri/index.htm


登録情報

  • コミック: 170ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063348482
  • ISBN-13: 978-4063348484
  • 発売日: 2004/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「小学生には道端にウンコがあっても一大事」というもの凄い小スケールで送る妖怪マンガ。
出てくる妖怪は「壱円ジジイ」だの「つままれ君」だの、耳雄(主人公)がその場で命名したんちゃうんか?と疑ってしまうほどいい加減。
そんないい加減な妖怪が道端のウンコのように自然に居る世界で身形も思考方法も小学生な耳雄が突っついては逃げ、逃げては逆襲する。
その単細胞と言うか子供っぷりが清清しい。
その耳雄も溺愛する妹の前ではお兄ちゃんなのが微笑ましい。
(本当は中学3年生)
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ホラー+ギャグという個性的な作風。
というか、基本的なフォーマットはホラーマンガなんだけど、
発想が小学生の面白い子がでっちあげた都市伝説、というノリなので怖いというより笑えます。

怪談のつもりで話しはじめたら、デティールをふやしていくうちに、いつのまにか
コメディになっちゃった、という。(もちろん作者は狙って書いてるんだけど)

出てくる化け物がどいつもこいつも妙な愛嬌があってキュートなんだよね・・・
幅広く誰にでもススメられるマンガ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
押切先生の代表作の1つです
先生が創作した妖怪を殴り倒したりなんやかんや…ていう話です

急展開!とかではなくて割とまったりしたあるある系の話が多いので
・のんびりした話が好きな方
・絵の上手さに拘わらない
・お化けをポッコポコにする所が見たい

という方にオススメです

あ 一巻ではあまりお化け殴ってないや(笑)

主人公の耳雄くんの妹の留渦ちゃんがすごく可愛いです
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 如是我聞 VINE メンバー 投稿日 2005/11/28
形式: コミック
とにかく奇妙で変!!

でもそこが最高。

出てくる幽霊はすべて変わったものばかりで、そいつらになぜかバックドロップが通じてしまうという謎(笑)

主人公、耳雄が溺愛する妹のシビアなつっこみもおもしろい&かわいい!

1回読んでみて!絶対損はない!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
何か新しいジャンルのマンガを読みたいあなたにオススメです!

「ハイスコアガール」で押切先生のファンになり、他作品も読みたいと思っていたところに、
ホラーギャグという自分好み作品を発見して、早速買いました。

感想は、バカバカしく不条理で気持ち悪くて怖い。そして

面白い。

不良で幽霊もぶん殴るけど、妹と飼い犬(親友)には優しい主人公にやられた(笑)

少しずつ集めていこうと思ってます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひざかけ500 投稿日 2005/7/24
形式: コミック
主人公の耳雄が僕の好きなひねくれ小僧みたいなタイプで絵も好きな感じだったので期待大で購入しました。しかし、最初は期待のし過ぎからか少し微妙かな・・・とおもいました。でも読んでいるうちにどんどん味がでてきて一気に全巻購入してしまいました。好みもあると思いますが読み返しもききますし読めば読むほど面白くなっていきます。耳雄の馬鹿さやサイトーさんのキュートさがポイントです。もちろんかわいい瑠渦ちゃんもポイント。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
不良中学生の少年が毎回さまざまな幽霊や妖怪に悩まされるギャグ漫画。

ホラーでありながらコメディという新しい作品で、
妖怪たちの姿は割とおどろおどろしく描かれているのに
主人公の言動が妙にのん気なところが面白い。
また、日常のよくある現象を妖怪の仕業にするセンスが素晴らしい。

「ハイスコアガール」や「ピコピコ少年」同様に
叫びながら的確なツッコミを入れるという笑いのスタイルで、
非日常な状況の中、生活感あふれる指摘が入るのが面白い。
一話一話が短めだが、手軽で読みやすいシュールギャグが魅力。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ついに出た。押切蓮介氏、初の単行本!
毎回ビミョーな妖怪がギャクで攻めてきます。一度はまったらもー病み付き!目指せ妖怪大百科(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いろいろな意味で魅力だらけの妖怪漫画。「呪怨」の清水崇氏、おすすめの作品ということで、凄まじく恐ろしいのかな・・・ と、思ったのですが、怖くないです。いや、違う意味でコワい。
10話の「つままれ君」は、グッとくる内容だし、14話の「シネマ淵が関」なんかは、長編として書き直しても良いのでは、と思います。 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック