通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫) 文庫 – 2009/12/24

5つ星のうち 4.2 120件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 115
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 594 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)
  • +
  • モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
  • +
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
総額: ¥2,873
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教諭は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。第六回新潮ドキュメント賞受賞。

内容(「BOOK」データベースより)

「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教輸は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。第六回新潮ドキュメント賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101311811
  • ISBN-13: 978-4101311814
  • 発売日: 2009/12/24
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,341位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
憎たらしいモンスターペアレントの、化けの皮をはがされていく様を読んで少しスッキリする。その程度のおもしろさでした。
「殺人犯はそこにいる」のような、圧倒的な気迫、正義のようなものはあまり感じられない。
他の方も書かれていましたが、同じ様な内容が何度も書かれている。
いったい何が真実なのだろうとちょっとモヤモヤした感じが残ります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
面白かったというか怖いですね。
身近にいたら巻き込まれそうでゾッとします。ノンフィクション本は面白いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「暗殺国家 ロシア」電子書籍で購入 これから読みますが、目次だけでかなり面白そうな予感・・・
「モンスターマザー」文庫化したらすぐ読みます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
社会とは未熟な人間の集まりである。
正義より自身のエゴイズムを優先してしまう人間があまりにも多い。
いじめ被害者とされた子供と両親の人格的破綻を第三者が公平適切に判断できなかったことが
この事件を大きくし、罪なき人を絶望に陥れた最大の要因である。
本文を読む限り子供は発達障害の範疇に含まれるであろうし、両親とくに母親はパーソナリティ障害が強く示唆される。
PTSDと診断した前田正治医師の診断は根拠が著しく乏しくあまりにもずさんだ。
まして精神科医であれば親子の人格障害を見抜き慎重に証言を精査すべきだったはずだ。
医師として正しい行動をとっていれば本件は事件にすらならなかったであろう。
初めにPTSDの診断ありきですべてのことは後付けで都合よく辻褄を合せようとしていて、
本件を前田医師の立身出世のためにただ利用したかっただけではないかと勘ぐってしまう。
本来、事件でも何でもない本件を事件に仕立てあげた前田医師は後にPTSDの権威として某国立医大の教授となり栄転している。
世の中の仕組みというのは本当につまらない。社会的な肩書の実態の無さにうんざりだ。それにこだわる人間たちが悲しい。
朝日新聞、週刊文春等の記者たちも本質的なところでは前田医師と同じく、正義より自身のエ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 プログレ 投稿日 2016/4/29
形式: 文庫 Amazonで購入
世の中はこんなに簡単に騙されるのか!? 人間の狂気が内包する底知れないエネルギーに、最早開いた口が塞がらない。慰安婦問題と相通ずるものを感じるし、意外とネット右翼にもお薦めできるかも。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
マスコミの過剰反応と親の自己中ブリ・・・・正義漢の本質かんがえさせられました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本書を読んで、最初に連想したのが、奈良県の妊婦死亡事件だ。毎日新聞の女性記者のスクープが
発端でで、マスコミに大々的に取り上げられ、産科医療の問題点を炙り出したと、大いに称賛され
何とか賞とかも受賞したようだ。

しかし、その後の様々なジャーナリストの検証を経て、その妊婦の家族に大きな問題があり、指弾を受けた
産科医院は極まっとうな医療行為指導をしていたにすぎないことがわかった。
しかし、事は、それではすまない。このような事態を恐れ、当該地区の産科医院は軒並み看板を下ろし
地域の産科医療は崩壊し、地域住民は多大な迷惑を被った。

その後、発端の火付け役は、妊娠をし、設備の整った大阪の大病院で出産をしたと。
何たる不条理だと怒りさえ込み上げたのを覚えている。
西日本新聞の野中貴子に、この毎日新聞の女性記者の影を見たのは言うまでもない。

思うに、教育機関、医療機関と言うのは、大人しい人が多いのか、マスコミにとっては非常に叩きやすい
存在なのだ。これが、警察や自衛隊などの強面組織なら、おそらく、件の女性記者などは腰が引けて
ここまで大胆な直情的な批判記事は書けないと思う。
強面保守政治家や財務省などでも程度の差こそあれ、同様の態
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本がいやに目立ったので手に取り、殺人教師とうたうからにはひどい教師なのだろうと思いきやまったく逆でむしろ教師が被害者だという驚く内容でした。懲戒処分が2013年に取り消されたようで安堵しましたが・・・虚言癖の方の相手は相当厄介のようですね。周囲がマインドコントロールされていく様子が悲劇です。火のないところにも邪悪な者によって煙を立てられてしまう恐ろしさ。この理不尽さに異議を唱え立ち上がった著者に感銘を受けました。「正直者が馬鹿を見る世の中にしてはいけない」という学生時代の恩師の言葉を思い出しました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー