通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫) 文庫 – 2009/12/24

5つ星のうち 4.2 115件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 198
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)
  • +
  • モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
  • +
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
総額: ¥2,873
ポイントの合計: 177pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教諭は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。第六回新潮ドキュメント賞受賞。

内容(「BOOK」データベースより)

「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教輸は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。第六回新潮ドキュメント賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101311811
  • ISBN-13: 978-4101311814
  • 発売日: 2009/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 115件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
朝日新聞に、福岡で教師が「お前の血は混血で汚れている」などの理由で、体罰を加えたり、差別をしたりしたため、子供が学校に行けなくなった…みたいな記事が出たのは憶えている。

後片付けを10秒間でしてしまわないと、アンパンマンという罰(鼻をつかんで血が出るまで振り回す)やミッキーマウス(両方の耳が切れるまで引っ張る)などをその生徒に選ばせて、毎日体罰を繰り返していたなど克明に詳しく先生のいじめの内容が書かれていたと思う。

そのいじめの原因が、母親の父がアメリカ人なので、アメリカ人との血が混じっている奴は穢れているとかいう理由だったという記事を見て、まず「本当か?」「本当にこんな教師がいるのか?」と思ったのは事実だ。

新聞が書いているのだから、間違いないのだろうが、だとするととんでもない先生だなぁ…と思ってしまった。

そのニュースは週刊文春とか他の全国紙、西日本新聞なども追随して、もうその先生が「殺人教師」とレッテルを貼られ、担任を辞めさせられ、6ヶ月の休職?も科せられ…となるのだが、もし本当にやっていたとしたら、当然の報いで、いやもっと重い刑罰を与えるべきなのだが、驚く事にこれは「冤罪」だったとの事。

すべてがその被害者とされる生徒の両親の思い込み・虚言による作り話だった…という
...続きを読む ›
コメント 387人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自殺強要を含む壮絶ないじめを小学校教師が児童に対して行っていたことが発覚。ところが,実はそれらは児童の両親による狂言だった,というノンフィクション。2007年に単行本化された時点では法廷闘争が2審で続行中だったため,出版後の経緯は「『でっちあげ』事件,その後」として新潮社のウェブサイトにまとめられた。2009年末の文庫化では,「その後」が収録されている。

この事件は映画化されてもよいくらいにスリリングだが,内容はある意味では単純だ。要するにモンスターペアレント(という用語は事件当時にはなかったが)の大ウソに周りの人間が翻弄されたという話である。ノンフィクションの素材としては極上の部類に入るだろう。しかし,誰が書いても面白く仕上がるというほど明快な構図を持った事件というわけではない。関係者の主張ひとつとってみても,両親(と児童)の主張,教師の主張,その雇用者で国家賠償請求訴訟の被告となった福岡市の主張,そして裁判所の主張(判決)がすべて異なるのだ。

著者はこの事件を解き明かす見事な枠組みを示してみせた。まず,本書が「教師 vs. 児童・両親」すなわち加害者対被害者という図式で組み立てられてはいないことに注意。もしそうなら,本書が教師をして「(児童)は,この事件の別の意味での被害者だ」(文庫p.299)と語らせることはないだろう。「教師 vs
...続きを読む ›
5 コメント 175人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マスコミは社会悪を暴き、追及する公器として絶対に重要だが、速報性(=他社との競争)に目がくらんでとんでもないミスも多い。

この本で実名で登場する週刊文春の「だまされ記者」はかなり有名な人のようで、最近もJR関連のスクープを飛ばして注目されているようだ。報道被害者への謝罪はあったのだろうか。そうは書いてない。

医師でも経営者でも、社会に迷惑をかける決定的な間違いはキャリアの終わりを意味する。マスコミの敗者復活ぶりには驚くばかりだ。異常な親・事なかれの学校に騙され、無実の教師を「殺人教師」とまで名指しして他人の人生をいじったプロフェッショナルが補償もなく野放しとは、どういうことなのだろう。

リスクをとらなければスクープはできない、ということもあろうが、他人の人生に多大な影響を与える以上、記者もプロであるべきだ。失敗に対しては謝罪があり、責任があるべきだ。この本のような破廉恥誤報記者の実名公開は、マスコミの内部告発・自浄作用として、今後増えていって欲しい。
コメント 267人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2007/4/23
形式: 単行本
本書に描かれているのと寸分違わず同じ状況を僕も経験しました。どう考えても取るに足らない行き違い(とさえ言えるのかどうか。その生徒が二日続けて欠席した日の夕方、具合はどうかと連絡を入れると、前日に欠席の電話を受けた際、僕が「きょう配るプリントなどは後日となりの席の生徒に渡させますから」と言ったことを、「先生は昨日、プリントは今日中にとなりの席の生徒に渡させに行きますからと言いました。娘は夜中まで待っていて、今はショックで寝込んでいます」と突然猛烈な抗議が始まり、いくら「高校はいろいろな所から生徒が通ってきているので、たまたまとなりになった生徒にわざわざ持って行かせることはありませんし、お嬢さん自身いままでとなりの生徒が休んだ時にはそうしていて知っているはずです。しかし、もし言い間違えたのなら謝罪します」と言っても聞き入れてくれず、翌日には学校にやってきました)をきっかけにそれは始まりました。しかし、本書を読みながら僕が背筋に冷たいものを感じたのは、本書と僕の体験との細部に到るまでの一致にあります。それは大筋にとどまらず、例えば「室見」といった地名にまで及びます。あえて異なるところをひとつ挙げると、その生徒及び保護者がその前年、本校で同様の騒ぎを起こしており、その経緯や顛末を近くで見ていた僕が担任になった当初から十分に認識していたことです。しかし、そんなふうに心構えができていたにもかか...続きを読む ›
コメント 273人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー