¥ 670
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
できる男は「常識」を信じない (PHP文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

できる男は「常識」を信じない (PHP文庫) 文庫 – 2015/3/4

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • できる男は「常識」を信じない (PHP文庫)
  • +
  • 男が人生で捨てていいもの いけないもの (だいわ文庫)
  • +
  • 「孤独」が一流の男をつくる (アスコムBOOKS)
総額: ¥2,452
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

つまらない常識に従うのは、もうやめなさい――。
本書では、人生に悩み、人間関係に悩み、仕事に悩むすべてのビジネスパーソンに向けて、心を強くしなやかにする「逆転発想」の思考術を紹介。「いつも全力投球は愚か者の証拠」「他人の目なんて気にしてどうする」など、できる男が自然と身に付けている、人生を前向きに生きるための「ヒント」が満載です。
「何事も逆の考え方をするくせをつけておくといい。『全員が賛成したら、その計画は危ない』と言ったのは、戦前の実業家・堤康次郎氏であり、電力王といわれた松永安左エ門は自ら『常に反対の側の面が目につく男』と称していた。逆発想を習慣づけておくと、ユニークな考え方ができるようになる。常識が役に立つのは、変化の少ない世の中のときだ。いまのように目まぐるしく変化しているときは、まず常識を疑ってかかるべきなのである」(本書「はじめに」より)
『人生はすべて「逆」を行け』を改題。

内容(「BOOK」データベースより)

つまらない常識に従うのは、もうやめなさい―。本書では、人生に悩み、人間関係に悩み、仕事に悩むすべてのビジネスパーソンに向けて、心を強くしなやかにする「逆転発想」の思考術を紹介。「いつも全力投球は愚か者の証拠」「他人の目なんて気にしてどうする」など、できる男が自然と身に付けている、人生を前向きに生きるための「ヒント」が満載です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2015/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569763332
  • ISBN-13: 978-4569763330
  • 発売日: 2015/3/4
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 601,973位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
里中李生さんの書いている内容とほとんど同じで新鮮さを感じませんでした。
初めてこういう本を読む人にはいいかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告