Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 812
ポイント : 8pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[里中 李生]のできる男は「この言い訳」をしない――ここで決まる! 強者の生き方 三笠書房 電子書籍
Kindle App Ad

できる男は「この言い訳」をしない――ここで決まる! 強者の生き方 三笠書房 電子書籍 Kindle版

5つ星のうち 2.6 25件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 812
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,028 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,821 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

「時間がない」

「運がない」

「お金がない」

「チャンスがない」

「自信がない」

「前例がない」

「努力しても結果が出ない」

「あの人のせいで」

……そう「言い訳」をして、いつも「できない理由」を探していないか?

言い訳を言っている人には特徴がある。

本書は、「言い訳人生」から脱却するための考え方、習慣、行動を指南し、
あなたに強力な意識改革を起こす「男の生き方論」。
頭角を現す男と、その他大勢の男はどこが違うのか――?
人生の突破口を開くためのカギがここにある!


■目次

はじめに◎何が「頭角を現す男」と「その他大勢の男」を分けるのか?

1章◎「結果」にこだわる一流、「努力」に満足する二流

2章◎なぜ、「できない理由」を探すのか?

3章◎「男の器量」は、こんなところで試される!

4章◎ここで分かれる! 「強者の生き方」「弱者の生き方」

■著者 里中李生(さとなか・りしょう)
本名・市場充。三重県生まれ。作家、エッセイスト。
時代の趨勢に流されることなく、物事の本質をずばり突く自己啓発論・恋愛論を展開。
著書に『一流の男、二流の男』『いい言葉は、いい男をつくる』
『男の器量は「女」でわかる』『「いい人」は成功者になれない! 』
『大切な人の心を離さない「かわいい女」63のルール』(以上、三笠書房刊)
などがある。ベストセラー多数。累計は190万部を超える。
その斬新で辛口の筆致は、男女問わず幅広い層から熱狂的な支持を得ている。

内容(「BOOK」データベースより)

「時間がない」「自信がない」「運がない」「お金がない」「チャンスがない」…そう「言い訳」をして、いつも「できない理由」を探していないか?本書は、「言い訳人生」から脱却するための考え方、習慣、行動を指南。頭角を現す男と、その他大勢の男はどこが違うのか?―人生の突破口を開くカギがここにある。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 212 KB
  • 紙の本の長さ: 110 ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2012/6/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BP6V76Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 99,209位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
他の本も読みたくなった。
ソコソコの収入を維持している里中さんは、えらい。

でも、嫁さんは他に女を作る事は本当に理解しているのだろうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ファンになった、正確には、ファンになるつもりは無かったのに、冒頭の文で惚れてしまった。悔しいが、この男はかっこいい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
15年間修業して、30歳でベストセラー作家として成功し「小金もち」になった、今46歳の著者が、「できる男」「強い男」になれたことを熱く語った本。「人のせいにしない」「言い訳をしない」「成功したいという信念」「本音で生きる」という生き方を続けている。

「高校中退」「中卒」の話が繰り返し出てくる。著者をバカにした大卒者は、自分ほど成功せず「小金もち」にもなっていないと述べている。本音でいきる男の器の小ささを感じる。

妻が認める女とセックスするのがストレス解消になると述べている。道徳や常識で批判する人は、皆嘘つきだと批判し、「表の顔は不道徳で不良、裏の顔はその逆」なので、自分を認めてくれているとも語っている。

もしも、仮に著者の妻が他の男とセックスしてストレス解消したいと言ったら、この著者は本気で認めるのであろうか。ほんの少しでも、妻には認めないという気持ちがあるなら、同じ思いが妻にもあると気づくはず。それを認めてもらっていると思い込む身勝手さ・ご都合主義が、「本音で生きる」生き方の真実の姿であろう。

「本音で生きている男のほうが、断然、人を傷つけない」と述べているが、本音を伝えにくい社会で、よほど言葉を選んで伝えなければ、もっと傷つけることになるのに、自分の生き方と異なる人をくり返しバカ呼ばわりする
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ローズマリー 投稿日 2014/2/16
形式: 単行本
この作者の言い分は論理的根拠がなく自身の固定観念や価値観を述べてるだけの内容です。いくらでも反論できる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この作者の勘違いぶりはすさまじい。世の中に,これほどなんの足しにもならない本を出し続ける作家(といえるのだろうか)は,この方くらいであろう。
 教養の無さ,品の無さ,自己撞着にあふれた記述,なんの根拠もないのに断言するものの言い方,上から目線の言葉遣い。
すべてが,驚異的なまでにくだらない。ここまでくだらないものをかけるものが書けるというのも才能なのか?
通常の人間であれば,このような文章は恥ずかしくて書けない。ましてや本にすることなどはできないであろう。
 いやぁ,この本にお金を払う意味が分からない。タイトルこそ「できる男は「この言い訳」をしない:ここで決まる強者の生き方」などとかっこいいこと書いてあるが,中身はまったくタイトルと関係の無い軽薄で,下品で,読むに堪えない駄文の集合体である。
 こんな人間が一流なら,日本人の大半は超一流である。一冊読んで,なんだかんだ言うのも気が引けたので,我慢して,「男の本質」「こんな男を選びなさい」も読んでみたが,
すべて中身は同じである。自分は,幼い頃,病気などで苦労した。高校も中退し,学歴も中卒である。そして,女にももてなかった。
 でも,「作家になろう」という夢を30歳で実現した。俺は夢を叶えた。年収も2000万円ある。女にももてるようになった。ところが,おまえらはどう
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ナルシストは引きこもりがちで自分に心酔しながら、思い通りにならない人間に敵意を燃やしているのが常。著者も例外ではないだろう。自分と考えが違う人間、弱者を見下して憎んですらいる。

イクメンはこの国から去れ、と言うが世の女性は男性の積極的な育児参加を望んでいる。著者は妻子がいるにも関わらず、どれ程育児が難しいか知らない。育児に無関心な男は女性から避けられる。

「お前らが日本をダメにした」と連呼しているが、著者は日本を代表しているつもりなのか?著者が言う「日本をダメにした人間」というのは、著者が嫌いな人間だ。毎年毎年、嫌いなものが増えて貶さないと自信が保てないのだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 o-san 投稿日 2012/8/15
形式: 単行本
出来る男、出来ない男、一流の男、二流の男、
何をして定義するのか?
がむしゃらに働いて、小金持ちになって、一番になれれば一流で、出来る男なのだろうか?
能力的な部分で差が出るのは競争社会だから仕方ない。
差があっても一番じゃないと気が済まないのか。
そう言う定義に縛られることなく、自分に自信を持って、
周りの人に慈愛を持って接すれば、それで良いのではないか?
負け犬と自虐的になって怠惰に生きることは、空しいが、
「足るを知る」でそこそこの幸せを手に入れて普通に暮らすことに、
異議を唱えるのだろうか。
いずれにせよ著者の言葉の、全ては受け入れられなくても、
生き方を考えさせてくれる本ではある。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover