中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

でぃ・えっち・えぃ (電撃文庫) 文庫 – 2005/1

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あっ、はじめまして。白鳥愛っていいます。実は今、隣の席にいる、クラスメイトの光君が悪魔に誘惑されているんです…!その悪魔たちは、可愛い女の子の格好をしてはいますが、光君の“堕落”を目指し、あんなことやこんなことを…。光君の“堕落”を防ぐためには、あたしと“契り”を交わさないといけないそうなんです。…でも“契り”って、つまり、あの、その…い、いえませんっ!7つの“罪”を巡る、甘美系誘惑ラブコメディ。


登録情報

  • 文庫: 289ページ
  • 出版社: メディアワークス (2005/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840229155
  • ISBN-13: 978-4840229159
  • 発売日: 2005/01
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,597,125位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
特にこれといった内容が詰まってない、萌え重視でちょっとエッチなラブコメでした
まぁ読む分には、スラスラ読み易い部類ではあったと思います
ただし、結構際どいイラストだったりするので読む場所は気にしたほうが無難な気もしますが……(苦笑

内容に若干触れてみると、主人公である白鳥愛の活躍がいまいちパッとしませんね(苦笑
むしろ、光を堕落させようと画策する7人の少女達の行動のほうが輝いてた気が……
いろんな意味で微笑ましくはあるんですが…頑張れ、白鳥愛!!って感じですかね
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
神代光を罪に落とそうとする7人の罪人の少女達と
彼を守ろうとする白鳥愛のラブコメ。

それぞれの罪を持つ7人の少女達と
天使の力を借り光を守ろうとする愛のどたばた劇は面白い。

しかし、今となってはいささか古臭い。
発想自体は悪くないが、時代を感じさせた。
いい作品は決して色あせないが、この作品は…

作者は相当なベテランのようだが、文章力は今ひとつだと感じた。
作中で、文章の途中に「−○○○○○−」と説明をいれる事が多すぎる。
また、登場人物の心理描写を同時並行で行っているので、
一体これは誰の心理描写なのか分からなくなることがあった。

1巻では、7人の少女達がまだ十分に動いていないが、
今後彼女達の動き方いかんによっては物語は面白くなるかもしれない。
次巻に期待したい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
萌え系……? エッチ系……? うーん……。
雰囲気としては『やたらと裸体やパンチラなどが登場する少年漫画』ってなところでしょうか。
『ネギま!』とか『ラブひな』が近い空気を持ってますかね。
ベテランのゆうきりん先生だけあって、文章力は高く読みやすいのですが、
まだ『萌えてえちぃだけの小説』という域を出ていないように感じました。
あー、でも、このような作品の場合はそれで正解なのかもしれませんね……。
評価の星三つは、客観的な評価というよりは、僕個人好みの評価なので(僕はこういう小説が、恥ずかしくなるので余り読めない)、取り合えず読んでみることをオススメします。
ダメだ、という人は、意外に少ないと思いますよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/3
形式: 文庫
この著者の作品はこれが初めてですが、ものすごく萌ぇ~な作品ですね。挿絵に至っては、電車の中ではそのページを開くのがためらわれるほどです・・・。
内容については、悪魔の計略にはまりつつある主人公の神代光をヒロインの白鳥愛が阻止しようとするのですが、その活躍がほとんど見られません。また、展開が速すぎる気がします。萌えに徹しすぎた反動でしょう。
そのあたりがうまく書かれていれば、もう少し面白く感じられたかもしれません。今後に期待したいところです。萌え好きな方には★5個くらいのおすすめかも。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
天使とハルマゲドンをもくろむ悪魔との闘争を人間界を舞台に描く・・・といっても萌えなイラストから想像できるとおり全然深刻ではないライト・ファンタジーです。しかし主要キャラが全員揃ったところで「以下続く」で終わるので盛り上がりに欠けるなー。続き?読む気しないです・・・。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告