通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるの... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★2009年12月20日初版。◆帯付きです。◆表紙にスレ、ヨレがありますが、本体・中面ページはきれいな状態です。◆除菌して丁寧に梱包し迅速に発送します♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか? 単行本(ソフトカバー) – 2009/12/20

5つ星のうち 2.5 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
  • +
  • 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ツイッターって何?」
「ミクシィや2ちゃんねるとどこがちがう?」
「皆どうして夢中になるの?」

ネット上を震撼させた凸凹コンビが、そんな疑問に全てお答えします!

話題のtwitter最強の入門書

特別収録:ビズ・ストーン(twitter共同創業者)×勝間和代スペシャル対談&本社訪問記



いまインターネットの世界では、ツイッター(twitter)という新しいサービスが大きな注目を集めています。

ツイッターとは、ブログやSNSのように、自分を表現し、世界中の人と「つながる」ことを目的としたソーシャル・メディアのひとつです。
2006年にアメリカでスタートし、日本語版は2008年4月に始まったばかりのサービスですが、驚くほどのスピードでユーザー数が増加しています。
そのもっとも大きな特徴は、140文字以内のツイート(つぶやき)だけで、みんながつながっているということです。

本書は、私たちのコミュニケーションをより楽しいものにしてくれるツイッターというメディアの全体像と、その魅力を紹介すること、
そして、こうした新しいツールを手にすることによって、私たちの世界はどのように変わっていくかを考察することです。

さあ、この新しい潮流を、私たちと一緒に体感していきましょう!

内容(「BOOK」データベースより)

「ツイッターって何?」「ミクシィや2ちゃんねるとどこがちがう?」「皆どうして夢中になるの?」ネット上を震憾させた凸凹コンビが、そんな疑問に全てお答えします。ビズ・ストーン(twitter共同創業者)×勝間和代、スペシャル対談&本社訪問レポートを特別収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 152ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009/12/20)
  • ISBN-10: 4887597746
  • ISBN-13: 978-4887597747
  • 発売日: 2009/12/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 816,307位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
大きな眼球でネットサーフィンしまくっているから、世の中の表層部分をすくい取るのはうまい人だ。いわゆるキャッチーな話題に器用についてこれるというか。マスコミの立場からすれば使いやすいんだろう。専門的な視点から深く難しく語るよりも、エセ専門家が軽薄なコメントをするほうがコンテンツとしては成立しやすいのだろう。

Twitterにそれなりの面白さがあって、流行っている程度のことは子どもだって年寄りだって知っている。コミュニケーションの手段は日進月歩だから、Twitterだって過去の代物になる日はそれほど遠くないだろう。腐っても“経済評論家”を名乗るのであれば、Twitterが流行ることの本質的な意義やその限界性・問題点について論じるべきだし、これからどのような方向に進むべきか示唆があってしかるべきだろう・・・。と、勝間氏の著書にまともなコメントをしても仕方がないか。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
小一時間で読める「ツイッター」ネタの暇つぶしの本といってよい。
前半でツイッターの利用法について述べてはいるが、「ツイッターをこう使って仲間を集めてます」というだけの内容といえる。
噴飯ものなのは、「私のタイムラインを全部読んでからモノを言え」という下り。
そんな暇なことをしていられるビジネスパーソンがどれだけいるのか?
(「出世すれば自分の時間が作れる」って他所で書いてましたが...)
ただ、勝間氏の場合、同じネタをタイトルを変えて出版しまくるビジネスの成功者(!?)とは言えると思います。

この人にこそウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)を読んでいただきたい。
まぁ、買ってまで読む本じゃぁありませんね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ちょっと読むのが遅くなって旬を過ぎた感じだけど、発売当時は勝間和代氏と歌手の広瀬香美氏のコラボによるtwitter本ということで、それなりに話題になった本。
「twitter最強の入門書」ってうたってあるけど、ホントの初心者向けの内容。広瀬香美氏を使った意味もよく分からない。

サブタイトルの「ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?」ということに興味があって読んではみたものの、こちらの内容も薄くて、ちょっと物足りなさが残る。

ということで、数あるtwitter本のうち、この本を読むメリットはあまりなさそう。

ただ、特別収録されたビズ・ストーン(twitter共同創業者)との勝間氏の対談と本社訪問レポートは興味深く読めた。
でも、121ページに書いてある勝間氏の発言、

「ツイッターのシステムは、インターネット・プロトコルに似ていると思います。インターネット・プロトコルも128バイトに設定されて、すべてをパケット化しようとしていますよね。」

っていうのを読むと、あれ、そうだったっけ? って疑問に思った。インターネット・プロコトルにおけるパケットサイズって全て128バイトなんだっけ? もしかしてこれってケータイのパケット通信のこと言ってるのかな?
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キー 投稿日 2009/12/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
Twitterを奨める本を出すなと思っていたら案の定出してきた勝間和代
ブログでも、ポータルサイトでも散々取り上げていたからヤッパリ感は否めない
3者の利害関係がよくわかる1冊です。
日本語ユーザーを増やしたいTwitter社
目立ちたい、勝間和代
Twitter社から仕事を貰っている広瀬香美

どうみても、勝間和代と広瀬香美はTwitter社から広告宣伝費という名目でお金を貰っている印象がある
Tiwtter万歳、本社まで訪ねてみました(笑)挙げ句に、広瀬香美はTwitterでコンサートしてみました。
もう、どこから見てもTwitter中毒者

前に、勝間和代は中毒性のある習慣は止めようと提言していたのに、立派な中毒者を作り出してる。
結局の所、一過性のモノです。TwitterはSNSと同様そのうち飽きる。その前に儲けようという魂胆が見え見え
そいや、「目立つ力」で散々ブログを推奨していたのに、今度はTwitterかよ。
変わり身の早さもすごい勝間和代。
Twitter入門書って書いてあるけど、実際の所、専門家(ITに詳しい人)の雑誌とか読んだ方がマシ
相変わらず、絶賛して、自分の経験を語って、対談してのパターンの本です。
2 コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー