中古品
¥ 1,352
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ・ヤケ・折れ等がありますが、使用上の大きな支障はありません。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか? 単行本 – 2009/9

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,352

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

その場しのぎで進化してきた、つぎはぎだらけの脳。
「人間らしさ」も、こんないい加減な作りの脳からこそ、生まれた。
私たちの愛、記憶、夢、神・・・なども、その産物にほかならない。

「脳の可塑性」研究における国際的リーダーであり、
「同業者として<神様>のような存在」と、池谷裕二氏が称えるリンデン教授が放つ、
脳と心の常識をひっくり返す話題作!

★「私が尊敬するリンデン教授の本だから、文句なく面白い。
 虚言、セックス、夢、宗教・・これらが脳の設計ミスから生まれることを知れば、
 読者の<常識>はブッ飛ばされるだろう」
 ----池谷裕二氏、大推薦!

著者:ジョンズ・ホプキンス大学医学部・神経科学科教授。脳の可塑性の研究分野で、国際的リーダーの一人。
『Journal of Neurophysiology(神経生理学ジャーナル)』の編集長も務める。

::目次::

1章 ● 脳 の 設 計 は 欠陥 だ ら け ?  
・・脳の作りは、案外いい加減・・スイッチが入ったままの小脳・・脳はアイスクリームコーンのようなもの・・ほか

2章 ● 非 効 率 な 旧 式 の 部 品 で 作 ら れ た 脳
・・燃費が悪い脳・・軸索は水漏れする庭のホースのよう・・脳はサイコロを振る・・ほか

3章 ● 脳 を 創 る
・・遺伝子ではできないこと・・発達中の脳は戦場のようなもの・・環境の豊かさはビタミンに似ている・・ほか 

4章 ● 感 覚 と 感 情  
・・脳はなぜ「物語」を作るのか?・・P細胞とWhat経路、M細胞とWhere経路・・情報の隙間を埋める脳・・ほか

5章 ● 記 憶 と 学 習 
・・記憶の想起はネット検索に似ている・・記憶のエラーが起こる理由
・・長期記憶の作られ方・・「記憶」は、進化の偶然の産物に過ぎない・・ほか
 
6章 ● 愛 と セ ッ ク ス   
・・脳が決めた性の特徴・・脳の性差とはなにか?・・歯磨きで起こるオーガズム・・ほか
 
7章 ● 睡 眠 と 夢 
・・睡眠はなぜ必要なのか?・・レム睡眠とノンレム睡眠が交互に行われる理由・・なぜ夢を見るのか?・・怖い夢が記憶の統合を促す・・ほか

8章 ● 脳 と 宗 教 
・・宗教が存在する理由・・脳の「物語作り」は止められない・・ほか
 
9章 ● 脳 に 知 的 な 設 計 者 は い な い  
・・インテリジェント・デザイン論の根本的な誤り・・まったく逆の真実
 

::レビュー::

神経科学に詳しい読者であっても、スパイスの利いた論点、入手し難い貴重な情報の数々を、
大いに楽しめるだろう。
----『ネイチャー』誌

私たちを魅了し続ける数多くの事例と刺激的な考察にあふれている。
----『ニューロン』誌

リンデン教授の語り口は、読者をとらえて放さない。
----『サイエンティフィック・アメリカン』誌

私たちの脳が、洗練されたデザインなどされているわけではなく、
ぶざまなつぎはぎだらけであることを解き明かしている。
----『ニューズ・ウィーク』誌

内容(「BOOK」データベースより)

その場しのぎで進化してきた、つぎはぎだらけの脳。“人間らしさ”も、こうしたいい加減な作りの脳からこそ、生まれた。私たちの愛、記憶、夢、神…なども、その産物にほかならない。“脳の可塑性”研究における国際的リーダーであり、池谷裕二氏が「同業者として“神様”のような存在」と称えるリンデン教授が放つ、脳と心の常識をひっくり返す話題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: インターシフト (2009/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772695168
  • ISBN-13: 978-4772695169
  • 発売日: 2009/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,470位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
近年の脳科学では、脳が多くの錯覚や認知エラー、無意識のウソなどをしょっちゅう侵していることが注目されている(こうした研究は、行動経済学やニューロ・マーケティングなどにも応用されつつあるという)。

本書は、まさに私たちの脳がいかに不完全で非合理であるかを、脳の進化から明らかにし、さらに心の問題にまで踏み込んだ面白い本である。

私たちが奇怪な夢を見るのはなぜ? 記憶の間違いはどう起こる? どうして人間だけがおかしな愛と性にひたっている? 神や宗教がけっしてなくならないのは? ・・・

そんな余りにも人間的なテーマに、著者は脳科学の最前線から切り込んでいく。とりわけ著者の研究分野である「記憶」とそれに関わる「夢」のパートは、最新の研究成果も盛り込まれていて読み応えがある。

おバカでしょうもない生き物――それが人間。でも、それでいいのだ。どんなスーパーコンピュータでも、人工知能でもかなわないチカラが「つぎはぎだらけの脳」に潜んでいるのだから!! (・・久々に劇画のように、哲学書のように、楽しめる脳科学本だった)
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 脳の進化や機能について、専門家の立場から
(一般向けに?)なるべく分かりやすく説明が
なされています。
 生理学の基礎や脳科学の勉強/復習だと思って
読むと、確かに勉強にはなります。そして、
著者の結論である人間らしさの仮説についても、
十分に納得が出来とても参考になります。
(しかし、目新しいことや面白さを強調すること
はなく、脳科学についても慎重に判断することが
必要というのが基本スタンス。)

 ただ、心については、ほとんど説明がされて
いないのが非常に残念でした。(タイトルにあまり
期待しないよう注意が必要です。)

 池谷裕二氏が絶賛しているとありますが、
これはちょっとやりすぎのように思えます。

 比べるのはよくないかもしれませんが、
インターシフト社の前作「脳の中の身体地図」
の方が一般向けにも、面白さでも個人的には、
おすすめです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書が、近年はやりの脳科学本の中にあって一際目立っているのは、その網羅性の高さと深さにおいてである。

人間の脳がいかに非効率的に進化してきたか、いかに日常の意志決定にバイアスがかかっているかが、豊富な事例を交えて述べられている。
分子レベルでの信号伝達にこれほど詳細な説明を与えている本は、他に見たことが無い。

脳科学にまつわる主要な論点を一つ一つ丁寧に詰めていく本書は、一読の価値は十分にある。

だが同時に、本書の難点も、そこにある。
その専門書っぽくない表紙やタイトルからは想像もできないほど細かな脳のメカニズムまでもしっかりと言及していく事が、本書の価値を危うくしているとも感じた。
かなり気合を入れて読まなければ読み通せないんじゃないかと思うほど、”専門寄り”なのだ。
一応は初心者が理解できるようにという触れ込みなのだろうが、全くの素人には少し難解すぎる内容が続く感は否めない。それに加えて、このボリュームである。

それなりの読書体力が求められる一冊と言えると思う。

その点も考慮して、☆3つ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「脳は、あらゆる種類の問題に対する「問題解決機械」だが、その作りは、何億年という進化の歴史の中で生じた種々の問題に「その場所しのぎ」で対応してきた痕跡をすべて、ほぼそのまま残している。そのことが人間ならではの特徴を生み出しているのである。」

脳には、体に対し「動け」と命令する信号を出す部位があって、小脳はその信号を受け取って、「体の動きによってどのような感覚が生じ得るか」を予測する。また、感覚器からの情報のうち、予測どおりの感覚に関するものは無視するよう伝える抑制信号を、脳の他の部位に送る。このため、予測どおりの感覚は、私たちの意識にはのぼらなくなる。

自分をくすぐる場合には、手の動きを起こすための命令が出されることになり、それが小脳に送られる。すると小脳は、予測どおりの感覚が得られた場合に、それを無視するよう伝える信号を送る。その結果、自分で自分をくすぐった際の体性感覚皮質の活動は抑制されることになる。

脳の分子生物学的知見や脳の各部位の有する機能について、かなり専門的なレベルまで良くまとまっていますので、脳研究の専門家ではないけれど、脳の機能について興味のある人におすすめです。

最後にこんなことを言うと叱られそうですが、本書で一番記憶に残ったのは、マックス・デルブリュックの言葉「話をする時は、相手に知識は全くなく、知性は無限にあると思って話せ」でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック