通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
つきあってはいけない (ハルキ・ホラー文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コレクターの方や新品をお求めの場合はご遠慮下さい。お問い合わせはアマゾン経由のメールをご利用下さい。携帯電話・スマートフォンをご利用の方やメールが届かない場合は、アカウントサービスにある「出品者とのEメール履歴を見る」から確認してください。店舗併売につき、売切れの場合はご注文をキャンセルさせていただきます。土曜・日曜・祝日は休業いたします。郵便局の【ゆうメール】発送です。直接のお取引には対応できません。必ずAmazonマーケットプレイスからご注文ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

つきあってはいけない (ハルキ・ホラー文庫) 文庫 – 2004/7

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • つきあってはいけない (ハルキ・ホラー文庫)
  • +
  • ゆるしてはいけない (ハルキ・ホラー文庫)
  • +
  • ふりむいてはいけない (ハルキ・ホラー文庫)
総額: ¥1,943
ポイントの合計: 24pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

携帯電話を媒介にした気軽な出会いや、合コンで知り合った男の子とのはじめてのデート。だが相手には恐ろしい本性が隠されていた。異常に嫉妬深い男、傷付いた女が好きな電波男、逆恨みしてくる元カノ、偏執狂的なストーカー。予想もつかなかった恐怖の日々が開幕する…。『ポップティーン』に連載され、話題を呼んだ恐怖の実録怪談が登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

平山/夢明
神奈川県生まれ。「週刊プレイボーイ」、「宝島」等で映画・ビデオ批評をしながら作家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758431183
  • ISBN-13: 978-4758431187
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 450,061位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
実際あった話を短編集にしてあるみたいだけれども、
最初の何話かは、本当にありそうでこわーいって思いながら
読めたけれど、だんだんつまらなくなっていった。
そんなこと実際には起こらないだろーっていう話や、
なんか霊感がどうとか、宗教がどうとか。
星5つつけたくなるような始まりで、星2つで終わるような感じ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 げに恐ろしきは生者なり、ということを再認識させられる一冊である。歪んだ情愛を抱く狂人どもの、いびつな感情表現の被害者が、危うく生命の危機を逃れて告白した体験記録集である。同著者の『いま、殺りにいきます』や『東京伝説』の中の精神異常者どもの狂気に比較すると、少々インパクトに欠けるが、それでも身近に居て欲しくはなく、ましては付き合いたくもない狂人達であることには変わりがない。特に若い女性が読んで、心に留めておくべき一冊である。自らがその体験者・被害者にならない為にも…。

 内容を見ると、そもそも高額な報酬に釣られて危険なバイトに行ったために、そこに集まる狂人の毒牙にかかった例も多い。(変態が夜部屋に侵入してくる『リモコンデート』。大勢の女性達と一心不乱に呪詛を掛け、成功報酬迄頂ける『チャクラ屋さん』など)。

 又、初めは魅力的な印象だったものの、後になって本性を表してくる例などは、防衛策は取りづらい。(女の体に珍種の蜘蛛を寄生させようとする『命の次に…』。彼氏が自分に成りすまして行動する『影』。霊能者に成りたくて修行し、遂に邪悪な能力を手に入れた彼氏に殺されそうになる『霊能志願』。ストーカーを他人に偽装して善人を装っていた『つきまとわれて…』など)。

 他には、異常な一方的な情愛の結果、その相手と心中させられそうになる
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
平山氏のシリーズを愛読している者にとっては少し物足りないカンジがするかもしれない。パンチの効いた恐怖感もなく、少しずつ積み重なるような恐怖感も無い。たとえていうなら「こんなヤツが居たらしいよ~」「へー怖いね~」ぐらい。しかし、一人暮らしの女性が夜、黙々と読めば十分怖いかもしれない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 余っち 投稿日 2011/4/1
形式: 文庫
の本は、表紙からして怖いのが多い。

本当怖い…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック