Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,250

¥ 694の割引 (36%)

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョーン・トリフソン]のつかめないもの (覚醒ブックス)
Kindle App Ad

つかめないもの (覚醒ブックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,250
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 500

商品の説明

内容紹介

読んでいるといつの間にかノンデュアリティ(非二元)がわかる本!

わかりやすく読みやすいです。


アメリカ在住の女性のノンデュアリティ・ティーチャーの本。


「現実そのもの(起こっているそのままの経験)は、考えによってはつかむことができず、それと同時にまったく明白だということがわかるでしょうか?」


「つかむものがなければ、何かをつかめる人もいない。」



--------------------------------------------------------------------------------


この本の目的は、疑問に対して答えを差し出すことではありません。

むしろこの本が目指しているのは、こうした疑問の土台にある前提を崩すこと、
抱えているように思える問題や矛盾がじつは幻影だったと明らかにすることです。


この本は古い信念を新しい信念に入れ替えるためのものではありません。

信じる信じないに関係なく、存在しているものを見つけませんかという誘いなのです。


直接経験すると、どんなものにも実体や実質がないことに気づきます。

変化を続けながら絶えず現れているこの経験は、虚無的な意味での無ではありません。
それは、つかむことも避けることもできない、

みごとに多様で絶えず変わりつづける途切れのない一体性という、非―もの性なのです。


(本文より)


内容(「BOOK」データベースより)

つかむものもなければ、何かをつかめる人もいない。現実そのもの(起こっているそのままの経験)は考えによってはつかむことができず、それと同時にまったく明白だ。読んでいるといつのまにかノンデュアリティ(非二元)がわかる本。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3302 KB
  • 紙の本の長さ: 149 ページ
  • 出版社: ナチュラルスピリット (2016/10/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M3R2VDJ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 13,693位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tomo 投稿日 2015/9/5
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は「今この瞬間」しかないこと、「今起こっていることがすべて」であり「完璧」であることが繰り返し語られています。

翻訳者さんのあとがきでも触れられていますが、著者はかつてはアルコール中毒、ドラッグ中毒、ヘビースモーカーで若い時にはかなり荒れていて、強迫性の障害がありレズビアン、政治運動などにも参加してきた…と、かなり激しい人生を歩んできたそうで、「目覚め」に関しても劇的な覚醒体験があったわけではなく、自然に探求が止まった…という人で他のアドバイタ、非二元の人からすると珍しいタイプかもしれません。
でもこれは逆に悟りや気づきに個人の体験や経歴などはまったく関係ないと感じさせてくれます。

彼女は現在、気づきの感覚がある一方で、それまでの自らのさまざまな苦労、紆余曲折の体験から「気づき」「今という瞬間」がいかに重要で大切かを自らの経験や失敗談、たとえを交えてなるべく分かりやすく伝えようとしてる感じで、全体的に表現が柔らかで優しく、ユーモアもあり、哲学的な言葉や抽象的な表現、ややこしい専門用語などを使わず、きわめて普通の言葉で語ってくれていて読んでいて「これはどういう意味なんだろう?」と頭を悩ますこともほとんどなく読みやすかったです。

どこか超然とした感覚から話すのではなく、フツーの言葉、感覚で語ってくれていて、
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/7/29
形式: 単行本 Amazonで購入
なぜ人は苦しみ悩むのか。

それを突きとめるために
キリスト、ブッダを始めとする、世界中の
宗教家や哲学者や思想家や文学者が

妻子を捨てて何年も滝に打たれたり、座禅をしたり

「生きている限り苦しみから逃がれることはできない」と
早とちりして自ら命を絶ったり……

すったもんだしながら格闘してきた大命題を

著者はさくっと解いている。自分なりにまとめると

「わたしが気づいたのは、苦しみや混乱が現れるときはいつも、
意識が思考の中で迷子になり、空想の世界に
魅了されてしまっている、ということです。

そのとき意識は『それ自体が海全体だ』ということを忘れ、
ただひとつの波と一体化して生き残ろうとしつつ、
その波としての成功を追い求めている。

『海を離れて存在する波はない』と悟り、
『自分』と『今の瞬間のこのできごと』のあいだに
想像上の分離がないとき、
苦しみは終わり、悩みも問題も消え去ります」

この海と波のたとえは、とてもわかりやすい。

すべての生物にとって、どんなときも全く疑い
...続きを読む ›
1 コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今まで、抑圧感情や、抑圧していた思考が現れたら、それを判断やレッテルを貼らずにただあるがままに観るという意味が全くわかりませんでした。思考とともに嫌な抑うつ感情が出てそれに巻き込まれて行く自分がありました。この本を読んだらその意味がなんとなくわかったような気がします。実践して行こうと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ともかく読むべし!自分と言う名の鱗が、ダダダダーと勢いよく剥がれ落ちて行く様が、例えようも無く爽やかである。非ニ元の本はかなり読んでいるが、この本は数ある非ニ元の本の中でも最高峰と言っても過言ではない。素晴らしいの一言に尽きる。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今、あるとおりの現実しかないことに 気づかせてくれる本。

今、見えているもの、聞こえてくる音、感じている匂い、手足に触れる感触、舌で味わい、呼吸が繰り返されている。
そんな当たり前の現実。
思考が「これについて」数珠繋ぎに空想を巡らせているときも、起こっているのはそのままの現実。
その意味において、自己はまさに無境界で、完璧に起こっている。

身体でもあり、悩み、傷つき、ときには平安や喜びも感じながらも、その生そのものが すでに目覚めであり、初めから、必死で追い求めていた 「つかめないもの」。
生のどの部分も、これから分離できない。

また、崇拝される「覚者」の類いも、私たちと同じ 間違いも犯す当たり前の人間であり、永遠の悟りに とどまるような「個人」はおらず、あるのはただ あらゆるすべてを含んだ 〈ここ ・ 今〉のみということを、非常に明確に指している点も 素晴らしいと感じる。
悟りについての耳障りの良い言葉や ごまかし、幻想を吹き飛ばしたいかたにもオススメ。

読むためには思考を使わざるを得ないが、途中からそれすらも手放したくなった。
ありのままの生に気づかせてくれる稀有な本。
コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover