Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 530

¥ 42の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[北川 恵海]のちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
Kindle App Ad

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 234件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 530
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572 ¥ 13

紙の本の長さ: 258ページ

商品の説明

内容紹介

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。 同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。 なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――。第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。 スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

内容(「BOOK」データベースより)

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった―。スカっとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13791 KB
  • 出版社: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2015/5/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00XBKOQZQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 234件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 135位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
毎年3万人の人間が自ら命を絶ち、その原因の多くが仕事のストレスである。これは異常な事態だと常々思っていました。どうしてたかだか仕事のことで死ななくちゃいけないんですか。その人生は誰のためにあるんですか。この小説にはその答えが書かれています。仕事が辛くて辛くて「死にたい」と考えているあなたに読んでほしい物語です。生きてください。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
仕事の失敗を上司に責められうつ状態になり自殺寸前まで追い込まれる若者の物語です。
僕は親友を自殺で亡くしました。
この本を読んでいて涙が出てきました。

仕事が辛くて死にたいと思っている人がいたら是非読んで欲しい本です。
仕事のことなんかで死ぬ必要なんかないのです。
死ねるくらいの勇気があるのならもっと他のことに使えばいいのに。

何かで失敗したとしたら友人として話を聞いてあげたり、
アドバイスをしてあげたり
何か出来ることをしてあげられると思うのです。

でも死んでしまっては何もしてあげられない。
死んでしまってはもう終わりなのです。

もっと色々なことが出来るのにもったいないですよ。

この本は著者の処女作みたいですが、とっても上手な作品でした。
著者の優しさが行間からあふれてくる小説です。
とっても読みやすい本です。
お薦めです。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mas 投稿日 2015/7/31
形式: 文庫 Amazonで購入
ブラック企業にいるわけではないですが、昨日会社を辞めてきました。
本が届いたのは昨晩で、さすがに本を読んで辞めました。とは行きませんでしたが、自分の選択か間違いじゃないと思えた作品でした。
他の方のレビュー通り、笑いあり、感動ありで、クライマックスシーンはちょっとやりすぎ感も。。
一気に読み切れるないようで、2時間ドラマとかになったら面白そうな、そんな内容です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本屋で平積みされていたので、購入してみた。
文章も読みやすいし、ストーリー展開も早い。
特に最後に上司に向かって話す場面はそれまで苦しんでいた主人公が晴れ晴れとなっていくことが感じられスカッとする。
ただ、主人公の感情の変化やその表現が浅いと感じた。また、少しミステリアスな部分が冒頭からあるが、その答え・オチが少し弱く、あまり驚くことはなかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/6/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
話題なので映画を見てから原作を知りたくなり読みました。
映画のバヌアツの夜空もすばらしかったのですが、原作は原作のよさがありました。

おじさんからすると、ブラック企業とは儲かっていない企業です。その点をしっかり働く人に認識してほしいのです。
だからこの作品の部長もヒステリックなのです。
本には出てこない経営陣から業績が悪いととっちめられるから。
そして儲かっていない企業の経営者はだらしなく、先頭をきって改善するつもりもない。
被雇用者はビジネスの収支について責任は負っていないし、負えないのです。
ダメ経営者は儲からないビジネスであることから顔をそむけ、根性論だけを持ち出し「なんとかしろ」というバカなことをいいます。
この本に出てくる印刷会社のやり方がまさにそれですが、それは経営とはいいません。
映画よりも、原作を読んででよかったのは辞める青山くんがそういうブラック企業の脅しに対して、
辞める人の正当性をしっかり代弁しているところです。
そして全体を通して「なんのために仕事をするのか」ということがはっきりしています。

今、日本の労働環境は変わりつつあるし、変わらなければ、先進国からずるずると順位が下がる瀬戸際です。
読みやすいこの作
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とっても面白い本です、外国人としての私もわかりやすいです、おすすめです。しかも、感動すりところもいっぱいあります
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
そこそこの大学を卒業したにもかかわらず、しかも同級生が大手企業に就職した一方、やっとのことで
内定が取れた中堅の印刷会社に入社し、肉体的にも精神的にも使い潰され疲弊していた新入社員・
青山隆は、無意識に駅のホームから転落しかけたところを、小学校時代の同級生だと名乗るヤマモトと
いう男に腕をつかまれ九死に一生を得たことをきっかけに週一回のペースで彼と会うようになるも、
ヤマモトこと山本純は三年前過労で自殺していたことが分かる。果たしてヤマモトは一体何者なのか?
そして隆はこの状況に答えを見出すことができるのか――が本作の簡単なあらすじ。

クライマックスのとあるシーンは、ブラック企業勤務経験者であったら誰しも脳内で妄想するであろう
シチュエーションを見事に再現している。

あまり参考にならないかも知れないが、零細電気機器販売→社会福祉法人→派遣バイト→
3Dプリンタ営業(as派遣)→中規模SIer→運送派遣バイト→大手PCメーカーと紆余曲折を経ている
小生から言えるのは――
「新卒で失敗したら社会人として失敗」ではない。それはまだ転職が一般的ではなく、
一つの会社に定年まで勤め上げた親世代限定の話である。
「最低三年は続けろ」は嘘。むし
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover