通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ちはやふる(34) (BE LOVE KC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ちはやふる(34) (BE LOVE KC) コミックス – 2017/3/13

5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 300 ¥ 183
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ちはやふる(34) (BE LOVE KC)
  • +
  • ちはやふる(33) (BE LOVE KC)
  • +
  • ちはやふる(32) (BE LOVE KC)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。

互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った長く熱い夏が過ぎ、千早たち3年生は次へのステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩む。そんなとき、周防名人と詩暢が出演したテレビ番組が放映され、刺激を受けた千早は…!?

一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!

それぞれの決意を胸に臨んだ、高校最後の全国大会個人戦。女王・若宮詩暢と新の決勝戦は、手に汗握る運命戦の末、新の勝利で幕を下ろした。互いに強くなると誓った千早と新。全員で戦った熱く長い夏が過ぎ、千早たち3年生は次のステップへと進むときがやってきた。詩暢とクイーン戦で再び会うことを約束した千早は、いまやるべきことに思い悩み……!? 一人でも進んでいくと決めた秋。覚悟を胸に、約束の試合へ――!!


登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063945359
  • ISBN-13: 978-4063945355
  • 発売日: 2017/3/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
娘のために購入していますが、私も続きが早く読みたい!!面白かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
拙い文章でレビューを書くことをお許し願いたい

私には難しすぎて感情では好感をもてるもののそれを具体的な言葉で何故好感を持てるのか自分でもわからない。でもこの「ちはやぶる」の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたい
34巻を読んでそういう感情に突き動かされた。

私はタブレットに既刊も落としているので仕事の休憩中やバスでの通勤時間に何度も読み返しているのですがちょっと深すぎて言葉が見つからない
34巻の見所は私的には千早のお母さんと太一です。お母さんの言葉「子供には高確率で幸せになってほしいのよっ!」自身の母親に確執を持つ太一にはどう聞こえたのか?
当初はヒール(悪役)?で登場した周防名人も詩暢ちゃんや千早をフォローしたりと大活躍
千早に「富士」じゃなくて「不尽」というところも凝ってるし最高のエール どうしてこんな好い人にw
とりあえず「ちはやふる1~34」哲学漫画です。
巻をまたいで登場人物の成長や心情変化の細やかさ、全部読まないと作品のよさが伝わらないと思います。完結シテナイデスケド(汗

末次先生倒れないように頑張って!!

祈ってます
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 atomu 投稿日 2017/3/16
形式: コミック Amazonで購入
試合ではないシーンでも スピード感(面白く早く先を見たいと思う気持ち)感じられてて、お勧めです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
肉まんくん漢!
クィーンと千早の苦悩‥。
物語完結に向けての大きな助走なのかと感じる巻でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
人気長編マンガが陥りがちな罠に、はまっているように思います。
初めは面白いんです。
新しい魅力的なキャラと巡り会い、様々な伏線が張られていく、そんな中で、主人公がぐんぐん頭角を表していく様が読む者の共感を呼んで、先の展開が待ち遠しい。

ところがこれが長編化すると、いろいろ難しくなってきます。
主人公がある程度成長すると、それ以上は成長する喜びを描くのは難しくなってくる。
一方で、増えたキャラは、それが魅力的であればあるほど勝手に動き出し、細切れな枝葉のストーリーが増え、全体が冗長な感じになってくる。
読む方から言うと、楽しみにしている伏線の回収はなかなか行われず、主人公は壁に突き当たるばかり、話の先を追うことに疲れてしまい、苛々が募るのです。

この罠にはまってる漫画はいくつもあります。
最も有名なものでは、「ワンピース」とか。
反対に、はまらずにすんだものでは、「スラムダンク」とか、「ヒカルの碁」とか、まだ先を読みたいと思わせる中で終わってしまった漫画が多いです。
連載開始時にすでにストーリーが固まっていて、ひたすら主人公の成長のみを追って完結した、「のだめカンタービレ」のような漫画もあるますけどね。

作者が、展開を引き伸ばしてるとは言い
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
主役だけじゃなくて脇役たちのドラマにまでページをしっかりと割いて描いてくれる作者に感謝です。

ありがとう、うそって言ってくれて・・・
ここが一番泣けたね。ピエロになるしか、ピエロにしかなれなかった男の優しさをきちんと分かってあげられる
かなちゃんが最高だった。

そして。そんなピエロを格好良いと言ってくれる娘とのロマンスは、
きっと次巻以降で描かれるんだろうってことを私も期待しています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 chairman 投稿日 2017/3/13
形式: コミック Amazonで購入
それは今かもしれない。
尽くすよね、ベスト。感動しました。

千早、輝けるか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
誰のファンかによっても違うだろーが、千早が新に夢と情熱をもらいそれを自分のものにし、仲間と苦難も超えつつ成長し、努力の集大成としてクイーンに臨む話だと思っていた。が途中からいかに太一が千早ゲットしカルタも強くなるかが主軸の青春群像に。バレンタインと太一祭から別物になり、今はどこに向かってるのかわからない。
まずパワーバランスが作者次第なので、情熱あり人生賭けて努力する強キャラがご都合で負かされ、練習しないでグダグダしてた奴が謎パワーで勝ててしまい、カルタがつまらなくなり競技漫画として終わってしまった。特定の技術や戦略磨くシーン殆どないしメンタルも弱い、なのに練習休む度に強くなるので千早の強さに説得力が無い。カルタサボり受験勉強してたら新に圧勝って何だそりゃ?
修学旅行>クイーン、強豪校>クイーン、受験だから今年は諦めようかなとか、こんな姿勢で臨むクイーン戦への期待感などゼロに。
最悪だったのは太一復帰の舞台に消化されたあの三決。練習もろくにしてなかったのに、端から全員の動き把握かつ新にも勝てるなら、クイーン戦で千早が勝っても当然、負けたらどうしたの?に。カルタへの想いが強く誇り高く人生賭けてる詩暢こそクイーンであるべきだし、格下で受験と並行クイーンへの思い入れも大した無くブレまくりの千早勝利とかあり得ん。
新も千早の視界にも入
...続きを読む ›
2 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー