通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) コミックス – 2008/5/13

5つ星のうち 4.3 145件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 453 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
  • +
  • ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)
  • +
  • ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第35回(2011年) 講談社漫画賞受賞

内容紹介

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。
そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。
まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063192393
  • ISBN-13: 978-4063192391
  • 発売日: 2008/5/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 145件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメの大人気で、ただかわいこちゃんがカルタというのをテーマに取り入れて、物珍しさで売れているだけだと思っていた。
アニメ版は録画はしているものの、観ることなく直接原作を読んでみた。アニメは大事なところを端折っている場合も多いので、より正確に作品を評価出来ると判断した。
「競技カルタは格闘技だ」と評していた知り合いの言葉に納得してしまった。
作品中では「スポーツ」と表現している。
皆からの評価が高いのは、当然かなと思った。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分に自信を持つとはこんなことなんだ。私にはなにができるだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かったです。
今まで馴染みの無かったかるたにちょっとハマってしまいそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
お姉ちゃんが 美人で 頭もいい。
コンプレックスをもっていた 妹 ちはや。
ちはやが小学生のとき、
あらた という 転校生が あまり話さないが
興味を持って ちかづいたら かるたが うまかった。
それで かるたに のめり込んでいく。
まんがの画像は 荒っぽいが ストーリーとしてはおもしろい。
金持ちで、なんでも一番の 太一は ちはやに嫌われたくないと思いながら
ちはやが興味を持っている あらたの眼鏡を盗む いたづらをしてしまう。
それを ずいぶんひきづるのだ。性格がちょっと悪い。
ちはや、新た、太一が いい関係で 友達となる。
ちはやの天真爛漫さとお姉ちゃんコンプレックスがいい感じ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話題だったので買いました。
映画も見ておけばよかったな〜
漫画だけじゃ良くわからないです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ns トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/16
形式: Kindle版
全身全霊をかけて何かに打ち込むことを力強く表現してくれている。
本当に学生のときに読みたかった!

ひたむきなキャラクターを見ていると羨ましい気持ちと同時に
自分が今やっていることに一生懸命取り組む気持ちを湧き上がらせてくれる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
作品の質としては全く悪くない。
問題は、読み手=私が、基本的に「このシチュエーションを受け入れられるかどうか」。
このシチュエーション、と言うのは、「百人一首と言う、現実にはマイナーな世界が、まるでサッカーやTVゲームのように、日本中の子供たちの興味の的となっている(かのように読める)世界」のこと。
もっと端的に言えば「もしも、日本の子供たちに一番人気のある遊びが百人一首だったら」と言うif物。

その設定そのものに躓(つまづ)いてしまって、作品に入り込めなかった。
いやいや、冒頭に書いたように作品としては良いの。
相性の問題みたいなモノ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
結局は恋愛がメインのよくあるタイプの少女マンガかなと思っていたら、
とんでもない! あまりにもいきいきと描かれる「競技かるた」
というものの世界にからだごと引っ張り込まれてしまったようで、
完全に自分も千早たちチームの一員になった気持ちで読み進めています。
友人にも勧めまくっていたら周囲でにわかに「競技かるた」熱が高まってしまい、
いま皆で必死に百人一首を暗記しているところです。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
作者の末次由紀さんに競技かるたを題材にすることを勧めたのは、編集者の坪田絵美さん。
坪田さんは福井出身で、高校のときにかるた部を立ち上げ、大学2年のときには
全国大会で準優勝を果たした腕前(A級)です。
講談社の入社試験の面接では、かるたマンガを作りたいと答えたとか。

こちら福井では、2009年のマンガ大賞を受賞したことで、地元の新聞やTVのローカル
ニュースに何度も取り上げられたり、知事が坪田さんに礼状を送ったりで、
坪田さんはちょっとした“おらが村の英雄”化しています(笑)

坪田さんの話によると、末次さんは、かるたマンガを描かないかと言われた1週間後には
単語帳を作って百首を暗記し始め、1ヶ月後には畳敷きの部屋を借りて
かるたを取る練習を始めたそうです。
また、近江神宮やかるた大会に通い、貪欲に取材を重ねていったとか。

その真摯さは作品にも表れていますが、マイナーで地味な印象の競技かるたを、
実にダイナミックに描き出しています。
私はそれまで競技かるたを、情緒もへったくれもない世界、何が面白いんだかという目で
見ていましたが、こんなにも奥が深く、肉体的、精神的にハードな頭脳スポーツだったとは。
...続きを読む ›
6 コメント 401人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー