¥ 1,080
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ) ハードカバー – 2008/3/6

5つ星のうち 4.5 161件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 249

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)
  • +
  • どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)
  • +
  • おなかの赤ちゃんとお話ししようよ
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

母であることのすべてがつまった絵本。親でいることの喜び、不安、苦しみ、寂しさ――
普遍の真実がシンプルな言葉で語りつくされる。米国中の母親を号泣させた話題のベストセラー。

「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、 その いっぽん いっぽんに キスを した」ではじまるこの絵本には、母であることのすべてがつまっています。
親でいることの喜び、不安、苦しみ、つらさ、寂しさ、子どもへの思い――
普遍の真実が、あたたかな絵とシンプルな言葉で語りつくされ、読む人たちの涙をさそいます。
だれもが一生の宝物にしたくなるような絵本です。
今年の春、アメリカで発売されるや、アメリカじゅうの母親を号泣させ、
NYタイムズやAMAZONの児童書分野で、ハリー・ポッターをおしのけて1位の座を獲得しました。

母親や、これから母になろうとしている女性、巣立とうとしている子どもたち……
それぞれがそれぞれの読みかたをできて、それぞれの感動を味わえます。

内容(「BOOK」データベースより)

母でいることの幸福、喜び、不安、痛み、そして子どもへの思い―母であることのすべてがつまった絵本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 40ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2008/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072559938
  • ISBN-13: 978-4072559932
  • 発売日: 2008/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 21.1 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 161件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,375位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 34Light 投稿日 2014/11/4
形式: ハードカバー Amazonで購入
娘が一歳になったのを機に自分用に買いました。
ページをめくる毎に思わず涙が溢れてきました。
あっという間に過ぎて行った1年ですが、私にとっては娘とのかげがえのない
貴重な時間であったと改めて実感。
そしてこれからまだまだ続く子育て、私の思い。
母親としてこの子に何をしてあげれるだろうと、この絵本を通じて考えさせられました。
あくまで自分用なので、子供に読み聞かせることはないと予想しています。
読んでと言われたら読みますが、今のところ無事に読み終える自信はありません笑
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
絵本の中に出てくる子供が女の子なので、私の子供は男の子なので、置き換えられなくて感動がいまいち。
自分を子供に置き換えて、この本のママを母親に置き換えれば感謝は出来ます!母親にこの本をプレゼントしなおそう!と思いました。でも、30すぎの娘が私の事こんな風に思ってたの?と言のも微妙ですが
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
書店で見つけて目頭が熱くなり最後まで読めませんでしたが即購入しました。
思春期の娘とはぶつかり合うこともしばしば・・・
日々のストレスが溜まってどうしようも無くなったときに読んで気持ちが軽くなりました。
女の子を持つママさん(パパさんにも)におすすめです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tsuruko 投稿日 2016/4/14
形式: ハードカバー
絵が可愛くてステキ。最後のページの写真の絵が特に心に沁みる。
当たり前のことをシンプルに書いているのだけれど、「いつか」という言葉が付いていることによって、5年、10年、20年、そして数十年の時の流れを認識させられる。娘の髪がぜんぶ真っ白になる頃、自分はたぶんもうこの世にいないことも。長くても100年くらいで一生を終わる生き物として、自分が見ることのない未来へ自分の子供たちの命が続いていくことをただ神に感謝するような謙虚で切ない温かい気持ちになる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
何度読み返しても、涙があふれてくる絵本です。
我が子が成長してゆくことに、寂しくもあり喜ばしくもあり、そんな複雑な感情が全て表現されています。
子供を持つ親なら誰でも共感できる、素晴らしい絵本でした。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
義理姉女の子出産プレゼント用に。しかし、特に話題にされず。自分で読んでみても、んー?ってかんじ。おばあちゃんが孫によんであげるとかなら、そのおばあちゃんが、楽しめそうだけど、出産祝いとかには向かない内容かな。あかちゃんへの愛情の話なんだろうけど、出産して嬉しい盛りのお母さんは赤ちゃんが大きくなったときの事なんて考えないわ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
新米の父親です。男の子へ読みきかせる絵本を探していて、評価が高かったので何も考えずに買ってしまった。内容はもちろん素晴らしかったのですが「男の子ができた妻に亭主が買ってくる」ような本ではまったくなかった。あくまで、女の子ができた娘に実母からプレゼントするための本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
期待して読んだからか、さらっと読んでハイ終わり!え、これだけ?!と思ってしまいました。私はまだ子育て始まったばかりなのでまだまだぐっと来ないのだろうなと思い、母に譲りました。母もその場でさらっと読み終えて「そうじゃな~、まぁそういうことじゃ」と納得していましたが特別感動することもなくあっさりしていました。期待して読むと(アレ?これだけ?)と思うかもしれません
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
言葉はとてもシンプルで感動的ではないけれど、なぜか心にズシーンと響きます。私には3歳になる娘と2ヶ月の息子がいます。息子が産まれるまでは娘ベッタリ。が、息子が産まれてからは娘を叱る回数が増えてしまって。。。
自分でもどうすることもできない自己嫌悪の日々でこの絵本と出会いました。
今は私の手を必死で握るこの小さな手が離れる日がきっと来る。そんな当たり前のことを痛感し涙が止まりませんでした。
この子の長い長い人生でこんなに一緒に過ごすのはそう長い時間じゃない。叱るより褒めてやろう、そしてなるべく笑顔で過ごさせてやろう、と心から思い、娘との時間を大切に感じさせてくれる素敵な絵本でした。
コメント 260人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
妊娠して口コミを見てすぐに読みました。
はじめはお腹の赤ちゃんに読み聞かせるためだったのですが
これは大人が楽しめる絵本です。
お腹に来てくれた赤ちゃんへの「ありがとう」に加え、
自分を産み育ててくれた母に感謝したくなって、
母にも貸して読んでもらいました。
こうやって母から子へ、気持ちが受け継がれるのかなって思います。
シンプルですぐに読み終えられるおすすめの本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー